研究者情報

教授   村尾 治彦  MURAO Haruhiko

性別:男性
 

所属 文学部  英語英米文学科
最終学歴 九州大学大学院人文科学府博士後期課程修了(2006年3月)
学    位
修士(文学) 九州大学1993年3月
博士(文学) 九州大学2006年3月
職    歴 九州大学文学部助手(1994年4月〜1997年3月)
熊本県立大学講師(1997年4月〜2002年3月)
カリフォルニア大学サンディエゴ校言語学科客員研究員(2000年9月〜2001年8月)
熊本県立大学助教授(2002年4月〜2007年3月)
熊本県立大学准教授(2007年4月〜2011年3月)
熊本県立大学教授(2011年4月〜現在に至る)
専門分野
認知言語学Cognitive Linguistics
授業科目
言語基礎論、Basic English II、英語学概論I・II、言語学演習I・II、言語学特殊研究I・II〈大学院〉博士前期:言語学特殊講義I・II、英語学特別演習V〜VIII      博士後期:英語学研究I、特別研究
主な研究テーマ
 
言語の一般的特性と個別言語の特殊性を支える認知的基盤
学会での活動状況
  日本認知言語学会、日本認知科学会、日本英語学会、日本言語学会、関西言語学会、国際認知言語学会

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
単著 Cognitive Domains and Prototypes in Constructions くろしお出版 2009/3 p. 227
共編 認知言語学研究の広がり 開拓社 2018/9 pp. 283-298(「日英語の自他動詞志向と受身文 ―2つのNatural Pathの観点から―」)
共編 ことばとこころの探求 開拓社 2012/3 pp.320-333
共著 認知音韻・形態論 くろしお出版 2013/11 pp.89-139
共著 認知言語学―基礎から最前線へ― くろしお出版 2013/9 pp. 205−230
論文
単著 日英語の自他動詞の志向性と2つのNatural Path 『ことばのパースペクティヴ』開拓社 2018/3 pp.98-110
単著 Distribution of Transitive/Intransitive Constructions in Japanese and English 『ことばを編む』開拓社 2018/3 pp.246-255
単著 「認知構文論―動詞特化構文と構文スキーマ」 『言語』第38巻第10号、大修館 2009/10 p. 32-37
単著 名詞化接辞「−かけ」の特性とフレーム的知識 『日本言語文化』第14輯、韓国日本言語文化学会 2009/4 pp.103-121
単著 言語知識を構成する「構文」の特性と分布について―構文理論と意味地図モデル― 『JCLA』 第8号、日本認知言語学会 2008/5 pp.637-640
単著 Resultatives with a Creation Verb in Japanese and English 『九大英文学』創刊第50号記念号、九州大学大学院英語学・英文学研究会 2008/3 pp.339-358
単著 「結果構文における認知領域と拡張の方向性」 『認知言語学論考?6 2006』ひつじ書房 2007/9 pp.199-240
単著 Cognitive Domains and the Prototype in the Resultative Construction 『ことばの標』九州大学出版会 2005/11 pp.131-145
単著 「日本語結果構文とその拡張」 『日本語學研究』第13輯、韓国日本語学会 2005/9 pp.65-78
単著 Cognitive Domains and Constructions: The Case of V-Te iru Construction in Japanese Journal of Hokkaido Linguistics,vol.3 Hokkaido Linguistics Society 2004/9 pp.17-28
単著 Directionality of Extension in Transitive / Intransitive Constructions 『言語学からの眺望2003』九州大学出版会 2003/12 pp.259-273
単著 「テイル構文と主体化」 『JCLA』第2号 日本認知言語学会 2002/9 pp. 64-74
単著 「テイル解釈における認知処理」 『熊本県立大学文学部紀要』第7巻第2号 熊本県立大学文学部 2001/3 pp.51-76
単著 「自他動詞間のゆらぎと構文」 『熊本県立大学文学部紀要』第6巻第2号 熊本県立大学文学部 2000/3 pp.1-14
単著 「事態の自律性と自他交替」 『熊本県立大学文学部紀要』第6巻第1号 熊本県立大学文学部 1999/12 pp.1-16
単著 「イベント構造と事態認知モデル」 『熊本県立大学文学部紀要』第4巻第2号 熊本県立大学文学部 1998/3 pp.55-77
単著 Image-Schema,Cognition and the Pseudo-Imperative Constructions 『九州英文学研究』第14号日本英文学会九州支部 1997/3 pp.117-148
単著 On the Pseudo-Imperative Construction and Its Extension 『文學研究』第93輯九州大学文学部 1996/3 pp.21-50
単著 How Cognition is Concerned with the Production of Pseudo-Imperative Constructions 『文學研究』第92輯九州大学文学部 1995/3 pp.89-116
翻訳書
共訳 コースブック意味論 第二版 ひつじ書房 2014/11 pp. 345−457
辞典
共著 英語多義ネットワーク辞典 小学館 2007/3 分担執筆