研究者情報

講師   小森田 智大  KOMORITA Tomohiro

性別:男性

所属 環境共生学部  環境資源学科
最終学歴 北海道大学大学院環境科学院博士後期課程修了(2009年3月)
学    位
博士(環境科学) (北海道大学)2009年3月
職    歴 熊本県立大学環境共生学部 講師 (2015年4月 - 現在に至る)
熊本県立大学環境共生学部 助教 (2010年4月 - 2015年3月)
愛媛大学沿岸環境科学研究センター 特定研究員 (2009年4月 - 2010年3月)
北海道大学グローバルCOEリサーチアシスタント (2008年11月–2009年3月)
専門分野
沿岸海洋学Coastal Oceanography
海洋生態学Marine ecology
授業科目
生物学I、生物実験、沿岸環境アセスメント実習、応用情報処理実習、水産環境アセスメント実習、沿岸環境保全論
主な研究テーマ
 
砂質干潟の生態系機能の解明
二枚貝(アサリ、はまぐり、ホトトギスガイ)の個体群動態と生息環境との相互作用
沿岸域における親生物元素(炭素、窒素、リン、ケイ素)の動態解析
諫早湾における環境と底生動物の関係
学会での活動状況
  日本ベントス学会、日本海洋学会、沿岸環境研究会
受    賞 2015年 日本ベントス学会奨励賞
2009年 国立大学法人北海道大学大学院環境科学院 北海道大学グローバルCOE「統合フィールド環境科学の教育研究拠点形成」RAプログラム優秀研究賞
地域貢献分野のジャンル
  【環境科学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【海洋環境】 【水環境】 
地域貢献についてのメッセージ
  末永く人間が沿岸の海とつきあっていくにはどうすれば良いのか?ということを念頭に置いて、熊本県の緑川河口域や諫早湾などを中心に研究を進めています。
E-mail komorita

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
論文
単著 沿岸域における二枚貝二次生産量の現状と経験式の構築 沿岸海洋研究 2018/2 55: 87-89
単著 Bioaccumulation Patterns of Perfluoroalkyl Acids in an Estuary of the Ariake Sea, Japan Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology 2018/2 100: 536-540
共著 Accumulation of organic matter within a muddy carpet created by the Asian date mussel, Arcuatula senhousia, on the Midori River tidal flats, Japan Plankton and Benthos Research 2018/1 13: 1-9
共著 熊本地震に起因して流出した土砂による白川河口干潟への影響 水工学論文集 2017/12   
共著 諫早湾における春季の底生動物の分布と物理化学的環境要因の対応関係 日本ベントス学会誌 2017 71:1-9
共著 Widespread dispersal and bio-accumulation of toxic microcystins in benthic marine ecosystems Chemosphere 2017 167: 492-500
共著 緑川河口干潟におけるホトトギスガイの二次生産量の特徴 日本ベントス学会誌 2016 71: 17-24
共著 Temporal variation in water intrusion of a tidal frontal system and distribution of chlorophyll in the Seto Inland Sea, Japan Continental Shelf Research 2016 112: 68-77
共著 Short-term dynamics of cyanobacterial toxins (microcystins) following a discharge from a coastal reservoir in Isahaya Bay, Japan Marine Pollution Bulletine 2015 92: 73-79
共著 Trophic magnification of polychlorinated biphenyls and polybrominated diphenyl ethers in an estuarine food web of the Ariake Sea, Japan. Chemosphere 2015 118: 201-206
共著 Contribution of the development of the stratification of water to the expansion of dead zone: A sedimentological approach Estuarine, Coastal and Shelf Science 2015 164: 204-213
共著 Historical occurrence of the short-neck clam, Ruditapes philippinarum (Adams & Reeve, 1850), on the sandy flats of Ariake Bay, Kyushu, western Japan Plankton and Bemthos Research 2015 10: 202-214
共著 Implications of changes in the benthic environment and decline of macro-benthic communities in the inner part of Ariake Bay in relation to seasonal hypoxia Plankton and Bemthos Research 2015 10: 187-201
共著 諫早湾調整池からの高濁度排水が諫早湾内の短期的なアンモニア態窒素の挙動に与える影響 水環境学会誌 2015 8, 75-80
共著 Food Sources for Ruditapes philippinarum in a Coastal Lagoon Determined by Mass Balance and Stable Isotope Approaches PLOS ONE 2014/1 9 (1), e86732
共著 諫早湾調整池から排水された高濁度水の湾内における短期的な挙動の解明 海の研究 2014/1 23 1-12
共著 砂質干潟におけるホトトギスガイの泥状マット形成と基質撹拌によるマット破壊が底生生物群集の季節変動に及ぼす影響. 日本ベントス学会誌 2014 67, 47-55
共著 Oceanic nutrient supply and uptake by microphytobenthos of the Hichirippu Lagoon, Hokkaido, Japan Marine Ecology Progress Series 2012/2 446: 141-171
共著 Possibility of direct utilization of seagrass and algae as main food resources by small gastropod, Lacuna decorata, in a subarctic lagoon, Hichirippu, eastern Hokkaido, Japan with stable isotope evidences of carbon and nitrogen Plankton and Benthos Research 2010/10 90-97
共著 Reevaluation of the nutrient mineralization process by infaunal bivalves (Ruditapes philippinarum) in a shallow lagoon in Hokkaido, Japan Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 2010/1 383(1) 8-16
共著 Impact of low temperature during the winter on the mortality in the post-settlement period of the juvenile of short-neck clam, Ruditapes philippinarum, on the tidal flats in Hichirippu Lagoon, Hokkaido, Japan Plankton and Benthos Research 2009/1 4(1) 31-37
共著 有明海奥部における夏季の貧酸素水発生域の拡大とそのメカニズム 海の研究 2007/10 16(3)183-202