研究者情報

准教授   小林 淳  KOBAYASHI Jun
1977年7月生まれ
性別:男性
 

所属 環境共生学部  環境資源学科
最終学歴 新潟大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了(2005年3月)
学    位
博士(工学) (新潟大学)2005年3月
職    歴 熊本県立大学環境共生学部 准教授(2015年4月〜)
熊本県立大学環境共生学部 助教(2011年4月〜2015年3月)
国立環境研究所 NIESポスドクフェロー(2005年4月〜2011年3月)
専門分野
環境化学Environmental Chemistry
授業科目
【学部】基礎化学、環境と生きる、環境分析化学、化学実験、環境分析化学実験I、環境共生総合演習、フィールドワーク、プレゼミナール、卒業研究【大学院】環境物質動態学、大気・水系環境科学特論、特別研究
主な研究テーマ
 
微量有害物質の環境動態に関する研究
微量有害物質の食物連鎖に関する研究
微量有害物質の水処理に関する研究
学会での活動状況
  日本環境化学会、日本水環境学会、土木学会、米国化学会(ACS)
社会での活動状況
  熊本県環境影響評価審査会委員(2014年9月〜)
熊本県環境審議会委員(2015年2月〜)
熊本県環境審議会水保全部会委員(2015年2月〜)
熊本県環境審議会環境賞表彰委員会委員(2015年2月〜)
熊本県環境審議会環境基本計画検討委員会委員(2015年2月〜)
熊本県科学研究物展示会審査委員長(中学校・高等学校の部)(2016年10月~)
環境省化学物質審査検討会委員(2017年4月~)
人吉市環境審議会会長(2017年9月~)
地域貢献分野のジャンル
  【環境科学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【水環境】 
E-mail jkobayashi
URL http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~kklab/index.html

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
共著 Time trends of concentrations and sources of polychlorinated biphenyls in lagoon sediment, Niigata, Japan Southeast Asian Water Environment 5 2013/12 53-60
共著 Transfer of sediment-associated persistent organic pollutants to benthic fish in laboratory tanks Persistent organic pollutants (POPs) research in Asia 2008/10 96–101
論文
共著 メダカの鰓組織への銅蓄積に対する共存亜鉛の影響 環境と安全 9(1) 2018/3 7-13
共著 Bioaccumulation pattern of perfluorinated alkylated acids in an estuary of the Ariake Sea, Japan Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology 100 (4) 2018/3 536-540
共著 Respiratory Uptake and Depuration Kinetics of Perfluorooctanesulfonate (PFOS) in a Marine Sandworm Species Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology 99(2) 2017/8 203–207
共著 白川流域における河川水および湧水の窒素濃度の経月変化と収支 環境と安全 8(1) 2017/4 41-47
共著 Hg removal and the effects of coexisting metals in forward osmosis and membrane distillation Water Science and Technology 75 (11) 2017/1 2622-2630
共著 Removal of trace-amount mercury from wastewater by forward osmosis Journal of Water Process Engineering, 14 2016/12 108–116
共著 Transcriptional response of mysid crustacean, Americamysis bahia, is affected by subchronic exposure to nonylphenol Ecotoxicology and Environmental Safety 133 2016/7 360-365
共著 Temporal trends for inflow of perfluorooctanesulfonate (PFOS) and perfluorooctanoate (PFOA) to Tokyo Bay, Japan, estimated by a receptor-oriented approach Science of The Total Environment, 539(1) 2016/1 277-285
共著 Are red gourami (Colisa labiosa) low xenobiotic metabolizers? Elucidation of in vivo pharmacokinetics of pyrene as a model substrate Environmental Toxicology and Pharmacology 2015/4 1148-1153
共著 Trophic magnification of polychlorinated biphenyls and polybrominated diphenyl ethers in an estuarine food web of the Ariake Sea, Japan Chemosphere 2015/1 201-206
共著 Respiratory uptake kinetics of neutral hydrophobic organic chemicals in a marine benthic fish Pseudopleuronectes yokohamae Chemosphere 2013/10 1479-1486
共著 Transfer kinetics of perfluorooctane sulfonate (PFOS) from water and sediment to a marine benthic fish, the marbled flounder (Pseudopleuronectes yokohamae) Environmental Toxicology and Chemistry 2013/8 2009-2017
共著 4-ノニルフェノール異性体のヒメダカ(Oryzias latipes)仔魚に対する急性毒性評価 環境と安全, 4(1) 2013/4 9-14
共著 高温可溶化技術を利用したメタン発酵システムの開発 環境と安全, 3(1) 2012/3 13-20
共著 パルス放電によるトリクロサンの分解過程に関する評価 環境と安全, 3(1) 2012/3 27-31
共著 Dietary uptake kinetics of polychlorinated biphenyls from sediment-contaminated sandworm in a marine benthic fish Chemosphere 2011/1 745–750
共著 Spatial, phase, and temporal distribution of perfluorooctane sulfonate (PFOS) and perfluorooctanoate (PFOA) in Tokyo Bay, Japan Environmental Science and Technology 2010/6 4110–4115
共著 Spatial distribution and partitioning of polychlorinated biphenyls in Tokyo Bay, Japan Journal of Environmental Monitoring 2010/4 838–845
共著 Transfer of polychlorinated biphenyls from marine sediment to a benthic fish (Pleuronectes yokohamae) Journal of Environmental Monitoring 2010/3 647–653
共著 Non-food-chain transfer of sediment-associated persistent organic pollutants to a marine benthic fish Marine Pollution Bulletin 2009/7 1072–1077
共著 Particle-size-fractioned transfer of dioxins from sediments to water columns by resuspension process Environmental Pollution 2009/7 2159–2165
共著 Mass balance and long-term fate of PCDD/Fs in a lagoon sediment and paddy soil, Niigata, Japan Environmental Pollution 2008/12 760–768
共著 Temporal trends and sources of PCDD/DFs, pentachlorophenol and chlornitrofen in paddy field soil along Yoneshiro River basin, Japan Environmental Pollution 2008/12 1233–1242
共著 水田土壌における残留性有機汚染物質(POPs)の長期的消長 −秋田県米代川流域を例として− 環境化学 2008/3 81–93
共著 水田地域におけるダイオキシン類と除草剤の挙動と収支 環境化学 2004/3 109–120
その他
単著 見学会報告 水環境学会誌第40 巻(A)第6 号 2017/6 204-205