研究者情報

教授   下田 誠也  SHIMODA Seiya

性別:男性

所属 環境共生学部  食健康科学科
最終学歴 熊本大学大学院医学研究科博士課程修了(1998年3月)
学    位
医学博士 (熊本大学)1998年3月
職    歴 熊本大学医学部附属病院(代謝内科)研修医(1992年6月〜1993年3月)
国立熊本病院(内科・循環器科)研修医(1993年4月〜1994年3月)
熊本大学医学部附属病院(代謝内科)医員(1998年4月〜2005年3月)
熊本大学大学院医学薬学研究部代謝内科学 助手(2006年4月〜2007年3月)
熊本大学大学院医学薬学研究部代謝内科学 助教(2007年4月〜2009年12月)
熊本大学大学院生命科学研究部代謝内科学 助教(2010年1月〜2012年1月)
熊本大学大学院生命科学研究部代謝内科学 講師(2012年2月〜2015年12月)
熊本大学大学院生命科学研究部糖尿病分子病態解析学 特任准教授(2016年1月〜2016年3月)
熊本県立大学環境共生学部食健康環境学科臨床病態代謝学 教授(2016年4月〜)
熊本県立大学保健センター センター長 兼務(2018年4月〜)
専門分野
内科学Internal Medicine
糖尿病学Diabetology
臨床医学Clinical Medicine
授業科目
解剖生理学、生物学実験、生体防御学、臨床医学概論、解剖生理学実験、疾病論、生活習慣病予防学、フィールドワーク、プレゼミナール、環境共生総合演習、卒業論文、〈大学院〉栄養健康学特論、臨床機能栄養学、環境共生学特論、環境共生学演習III・IV・V、食健康系環境共生特別演習、特別研究
主な研究テーマ
 
生活習慣と耐糖能障害の関連性
生活習慣病における食事療法と薬物療法の関連性
各種栄養剤・栄養製剤の臨床的有用性の検討
糖尿病治療制御システムとしての人工膵島の開発とその臨床応用
学会での活動状況
  所属学会:日本内科学会、日本糖尿病学会、日本人工臓器学会、日本内分泌学会、アジア糖尿病学会、日本生体医工学学会、日本循環器学会、日本病態栄養学会、日本甲状腺学会
日本糖尿病学会(学術評議員:2003年〜、支部専門医認定委員:2012年〜2018年、専門医認定委員:2018年〜、年次学術集会査読委員:2012年〜、科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2016執筆協力者:2014年〜2016年、医療スタッフ優秀演題賞選考委員:2017年〜)
日本人工臓器学会(学会評議員:2003年〜2009年)
日本内分泌学会(学術総会一般演題選定委員:2017年〜)
受    賞 平成8年度日本人工臓器学会論文賞(1996年10月)
平成8年度日本エム・イー学会秋季大会若手研究論文最優秀賞(1996年10月)
平成16年度日本人工臓器学会論文賞(2004年10月)
第18回日本病態栄養学会年次学術集会会長賞(2015年1月)
社会での活動状況
  日本内科学会認定医(1998年4月〜)
熊本市政策懇談会医療担当委員(1998年4月〜2000年12月)
日本糖尿病学会専門医(1999年4月〜)
熊本大学医学部附属病院代謝・内分泌内科外来医長(2006年4月〜2010年3月)
日本糖尿病協会熊本県支部熊大分会顧問(2007年4月〜2010年3月)
熊本県世界糖尿病デー実行委員会事務局長(2007年12月〜2016年3月)
熊本県立大学非常勤講師(2008年6月〜2009年12月)
熊本大学医学部附属病院糖尿病・代謝・内分泌内科病棟医長(2010年4月〜2016年3月)
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医(2014年4月〜)
特定非営利活動法人ブルーサークル2050理事(2016年4月〜)
日本糖尿病協会熊本県支部理事(2016年4月〜2018年3月)
熊本大学非常勤講師(2016年4月〜)
熊本大学医学部附属病院糖尿病・代謝・内分泌内科非常勤診療医師(2016年4月〜)
熊本赤十字病院群卒後臨床研修管理委員会(2016年4月〜)
2020東京パラリンピック選手育成・強化推進事業KPASマルチサポート委員会委員(2016年4月〜)
熊本地域糖尿病療養指導士認定委員会広報委員(2016年4月〜2018年3月)
熊本地域糖尿病療養指導士認定委員会試験委員長(2018年4月〜)
日本糖尿病学会食品交換表編集委員(2017年4月〜)
熊本大学医学部医学科臨床教授(2017年4月〜)
日本内分泌学会内分泌代謝科指導医(2017年4月〜)
水俣市健康増進計画及び食育推進計画の策定におけるアドバイザー(2017年7月〜)
本人からのメッセージ
  ”今”の医療現場で直面する問題点を基に、これらの問題点の解決を図ることを目的とした研究を行うことによって、より実践的で効果的な食事療法など生活習慣のあり方を確立し、得られた研究成果を病気に苦しむ多くの患者さん達にフィードバックしたいと思います。
E-mail sshimoda

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
共著 人工膵島 内科学第11版 2017/3 pp.1755-1756
共著 どういう組み合わせがあるの?併用効果が高い組み合わせは? いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67 2016/12 pp.142-146
共著 SU薬との併用には注意が必要? いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67 2016/12 pp.147-150
共著 糖尿病治療の目標と指針 糖尿病診療ガイドライン2016 2016/5 pp23-35
共著 糖尿病治療概論 糖尿病治療における適正な血糖管理目標(熊本宣言2013) 新時代の臨床糖尿病学(上) 2016/2 pp.421-426
共著 糖尿病/糖尿病性ケトアシドーシス/高血糖高浸透圧性昏睡 救急・集中治療 ER・ICUでの薬の使い方・考え方 2015/12 pp.e268-e276
共著 人工膵島 内科学第10版 2013/5 pp.1777-1779
共著 人工膵島による血糖管理 人工臓器2012 第28回教育セミナー 2012/7 pp.75-84
共著 DPP-4阻害薬とGLP-1受容体作動薬をどのように使い分けるか 月刊糖尿病別冊インクレチン療法 2012/5 pp107-116
共著 人工膵島 糖尿病ナビゲーター第2版 2010/9 pp.390-391
共著 人工膵島 新しい糖尿病の治療 2010/6 pp.147-149
共著 インスリン製剤の臨床薬理とその適応 B.混合型(アナログ製剤含む) 糖尿病関連注射薬の新展開 インスリン・GLP-1・グルカゴン 2007/11 pp.32-35
共著 人工膵島による糖尿病の病態評価 分子糖尿病学の進歩2006 2006/3 pp.100-107
共著 人工膵島 人工臓器・再生医療の最先端 2005/11 pp.215-219
共著 人工膵島 KEY WORD糖尿病 2004/10 pp.154-155
共著 人工膵島-携帯型から埋込み型へ- 糖尿病学の進歩2003 2003/9 pp.210-213
共著 実践糖尿病診療入門 実践糖尿病診療入門 2003/3   
共著 人工膵臓と膵移植 エクセルナース 2002/7 pp.218-225
共著 人工膵島 糖尿病ナビゲーター 2002/3 pp.296-297
共著 Non-invasive blood glucose measurement by Fourier transform infrared spectroscopic analysis through the mucous membrane of the lip using chalcogenide optical fiber system In Diabetes millitus: Recent advances for the 21st century 2000 pp.425-428
共著 人工膵 糖尿病学の進歩1997 1997/8 pp229-234
共著 Long-term clinical application of a wearable artificial endocrine pancreas with a stable and reliable glucose monitoring system In New aspects of Pathogenesis and Treatment 1997 pp.44-48
論文
単著 The eperisone for diabetes with impaired tRNA (EDIT) study group: Study design of a phase II clinical trial to assess the efficacy and safety of eperisone in Japanese type 2 diabetes patients with risk and non-risk alleles of CDKAL1. Acta Medica Okayama 72 2018/8 423-426
単著 Effect of sleep curtailment on dietary behavior and physical activity: A randomized crossover trial. Physiol Behav. 184 2018/2 60-67
単著 Impaired balance is related to the progression of diabetic complications even in young adults. J Diabetes complications. 2017/7 1275-1282
共著 A 1-year, prospective, observational study of Japanese outpatients with type1 and type 2 diabetes switching from insulin glargine or detemir to insulin degludec in basal-bolus insulin therapy (Kumamoto Insulin Degludec Observational study) J Diabetes Investing 7 2016/9 703-710
共著 Coexistence of resistance to thyroid hormone (RTHβ) and papillary thyroid carcinoma Endocrinol Diabetes Metab Case Rep 2016/3 doi: 10.1530/EDM-16-0003, 2016/3
共著 Measurement of small fibre pain threshold values for the early detection of diabetic polyneuropathy Diabet Med 33 2016/1 62-69
共著 糖尿病ケトアシドーシスの存在にも拘らずアルカレミアを呈したステロイド糖尿病の1例 糖尿病58 2015/11 761-766
共著 Insulin requirement profiles in Japanese hospitalized subjects with type 2 diabetes treated with basal-bolus insulin therapy Endocr J 62 2015/2 209-216
共著 SGLT2阻害薬導入後に高度の高カリウム血症を来した2型糖尿病の1例 糖尿病57 2014/11 837-842
共著 Comparison of the efficacy of sitagliptin and glimepiride dose-up in Japanese patients with type 2 diabetes poorly controlled by sitagliptin and glimepiride in combination J Diabetes Investig 5 2014/5 320-326
共著 Association between circulating leukocyte subtype counts and carotid intima-media thickness in Japanese subjects with type 2 diabetes Cardiovasc Diabetol 12 2013/12 doi: 10.1186/1475-2840-12-177
共著 Efficacy and safety of sitagliptin as add-on therapy on glycemic control and blood glucose fluctuation in Japanese type 2 diabetes subjects ongoing with multiple daily insulin injections therapy Endocr J 60 2013/10 1207-1214
共著 Regulation of TNFα converting enzyme activity in visceral adipose tissue of obese mice Biochem Biophys Res Commun 430 2013/1 1189-1194
共著 Evaluation of a new device for measurement of hemoglobin A1c in Japanese subjects Diabetol Int 4 2013/1 112-116
共著 Effects of olmesartan, an angiotensin II receptor blocker, on peripheral insulin sensitivity in Japanese subjects with type 2 diabetes and hypertension Intern Med 51 2012/8 2091-2096
共著 Anti-Atherosclerotic Potential of Dihydropyridine Calcium Channel Blockers J Atheroscler Thromb 19 2012/8 693-704
共著 The impact of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II on insulin gene expression in MIN6 cells Biochem. Biophys. Res. Commun 421 2012/5 801-807
共著 Ezetimibe improves glucose metabolism by ameliorating hepatic function in Japanese subjects with type 2 diabetes J Diabetes Investig 3 2012/4 179-184
共著 Thiazolidinedione-independent activation of peroxisome proliferator-activated receptor is a potential target for diabetic macrovascular complications J Diabetes Investig. 3 2012/2 11-23
共著 A case of cortisol producing adrenal adenoma associated with a latent aldosteronoma - Usefulness of the ACTH loading test for detection of covert aldosteronism in overt Cushing syndrome - Intern Med 51 2012/2 395-400
共著 The role of class I histone deacetylase (HDAC) on gluconeogenesis in liver Biochem. Biophys. Res. Commun 404 2011/1 166-172
共著 Predictors of Coronary Heart Disease in Japanese Patients with Type 2 Diabetes. -Screening for Coronary Artery Stenosis by Multidetector Computed Tomography- J Diabetes Investig 1 2010/2 50-55
共著 What is artificial endocrine pancreas? Mechanism and history World J Gastroenterol 15 2009/9 4105-4110
共著 2型糖尿病患者における虚血性心疾患の有病率の検討~64スライスMDCTによるスクリーニングの有用性~ プラクティス 26 2009/4 424-428
共著 高インスリン血症を示さずプロインスリン高値を示したインスリンノーマの2例 ホルモンと臨床 56 2008/3 152-157
共著 1週間および2週間糖尿病教育入院クリティカルパスの比較-2型糖尿病患者における退院後3年間のHbA1cおよび合併症の推移 糖尿病51 2008/2 101-107
共著 Development of a highly responsive needle-type glucose sensor using polyimide for a wearable artificial endocrine pancreas J Artif Organs 9 2006/7 105-113
共著 A case of slowly progressive type 1 Diabetes with unstable glycemic control caused by unusual insulin antibody and successfully treated with steroid therapy Diabetes Res Clin Pract 72 2006/1 238-243
共著 FDG-PET高集積を呈した悪性巨大インスリノーマの一例 Diabetes Journal 34 2006/1 20-24
共著 ミトタンによりACTH産生が抑制された巨大下垂体腺腫による特異なクッシング病の一例 ホルモンと臨床増刊号「内分泌興味ある症例」 52 2004/8 28-38
共著 Comparison between closed-loop portal and peripheral venous insulin delivery systems for an artificial endocrine pancreas J Artif Organs 7 2004/7 91-100
共著 Strict glycemic control in diabetic dogs with closed-loop intraperitoneal insulin infusion algorithm designed for an artificial endocrine pancreas J Artif Organs 6 2003/3 55-63
共著 非機能性と診断し手術した巨大下垂体腺腫の残存腫瘍が後にACTH産生能を発現し,クッシング病を発症した1例 ホルモンと臨床増刊号「内分泌興味ある症例」 48 2000/7 27-33
共著 Biocompatibility of MPC: in vivo evaluation for clinaical application J Artif Organs 3 2000/3 39-46
共著 Noninvasive blood glucose measurement by Fourier transform infrared spectroscopic analysis through mucous membrane of lip -Application of chalcogenide optical fiber system- Front Med Bio Eng 9 1999/4 137-153
共著 携帯型人工膵島長期臨床応用の試み−血糖計測システムの生体適合性の検討− 人工臓器 28 1999/1 156-160
共著 Closed-loop subcutaneous insulin infusion algorithm with short-acting insulin analogue for long-term clinical application of wearable artificial endocrine pancreas Front Med Bio Eng 8 1998/7 197-211
共著 Enhanced, simplified glucose sensors -Long-term clinical application of wearable artificial endocrine pancreas- Artif Organs 22 1998/1 32-42
共著 カルコゲナイド光ファイバーを導入した赤外分光光度計(FT-IR)による非侵襲的血糖計測法の開発 人工臓器 27 1998/1 238-243
共著 超速効型インスリンアナログを用いたclosed-loopインスリン皮下注入アルゴリズムを適用した携帯型人工膵島の長期臨床応用 人工臓器 27 1998/1 233-237
共著 携帯型人工膵島の長期臨床応用の試み−超速効型インスリンアナログを用いたclosed-loopインスリン皮下注入アルゴリズムの開発− 人工臓器 26 1997/3 739-743
共著 Molecular scanning of the insulin receptor substrate-1 (IRS-1) gene in Japanese patients with NIDDM: identification of five novel polymorphisms Diabetologia 39 1996/5 600-608
共著 超速効型インスリンアナログを用いたclosed-loopインスリン皮下注入アルゴリズムの開発 人工臓器 25 1996/1 134-138
共著 MPC膜被覆フェロセン付加微小針型ブドウ糖センサを組み込んだ携帯型人工膵島による長期臨床応用 人工臓器 25 1996/1 144-148
共著 MPC膜被覆ホローファイバーを用いたマイクロダイアリシス・サンプリング法による血糖モニターシステムの開発 人工臓器 25 1996/1 139-143
共著 Wearable-type artificial endocrine pancreas and optimal blood glucose regulation in diabetic patients Diabetes Reviews International 4 1995/10 10-14
共著 MPC膜被覆フェロセン付加微小針型ブドウ糖センサを組み込んだ携帯型人工膵島による長期臨床応用 人工臓器 24 1995/4 754-759
共著 MPC膜被覆ホローファイバーを用いたマイクロダイアリシス・サンプリング法による血糖モニターシステムの開発 人工臓器 24 1995/3 748-753