研究者情報

教授   吉井 誠  YOSHII Makoto

性別:男性
 

所属 文学部  英語英米文学科
最終学歴 南フロリダ大学大学院言語教育研究科博士課程修了(2000年8月)
学    位
Ph.D. (University of South Florida )2008年8月
職    歴 梅光女学院大学短期大学部講師(1990年4月〜1997年3月)
梅光女学院大学短期大学部助教授(1997年4月〜1999年3月)
梅光学院大学現代コミュニケーション学部助教授(1999年4月〜2003年3月)
熊本県立大学文学部助教授(2003年4月〜2008年3月)
熊本県立大学文学部教授(2008年4月〜)
専門分野
第二言語習得論Second Language Acquisition
コンピュータ支援言語教育CALL(Computer Assisted Language Learning)
英語教育English Teaching
授業科目
英語教育演習、英語教育特殊研究、Basic English、 Research Writing II、英語教育特殊講義、英語教育特別演習
主な研究テーマ
 
付随的語彙学習における注の役割と効果
付随的学習と意図的学習の融合
学会での活動状況
  CALICO〔コンピュータ支援言語教育コンソーシアム〕(学会誌論文審査委員2002年1月〜現在)
CALICO〔コンピュータ支援言語教育コンソーシアム〕(学会誌編集委員2007年1月〜現在)
JALTCALL〔全国語学教育学会コンピューター利用語学学習研究部会〕(学会誌論文審査委員2005年2月〜現在)
大学英語教育学会
全国英語教育学会
社会での活動状況
  高円宮杯第65回全日本中学校英語弁論大会熊本県予選大会審査委員(2013年)
熊本県教育庁 平成24年度文部科学省委託事業「英語力を強化する指導改善の取組」アドバイザリー委員(2012年)
第8回熊本県高等学校英語ディベートコンテスト審査委員(2012年)
第24回熊本県高等学校英語暗唱大会審査委員(2011年)
第24回熊本県高等学校英語スピーチコンテスト審査委員(2011年)
第7回熊本県高等学校英語ディベートコンテスト審査委員(2011年)
第13回鹿児島県高等学校英語ディベートコンテスト審査委員(2010年)
第6回熊本県高等学校英語ディベートコンテスト審査委員(2010年)
熊本県立大学 教員免許状更新講習授業担当(2010年〜)
第5回熊本県高等学校英語ディベート大会審査委員(2009年)
第5回九州地区高等学校英語ディベート大会審査委員(2009年)
山口県教育委員会 英語教員指導力向上研修 講師(2003年〜2006年)
山口県教育委員会 Super English Language High School(SELHi)運営委員(2003年〜2005年)
地域貢献分野のジャンル
  【言語・語学】 【教育問題】 【文化・文学・歴史】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【外国語教育】 【国際交流】 【Eラーニング】 
本人からのメッセージ
  ことばを大切にしていきたい、ことばを通して生まれる人と人とのつながりを大切にしていきたいと思います。
地域貢献についてのメッセージ
  ことばを学ぶ、特に外国語を学ぶことについて研究しています。言語習得の不思議さ、おもしろさ、習得の過程や要因についてともに学んでいければと思います。
E-mail yoshii

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
単著 第二言語におけるリーディングと語彙学習〜付随的語彙学習における注の効果 (L2 reading and vocabulary learning: Effects of glosses in incidental vocabulary learning) 渓水社 (Keisui-sha) 2009/3 158 pages
共著 Teaching ESL/EFL with the Internet : Catching the Wave. M . Macy, Editor Prentice Hall 2002   
共著 100 Clear Grammar Tests. K. Folse, Editor University of Michigan 2000   
論文
単著 Effects of gloss types on vocabulary learning through reading: Comparison of single translation and multiple-choice gloss types. Computer Assisted Language Consortium (CALICO) 2013/5 Learner-Computer Interaction Language Education: A Festschrift in Honor of Robert Fischer, Edited by Hubbard, P., Schulze, M., & Smith, B. pp. 203-229.
単著 読解活動を用いた付随的語彙学習における確認作業の効果(Effects of confirming of quiz results on incidental vocabulary learning through reading) 熊本県立大学大学院文学研究科論集 (The Journal of the Graduate School of Language and Literature, Prefectural University of Kumamoto) 2012/9 pp. xvii - xxx
単著 A New Approach To Vocabulary Assessment: A Matrix Model For Predicting Future Vocabulary Performance The Malaysian Journal of ELT Research VOLUME 7(1) 2011/3 pp. 94-117
単著 マトリックスモデルの検証:長期的な語彙知識変化の安定性に関する一考察 (A study of Matrix Model: Investigation into the stability of vocabulary knowledge change) 「熊本県立大学文学部紀要」第17巻第70号 (Journal of the Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto, 17) 2011/3 pp. 37-45
単著 長期的語彙知識変化パターンの検証:被験者データとシミュレーションデータの比較 (An investigation into long-term vocabulary knowledge patterns: Comparison of actual data and simulation data) 熊本県立大学文学部紀要第16巻69号(Journal of the Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto, 16) 2010/3 pp. 33-46
単著 An investigation into long-term vocabulary knowledge change: Comparison of actual data and simulation data Proccedings of the annual conference of the EUROCALL 2009: New Trends in Computer-Assisted Language Learning: Working Together 2010 pp. 351-356
単著 語彙知識変化の検証〜シミュレーションと実際のデータとの比較 (Investigation into word knowledge change: Comparison of simulation data and actual data) 「熊本県立大学外国語教育センター紀要」第13、14、15巻第1号 (Language Issues, The International Journal of the Academic Information and Media Center, Prefectural University of Kumamoto) 2009/3 pp. 1-22
単著 マトリックスモデルを用いたシミュレーションスタディー:長期的な語彙知識変化の検証 (Matrix Model simulation: An investigation into long-term vocabulary change) 「熊本県立大学文学部紀要」第15巻 (Journal of the Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto, 15) 2009/3 pp. 65-79
単著 Review of Let's Practice Japanese コンピュータ支援言語教育学会(CALICO)学会誌「CALICO Journal」 第25巻3号 2008/5 pp. 573-581
単著 L1 and L2 glosses: Their effects on incidental vocabulary learning Language Learning & Technology, 第10巻第3号 2006/9 pp. 85-101
単著 Incidental vocabulary learning using Internet-based reading and a dictionary Language Issues, vol. 11/12 2006/3 pp.25-34
単著 付随的語彙学習における単語学習と単語検索、語彙サイズとの関係について (Relationships among incidental vocabulary learning, look-up behavior, and vocabulary size) 熊本県立大学文学部紀要第12巻第65号 (Journal of the Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto, 12 2006/3 pp.139-152
単著 Effect of Gloss Types on Incidental Vocabulary Learning in a Computerized Environment Language Issues, vol. 10, no.1 2004/3 pp.27-43
単著 「『かかわり度仮説』〜語彙学習への新たな展望、その可能性と課題〜」(Involvement load hypothesis: A new way for vocabulary learning through reading) 熊本県立大学文学部紀要第10巻第2号 (Journal of the Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto, 10) 2004/3 pp.91-10
単著 The effect of Annotation Types on Incidental Vocabulary Learning : The Results of Vocabulary Tests and Questionnaire 梅光学院大学・女子短期大学部「論集」第36号 2003/3 pp.20-41
単著 Effect of Gloss Types for Vocabulary Retention JALTCALL2002 Proceedings 2003 pp.105-111
単著 A Summary of Annotation Studies : A Way to Enhance Second Language Incidental Vocabulary Learning 梅光学院大学英米文学会 英米文学研究第37号 2001/12 pp.36-62
共著 語彙サイズと心内辞書内の意味的クラスタリング構造の関係 九州英語学会紀要41号 2013/7 1-10
共著 Second Language Incidental Vocabulary Retention : The Effect of Text and Picture Annotation M. Yoshii & J. Flaitz CALICO Journal vol.20, no.1 2002/10 pp.33-58
共著 Exploring New Frontiers : What Do Computers Contribute to Teaching Foreign Languages in Elementary School ? J. Nutta, et al. Foreign Language Annals vol.35, no.3 2002/9 担当箇所pp.293-306
その他
単著 Repeated Readingを用いて効果的な語彙学習を 『英語教育』大修館 2013年9月号 2013/6 pp. 30-31
単著 語彙学習における付随的学習と意図的学習の融合 文彩 第9号 熊本県立大学文学部 2013/3 24−26
単著 語彙習得研究の現在 第9回語彙とリーディング 大修館 『英語教育』2012年12月号 2012/12 pp. 52−53