研究者情報

教授   村里好俊  MURASATO yoshitoshi
1952/1/26生まれ
性別:男性
 

所属 文学部  英語英米文学科
最終学歴 九州大学大学院文学研究科博士課程中退(1978年3月)
学    位
文学修士 (九州大学)1976年3月
文学博士 (大阪大学)2010年3月
職    歴 和歌山大学教育学部 助手、専任講師、助教授(1978年〜1991年)
 【文部省若手在外研修員として、英国ケンブリッジ大学Faculty of EnglishのVisiting Scholar及びHughes HallのAssociate Member(1985年-86年)】
福岡教育大学教育学部・大学院教育学研究科 助教授、教授(1991年〜1998年)
 【文部省短期在外研修員として、英国ケンブリッジ大学Faculty of EnglishのVisiting Scholar(1994年)】
 【文部省内地研修員として、大阪大学文学部にて研究(1996年〜97年)】
福岡女子大学文学部・大学院文学研究科 助教授、教授(1998年〜2009年)
 【福岡県派遣在外研修員として、英国ヨーク大学Faculty of EnglishのVisiting Fellow(2005年)】
熊本県立大学文学部・大学院文学研究科 教授(2009年4月〜現在)
熊本県立大学大学院文学研究科長(2010年4月〜2014年3月)
専門分野
イギリスの文化と文学
授業科目
〈学部〉英文学史、英文学演習、英文学講読、英文学特殊研究<大学院博士前期課程〉イギリス文学特殊講義、イギリス文学特別演習〈大学院博士後期課程〉英米文学研究、特別研究
主な研究テーマ
 
16-17世紀イギリス・ルネサンス期の詩、詩劇、散文
学会での活動状況
  所属学会:日本英文学会、日本英文学会九州支部、日本スペンサー協会、17世紀英文学会、日本シェイクスピア協会、等
社会での活動状況
  日本英文学会九州支部機関誌『九州英文学研究』編集委員(平成4年度〜現在)
編集副委員長(平成21、22年度)、編集委員長(平成23、24年度)
日本英文学会理事(平成25, 26年度)
日本英文学会九州支部長(平成25, 26年度)
日本スペンサー協会理事(平成14年度〜現在)
日本シェイクスピア学会機関誌 Shakespeare Studies 査読委員(平成27-28年度)
日本スペンサー協会30周年記念英文論集編集委員(平成27-29年度)
文部科学省大学設置分科会 専門委員会(文学)委員(平成20、21年度)
同、主査代理(平成22年度)
地域貢献分野のジャンル
  【文化・文学・歴史】 【言語・語学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【外国文学】 【歴史】 【国際交流】 
本人からのメッセージ
  千数百年の歴史を誇るイギリス文学。古英語で書かれた叙事詩で最近アクション作品として映画化された『べーオウルフ』から、長崎生まれでイギリスに帰化した現代の小説家イシグロ・カズオまで、多士済々の詩人、劇作家、小説家、批評家などが勢揃いしたイギリス文学の豪華絢爛たる御馳走を味わってみませんか。
地域貢献についてのメッセージ
  幕末・維新から73歳で亡くなる大正期まで50年以上に亘って、長崎・横浜・東京で活躍した「スコットランドの侍」トマス・ブレイク・グラバー。新しい近代日本の礎を築いた立役者の一人として、グラバーの波乱に満ちた一生は、興味が尽きません。
E-mail murasato

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
単著 シドニー、『ニュー・アーケイディア 第二巻』、訳解 大阪教育図書 1997/2 XXVII + 417pp.
単著 シドニー、『ニュー・アーケイディア 第一巻』、訳解 大阪教育図書 1989/6 317pp.
共著 『シドニーの詩集・詩論・牧歌劇』    2018/5 518pp.
共著 『シドニーの詩集・詩論・牧歌劇』 大阪教育図書 2016/5 560頁
共著 「ペトラルカの誘惑、ペトラルカへの叛旗」 一七世紀英文学会編『一七世紀英文学を歴史的に読む』、金星堂 2015/5 1-25
共著 筒井・玉井編著、『フォースター文学の諸相』 英宝社、300pp. 2012/8 「フォースターで読むシドニーの『アーケイディア』, pp. 189-232
共著 村里好俊、大塚定徳、訳・注解、『新訳シェイクスピア詩集』 大阪教育図書 2011/2 294pp.
共著 村里・吉田・高瀬 編著、『映画で楽しむイギリスの歴史』 金星堂 2010/4 255pp.
共著 日本スペンサー協会編『詩人の詩人 スペンサー』 九州大学出版会 2006/6 [「スペンサーとシドニーのエレジー――〈悲嘆〉から〈慰謝〉へ」 269-95]450pp.
共著 村里好俊・大塚定徳 訳・注解『イギリス・ルネサンス恋愛詩集』 大阪教育図書 2006/5 358pp.
共著 17世紀英文学会編『17世紀英文学と戦争』 金星堂 2006/3 [「父権制社会における女性の戦い――レディ・メアリ・ロウス論」 29-52]227pp.
共著 村里好俊・吉田徹夫・八尋春海 編著『映画で楽しむイギリス文学』 金星堂 1999/5 224pp.
共著 押谷善一郎 編『ひろがりと深み――英語世界をゆく』 大阪教育図書 1998/12 [「『アーケイディア』の語りの構造」 221-237 ]484pp.
共著 樺山紘一、川本三郎、村上陽一郎他 編、『人物20世紀』 講談社 1998/11 [ジョイス、ウルフからイシグロまで10名の作家について解説]1,088pp.
共著 福田昇八・川西 進 編、『詩人の王 スペンサー』 九州大学出版会 1997/9 [「シドニーとスペンサー――『アーケイディア』と『妖精の女王』との距離」441-465] 540pp.
論文
単著 シドニー『アストロフィルとステラ』翻訳・訳注(1) 『文学部紀要』 2017/2   
単著 サー・フィリップ・シドニー作 『アーケイディア』牧歌集(抄) 和訳・注解・解説 熊本県立大学文学部紀要第21巻第74号 2015/2 pp. 87-107
単著 シドニーからシェイクスピアへ――イギリス・ルネサンス恋愛詩の系譜 熊本県立大学文学部紀要第70号 2011/3 pp. 43-72
単著 シドニーと同時代の詩人たち――サー・フィリップ・シドニー研究 博士論文(大阪大学) 2010/2 (A4) 290 + xxxiv pp.
単著 『五月祭の佳人』とエリザベス女王治下の政治と宗教 『九大英文学』、50. (九州大学大学院英文学研究会編) 2008/3 pp.121-142
単著 エリザベス朝文化の騎士道文学――『アーケイディア』における騎士たちと女性描写について 『文学における女性と暴力』(福岡女子大学文学研究会) 2006/3 pp.83-112
単著 シドニーとメアリ・ロウス 『英語青年』2005年11月号 2005/10 pp.32-36
単著 メアリ・ロウス『パンフィリアからアンフィランサスへ』第1歌、訳と評釈 『英語青年』2005年2月号 2005/1 pp.30-31
単著 メアリ・ロウス研究――シドニーと比較して 平成13年度-15年度基盤研究(C)研究報告書 2004/4 150pp.
単著 イギリス17世紀前半の文学に見られる女性表象――メアリ・ロウス『パンフィリアからアンフィランサスへ』」 『文学における女性表象』(福岡女子大学文学研究会) 2004/3 pp.65-88
単著 メアリ・ロウス作『パンフィリアからアンフィラントスへ』―― 翻訳・注解・解説 『文藝と思想』 ( 福岡女子大学文学部紀要)第 67 号 2003/2 pp.53-141
単著 シドニー作『五月祭の佳人』 ――翻訳・注解・解説 『文藝と思想』 ( 福岡女子大学文学部紀要)第 66 号 2002/2 pp.31-52
共著 サー・フィリップ・シドニー作『短詩選集』、和訳・注解・解説論文 熊本県立大学文学部紀要第20巻第73号 2014/2 大塚定徳と共著、pp. 1-71.
翻訳書
共訳 マイケル・ガーデナ、『トマス・グラバーの生涯―帝国の周縁にて』(杉浦裕子と共訳) 岩波書店 2012/6 320pp.
共訳 ショーン・マッケヴォイ『二歩進んだシェイクスピア講義』(太田、古屋と共訳) 大阪教育図書 2004/9 374pp.
共訳 A.C .ハミルトン『エリザベス朝宮廷文人 サー・フィリップ・シドニー』(大塚定徳と共訳) 大阪教育図書 1998/6 400pp.
共訳 『魔女と魔術の事典』(荒木正純他と共訳) 原書房 1996/10 519 + 29pp.
翻訳
単著 サー・フィリップ・シドニー作 『アーケイディア』牧歌集(抄) 和訳と注解 熊本県立大学文学研究科論集第7号 2014/9 pp.25-53
単著 サー・フィリップ・シドニー作『詩への弁護』(和訳と注解) 熊本県立大学文学部紀要 2013/2 pp. 45-94
単著 サー・フィリップ・シドニー作 『詩への弁護』(和訳と注解) 熊本県立大学文学部紀要第18巻第71号 2012/2 pp. 45-83
単著 シェイクスピア作 『ルークリースの凌辱』 訳と注解(その一) 熊本県立大学文学部紀要第16巻第69号 2010/3 pp. 1-51
単著 クリストファー・マーロウ『ヒアロウとリアンダー』訳と注解 Kasumigaoka Review No. 11 2005/2 pp.15-49
翻訳 フィリップ・シドニー『オールド・アーケイディア』詩集[完] 『文芸と思想』 (福岡女子大学文学部紀要)第69号 2005/2 pp.35-86
翻訳 フィリップ・シドニー『オールド・アーケイディア』詩集[抄] 『文藝と思想』 ( 福岡女子大学文学部紀要)第 68 号 2004/2 pp.41-108
翻訳 フィリップ・シドニー『オールド・アーケイディア』訳・注(その4) 『文藝と思想』 ( 福岡女子大学紀要)第64号(共訳 ) 2000/2 pp.77-117
その他
単著 シェイクスピアへの散歩道? "Nothing"の効用ーーオスカー・ワイルド『理想の夫』一考察 『文綾』 2017/3   
単著 シェイクスピアへの散歩道? 「芝居は人を変えるもの――『恋に落ちたシェイクスピア』覚書?」 文彩第11号(熊本県立大学文学部) 2015/3 pp. 10-23
単著 ペトラルカの誘惑・ペトラルカへの叛旗――イギリス・ルネサンス恋愛詩の変容 『一七世紀英文学会会報』 2014/7 pp. 8-9
単著 シドニーとメアリ・ロウスへの一視角――〈中心〉から〈周縁〉へ 文彩、第10号 2014/3 pp. 1-10.
単著 【書評】 田中晋『詩人 スペンサーのこころ』(開文社出版 2013年) 「図書新聞」3145号 2014/2 p. 4.
単著 シェイクスピアへの散歩道 「プレイズンへの視線―『恋に落ちたシェイクスピア』覚書」 『文彩』、熊本県立大学文学部、第9号 2013/3 pp. 16-28
単著 グラバーと蝶々夫人伝説 『文彩』 第8号 2012/3 pp. 36-46
単著 "A Promenade to Shakespeare: Beginning from Sir Philip Sidney" and Others 第4回祥明大學校・熊本県立大学学術フォーラム「韓国と日本、そして、これから」成果報告集 2012/2 pp. 33-51
単著 シドニーにおける韻文と散文 日本英文学会第83回大会"Proceedings" 2011/9 pp. 84-86
単著 スコットランド商人 トマス・ブレイク・グラバー覚書 『文彩』 第7号 2011/3 pp. 11-31
単著 ハムレットの第四独白「第一行目」の解釈を巡って――シェイクスピアへの散歩道 熊本県立大学文学部『文彩』第6号 2010/3 pp. 1-6
単著 【書評】 和田勇一、吉田正憲、福田昇八他訳、『スペンサー詩集』(九州大学出版会、2007年) 『英文学研究』vol. 58 2008/12 pp.133-38
単著 【短評】  苦手な作家――ジェイムズ・ジョイス 『英語青年』 6月号 2006/5 p.18
単著 【書評】 岩崎宗治訳『サミュエル・ダニエル詩集―ソネット集ディーリア/ロザモンドの嘆き』 『英語青年』4月号 2003/4 p. 53