研究者情報

准教授   一宮 睦雄  ICHINOMIYA Mutsuo
1975/8/31生まれ
性別:男性
 

所属 環境共生学部  環境資源学科
最終学歴 東北大学大学院農学研究科博士後期課程修了(2004年3月)
学    位
博士(農学) (東北大学)2004年3月
職    歴 熊本県立大学環境共生学部 准教授 (2014年3月 - 現在)
熊本県立大学環境共生学部 講師 (2011年4月 - 2014年3月)
水産総合研究センター 中央水産研究所 任期付研究員 (2011年2月 - 2011年3月)
水産総合研究センター 東北区水産研究所 研究支援職員 (2008年4月 - 2011年1月)
株式会社 水圏科学コンサルタント 研究員 (2007年4月 - 2008年3月)
東北大学大学院農学研究科 研究生(2004年4月 - 2007年3月)
専門分野
生物海洋学Biological Oceanography
プランクトン生態学Plankton ecology
授業科目
【学部】海の生物資源,水産環境学,プランクトン学,生物学実験,水産環境アセスメント実習,フィールドワーク,プレゼミナール,環境共生総合演習,卒業論文【大学院】環境資源活用学特論,沿岸海洋資源学,特別研究
主な研究テーマ
 
海洋植物プランクトンの生活史戦略
プランクトン間の捕食‐被食関係
学会での活動状況
  日本海洋学会、日本プランクトン学会
受    賞 Presentation Award, The 30th International Polar Biology Symposium
平成22年度岩手県三陸海域研究論文特別賞
Luigi Provasoli Award
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【海洋環境】 【水環境】 
E-mail ichinomiya

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
単著 沿岸、内湾域における浮遊性珪藻類休眠期細胞の個体群動態に果たす役割. 成山堂書店 2008/3 35-45
論文
単著 Seasonal variation in the abundance and species composition of the Parmales community in the Oyashio region, western North Pacific Aquatic Microbial Ecology 2015 75: 207-223
単著 Horizontal distribution of microprotist community structure in the western Arctic Ocean during late summer and early fall of 2010 Polar Biology 2014 37: 1185-1195
共著 Effects of Silicon-Limitation on Growth and Morphology of Triparma laevis NIES-2565 (Parmales, Heterokontophyta) PLOS one 2014/7 e103289
共著 Growth characteristics and vertical distribution of Triparma laevis (Parmales) during summer in the Oyashio region, western North Pacific Aquatic Microbial Ecology 2013/2 47: 107–116
共著 底質硬度とアサリ資源量の関係に基づいた海底耕耘技術の開発 不知火海・球磨川流域圏学会雑誌 2013 印刷中
共著 Isolation and characterization of Parmales (Heterokonta/Heterokontophyta/Stramenopiles) from the Oyashio region, western North Pacific. Journal of Phycology 2011/2 47: 144-151
共著 Temporal patterns in silica deposition among siliceous plankton during the spring bloom in the Oyashio region. Deep Sea Research II 2010/7 57(17-18): 1665-1670
共著 Feeding impacts of ontogenetically migrating copepods on the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region. Deep Sea Research II 2010/7 57(17-18): 1703-1714
共著 Response of heterotrophic bacteria to the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region. Deep Sea Research II 2010/7 57(17-18): 1671-1678
共著 Role of heterotrophic dinoflagellates in the fate of diatoms released from fast ice in coastal water of Lützow-Holm Bay, East Antarctica. Marine Ecology Progress Series 2009/5 383: 27-36
共著 Population dynamics of an ice-associated diatom, Thalassiosira australis Peragallo, under fast ice near Syowa Station, East Antarctica, during austral summer. Polar Biology 2008/8 31(8): 1051-1058
共著 Resting cells of microorganisms in the 20–100 µm fraction of marine sediments in an Antarctic coastal area. Polar Science 2008/6 2(2): 27-32
共著 Temporal variations in the abundance and sinking flux of diatoms under fast ice in summer near Syowa Station, East Antarctica. Polar Science 2008/6 2(2): 33-40
共著 Structure of the summer under fast ice microbial community near Syowa Station, eastern Antarctica. Polar Biology 2007/9 30(10): 1285–1293
共著 Seasonal changes in photosynthesis and nutrient uptake in Laminaria japonica (Laminariaceae; Phaeophyta). Aquaculture Science 2007/8 55(4): 587-597
共著 A practical method for enumerating cysts of ciliates in natural marine sediments. Aquatic Microbial Ecology 2004/12 37(3): 305-310
共著 Seasonal variation in abundance and species composition of a planktonic diatom assemblage including viable cells on the bottom in Matsushima Bay, northeastern Japan. Journal of Ocean University of Qingdao 2003/8 2(2): 160-166
共著 Diversity and oceanic distribution of the Parmales (Bolidophyceae), a picoplanktonic group closely related to diatoms. ISME journal