研究者情報

教授   堤 裕昭  TSUTSUMI Hiroaki
1956/5/6生まれ
性別:男性

所属 環境共生学部  環境資源学科
最終学歴 九州大学大学院理学研究科博士課程修了(1985年6月)
学    位
理学博士 (九州大学)1985年6月
職    歴 熊本女子大学生活科学部助教授(1987年4月〜1994年3月)
米国ラトガース大学、海洋・沿岸科学研究所客員教授(1991年9月〜1992年7月)
熊本県立大学生活科学部助教授(1994年4月〜1999年3月)
熊本県立大学環境共生学部教授(1999年4月〜)
熊本県立大学大学院環境共生学研究科長(2010年4月〜2012年3月)
熊本県立大学環境共生学部長(2012年4月〜2016年3月)
熊本県立大学地域連携・研究推進センター長(2016年4月〜)
専門分野
海洋生態学Marine Ecology
沿岸環境科学 Coastal Environmental Sciences
授業科目
地球環境を考える、環境と生物圏、海洋生態学、フィールドワーク、沿岸域環境アセスメント実習、応用情報処理実習
主な研究テーマ
 
有明海生態系の異変のメカニズム
干潟に生息するアサリやハマグリなどの二枚貝類の生態
アサリ稚貝の低コスト生産技術の開発
河口域に生息するヤマトシジミの生態
イトゴカイの生態
水棲生物の個体群動態解析
有機汚泥浄化
沿岸域の海底環境アセスメント
油汚染のバイオレメディエーション
生物浄化およびマイクロバブルを用いた水産養殖場の環境管理
学会での活動状況
  役員:日本ベントス学会英文誌編集委員長(2003年〜2010年)、日本ベントス学会運営委員(2005年〜2009年、2011年〜2014年)、日本ベントス学会会長(2015年〜2016年)、不知火海・球磨川流域圏学会副会長(2012年〜2013年)、不知火海・球磨川流域圏学会会長(2014年〜2017年)、会員:日本ベントス学会、日本プランクトン学会、日本水産学会、日本海洋学会、日本生態学会、日本混相流学会、不知火海・球磨川流域圏学会
受    賞 平成20年度日本水産学会論文賞、Asian Marine Biology Symposium 2014 Best Contribution Award (平成26年10月)、三井物産環境基金10周年記念研究助成・優秀賞(平成27年10月)
社会での活動状況
  熊本県環境センター環境教育指導者(2002年4月〜)
肥後の水資源愛護基金 評議員(2003年4月〜2010年10月)
公益財団法人 肥後の水とみどり の愛護基金 評議員(2010年11月〜)
熊本県産業廃棄物処理施設建設候補地検討委員会委員(2003年7月〜2004年3月)
行政対応特別研究「有明海の海洋環境変化が生物生産に及ぼす影響の解明」に関する専門委員会委員(2002年4月〜2004年3月)
国土交通省 八代海域調査委員会委員(2001年4月〜2003年3月)
国土交通省 八代海域モニタリング委員会委員(2003年5月〜2009年3月)
国土交通省 立野ダム環境検討委員会委員(2001年12月〜)
熊本県環境センター環境教育指導者(2005年4月〜)
国土交通省 菊池川下流域自然再生委員会委員(2006年9月〜)
国土交通省 宮崎海岸侵食対策検討委員会(2008年〜)
福岡市 アイランドシティ整備事業環境モニタリング委員会委員(2008年7月〜)
緑川大橋影響調査検討委員会委員長(2010年7月〜12月)
洞海湾環境修復検討委員会委員(2010年〜2013年)
有明海再生機構副理事長(2010年〜2015年)
有明海再生機構理事(2015年〜)
地域貢献分野のジャンル
  【環境科学】 【健康科学・栄養科学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【海洋環境】 【地域づくり】 【地産地消】 
本人からのメッセージ
  私が所属する環境資源学科は、環境科学を志向する学生が集まる学科です。明日の環境を担う若者よ来たれ!この学科には充実した研究設備と環境を永年研究してきた専門の教員が揃っています。西日本地区で、大学生や大学院生が海洋生態学や環境科学を学べる場所として、きわめて高いレベルの環境がここにあります。
地域貢献についてのメッセージ
  熊本から明日の環境ビジネスを発信したいと努力してきました。今は、マイクロバブル発生装置の開発を熊本や名古屋の会社などと共同で進めています。水産増養殖業や農業に応用して、飛躍的な生産効率の向上と、環境負荷の軽減をはかる研究をすすめたり、さらに健康分野への応用研究も進めています。
E-mail hiro
URL http://ecobubble.jp

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
単著 有明海奥部海域の海底堆積物と潮流速の関係.In: 諫早湾の水門開放から有明海の再生へ 諫早湾開門研究者会議 2016/9 89-103
単著 第5章 2水産分野へのマイクロバブルの応用. In: マイクロバブル・ナノバブルの最新技術 II(柘植秀樹監修) シーエムシー出版 2010/5 181-186
単著 第1章 有明海異変概説.In: 高橋 徹編、諫早湾の真実. かもがわ出版 2010 1-29
単著 第9章 富栄養化による環境攪乱 In: 海洋ベントスの生態学、日本ベントス学会編 東海大学出版会 2003 407-444
共著 Widespread dispersal and bio-accumulation of toxic microcystins in benthic marine ecosystems. Chemosphere 167 2016/10 492-500
共著 8.2 Application of a microbubble generator to aquaculture farming. In: Micro- and Nanobubbles -Foundamentals and Application. ed. by H. Tsuge Pan Stanford Publishing 2014/10 230-243
共著 マイクロバブル・ナノバブルの最新技術(柘植秀樹監修)第7章 マイクロバブル・ナノバブルの応用. 6. 水産分野への応用. シーエムシー出版 2007 222-239
共著 有明海の生態系再生をめざして.4章 有明海生態系異変とその要因.4.2.1 熊本県アサリ漁業衰退とその環境要因.日本海洋学会編 恒星社厚生閣 2005 136-146
共著 有明海の生態系再生をめざして. 4章 有明海生態系異変とその要因.1. 赤潮の大規模化とその要因.(日本海洋学会編) 恒星社厚生閣 2005 105-118
共著 天草の渚.浅海性のベントスの生態学(菊池泰二編)第11章 内湾域のベントス群集と有機汚泥への適応. 東海大学出版会 2005 276-310
共著 Field tests bioremediation agent with microbiological cultures. In: In Situ Aeration and Aerobic Remediation 6(10), ed. by Lesson, A., Johnson, P. C., Hinchee, R. E., Semprini, L., Magar, V. S. Battelle Press 2001 345-352
共著 第1章 自然環境と水環境「1.2 九州の干潟と生産」In:日本の水環境<7>. 九州、沖縄編.日本水環境学会編 技報堂出版 2000/11 9-14
共著 ベントスによる漁場底泥の環境修復 生物機能による環境修復、恒星社厚生閣 1996 65-78
共著 現代生活の諸問題 現代社会生活が招く大気汚染による地球温暖化について。熊本女子大学生活科学部研究会編 明文書房 1991 1- 28
共著 パソコンによる資源解析プログラム集(II)、マイクロ・コンピュータによる体長の計測、体長頻度分布図の作成、および世代解析。 中央水産研究所生物生態部数理生態研究室編 1990 54-68
共著 パソコンによる資源解析プログラム集、体長頻度分布データからの世代解析。 東海区水産研究所数理統計部編 1988 189-207
論文
単著 Implication of changes in the benthic environment and decline of macro-benthic communities in the inner part of Ariake Bay in relation to seasonal hypoxia. Plankton and Benthos Research 10 2015/11 187-201
単著 Historical ocuurence of the short-neck clam, Ruditapes philippinarum (Adams & Reeve, 1850), on the sandy flats of Ariake Bay, Kyushu, western Japan. Plankton and Benthos Research 10 2015/11 202-214
単著 Contribution of the development of the stratification of water to the expansion of dead zone: a sedimentological approach. Estuarine, Coastal and Shelf Science 164 2015/7 204-213
単著 Food Sources for Ruditapes philippinarum in a Coastal Lagoon Determined by Mass Balance and Stable Isotope Approaches PLOS ONE 9, e86732 2014/1 1-11
単著 諫早湾調整池から排水された高濁度水の湾内における短期的な挙動の解明. 海の研究 23 2014 1-12
単著 アサリ資源回復をめざした干潟における基質の撹拌が基質環境と底生生物群集に及ぼす効果 日本ベントス学会誌 67 2013/6 47-55
単著 Oceanic nutrient supply and uptake by microphytobenthos of the Hichirippu Lagoon, Hokkaido, Japan. Marine Ecology Progress Series 446 2012/2 161-171
単著 Blooming of Microcystis aeruginosa in the reservoir of the reclaimed land and discharge of microcystins to Isahaya Bay (Japan). Environmental Science and Pollution Research 19 2012/2 3257-3267
単著 有明海奥部における大規模な赤潮の発生とその発生メカニズムと原因. 沿岸海洋研究. 沿岸海洋研究 49 2012/2 165-174
単著 コンパクトなマイクロバブル発生装置を利用した内湾の酸素濃度低下防止. 日本マリンエンジニアリング学会誌 46 2011/11 86-89
単著 有明海奥部で赤潮が発生し貧酸素化が進む理由 科学 81 2011/5 450-457
単著 降水量の少ない地域における水質汚濁の著しい河川からの有機物供給. 沿岸海洋研究 49 2011 79-89
単著 Concluding remarks on the joint survey of macrobenthic fauna on Suncheon Tidal Flats by the participants of “Korea and Japan Joint Symposium on Biology of Tidal Flats 2009”. Plankton and Benthos Research 5 2010/12 255-263
単著 持続可能な魚類養殖漁業の実現にむけてー魚類養殖漁業による環境悪化とその解決策ー 日本海水学会誌 64 2010 31-38
単著 Reevaluation of the nutrient mineralization process by infaunal bivalves (Ruditapes philippinarum) in a shallow lagoon in Hokkaido, Japan. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 383 2010 8-16
単著 マイクロバブルとイトゴカイを用いた海底汚泥の浄化〜魚類養殖による環境悪化とその解決策〜. アクアネット 1 2009/11 40-45
単著 Reduction of manganese dioxide in the sediment and its negative impact on the physiology of clams on two sandy tidal flats, Midori River Tidal Flat and Arao Tidal Flat, in Ariake Bay. Plankton and Benthos Research 3 2008 64-71
単著 環境改善による養殖魚の肉質・生産性の向上 月刊養殖 43 2007 66-69
単著 Control of dissolved oxygen levels of the water in the net pens for fish farming with a microscopic bubble generating system. Fisheries Science 72 2006 485-493
単著 Seasonal fluctuations of the flux of particulate organic mater discharged from the net pens for fish farming. Fisheries Science 72 2006 119-127
単著 Critical events in the Ariake Bay ecosystem : Clam population collapse, red tides, and hypoxic bottom water. Plankton and Benthos Research 1 2006 3-25
単著 Visual assessment of the respiring microorganisms associated with burrow structures of Capitella sp. I in seawater soft-agar microcosms. Plankton and Benthos Research 1 2006 54-58
単著 Production of planktonic and non-planktonic larvae in a single brood of Capitella sp. I and its implication to population persistence in disturbed environment due to organic enrichment of the sediment. Benthos Research 60 2005 17-24
単著 Treatment of the organically enriched sediment just below the fish farm with the biological activities of artificially mass-cultured colonies of a small deposit feeding polychaete, Capitella sp. I. Benthos Research 60 2005 25-38
単著 有明海の干潟で起きたアサリ漁業の衰退とその原因となる環境変化. 応用生態工学会誌 8 2005 83-102
単著 干潟の底質環境の変化とベントス群集への影響ー有明海の砂質干潟を例としてー. 月刊海洋 37 2005 107-115
単著 現在の貧酸素環境の有機物汚染域に棲息する底生生物群集の特徴と地球史からの考察. 月刊海洋 37 2005 784-790
単著 八代海に面する球磨川河口干潟の砂質干潟の環境と底生生物. 月刊海洋 38 2005 112-119
単著 イトゴカイ培養コロニーを撒布した魚類養殖場底泥における微生物群集の動態 日本海水学会誌 59 2005 343-353
単著 Feeding and burrowing behaviors of a deposit-feeding capitellid polychaete, Capitella sp. I. Benthos Research 60 2005 51-58
単著 Visual assessment of the respiring bacterial cells associated with burrow structures of Capitella sp. 1 in seawater soft-agar microcosms. Benthos Research 60 2005 59-66
単著 陸域からの栄養塩負荷量の増加に起因しない有明海奥部における大規模赤潮の発生メカニズム. 海の研究 15 2005 165-189
単著 Utilization of photosynthetically produced organic particles by dense patches of suspension feeding bivalves on the sand flat of Midori River estuary, Kyushu, Japan. Benthos Research 59 2004/1 67-77
単著 広域定期観測による有明海水環境の現状 沿岸海洋研究 42 2004 35-42
単著 Estimation of particulate organic carbon flux in relation to photosynthetic production in a shallow coastal area in the Seto Inland Sea Marine pollution Bulletin 47 2003/1 18-24
単著 Bioremediation of organic matter loaded on the sediment in outdoor pools with a polychaete, Capitella sp.1 Fishery Science 68 2002/1 613-616
単著 イトゴカイで海底の有機汚泥を浄化する。 アクアネット 1 1998 51-53
単著 Environmental Impact of fish net pen culture on the benthic environment of a cove in South Japan. Estuaries 18 1995 108-115
単著 Population persistence of Capitella sp. in a mud flat with environmental disturbance by organic enrichment. Marine Ecology Progress Series 63 1990 147-156
単著 先カンブリア時代末期から古生代カンブリア紀にかけての地球環境の変化と海産無脊椎動物の進化について。 日本ベントス研究会誌 35/36 1989 3-16
単著 Population dynamics of Capitella capitata (Polychaeta; Capitellidae) in an organically polluted cove. Marine Ecology Progress Series 36 1987 139-149
共著 Short-term dynamics of cyanobacterial toxins (microcystines) following a discharge from a coastal reservoir in Isahaya Bay. Marine Pollution Bulletin 92 2015/5 73-79
共著 諫早湾調整池からの高濁度排水が諫早湾内の短期的なアンモニア態窒素の挙動に与える影響 水環境学会誌 38 2015/5 75-80
共著 八代海佐敷干潟におけるアサリ個体群の季節変動 不知火海、球磨川流域圏学会 9 2015/3 21-35
共著 Diffusion of microsystins (cyanobacteria hepatotoxins) from the reservoir of Isahaya Bay, Japan, into the marine and surrounding ecosystem as a result of large-scale drainage. Marine Pollution Bulletin 89 2014/12 250-258
共著 諫早湾口北部周辺の流動特性について 土木学会論文集B1(水工学) 2012 1687-1692
共著 Increase in Alphaproteobacteria in association with a polychaete, Capitella sp. I, in the organically enriched sediment. The ISME Journal 2011 Vol. 5: 1818-1831.
共著 Pathology survey of the short-neck clam Ruditapes philippinarum occurring on sandy tidal flats along the coast of Ariake Bay, Kyushu, Japan. Journal of Invertebrate Pathology 2008 99: 212-219.
共著 Bioremediation and microscopic-bubble techniques for environmental management of fish farms and enclosed bays. Concept and outline of the research project. Océanis 2008 Vol. 34: 183-198.
共著 Stable isotopic characterization of carbon, nitrogen and sulfur uptake of Acharax japonica from central Japan. Plankton and Benthos Research 2008 Vol. 3: 36-45
共著 Impact of high concentrations of manganese on the survival of short neck clam Ruditapes philippinarum juveniles in sandy tidal flat sediment in Ariake Bay, Kyushu, Japan. Plankton and Benthos Research 2008 Vol. 3: 64-71
共著 DO-increasing effects of a microscopic-bubble generating system in a fish farm. Marine Pollution Bulletin 2008 Vol. 57: 78-85
共著 The succession of microbial community in the organic rich fish-farm sediment during bioremediation by introducing artificially mass-cultured colonies of a small polychaete, Capitella sp. I. Marine Pollution Bulletin 2008 Vol. 57: 68-77
共著 Co-inoculation of Capitella sp. I with its synergistic bacteria enhances degradation of organic matter in organically enriched sediment below fish farms. Marine Pollution Bulletin 2008 Vol. 57: 86-93
共著 Bioremediation of the organically enriched sediment deposited below the fish farms with artificially mass-cultured colonies of a deposit-feeding polychaete, Capitella sp. I. Fisheries Science 2008 Vol. 74: 77-87
共著 総説 イトゴカイおよびバクテリアを用いた有機汚泥の堆積した海底の生物浄化. 日本海水学会誌 2007 Vol. 61: 299-306
共著 有明海奥部における夏季の貧酸素水発生域の拡大とそのメカニズム. 海の研究 2007 Vol. 16: 178-202
共著 知多湾における堆積物中の有機物の起源. 日本水産学会誌 2007 Vol. 73: 1-7
共著 Dynamics of microphytobenthic biomass in a coastal area of western Seto Inland Sea, Japan. Estuarine, Coastal and Shelf Science 2007 Vol. 75: 423-432
共著 沿岸浅海底に生息する懸濁物食性二枚貝類の食物資源の利用性 日本ベントス学会誌 2006 Vol. 61: 59-65
共著 Effects of sodium sulfide on burrowing activity of Capitella sp. I and bacterial respiratory activity in seawater soft-agar microcosms. Plankton and Benthos Research 2006 Vol. 1: 117-122
共著 Interlinked temporal changes in environmental conditions, chemical characteristics of sediments and macrofaunal assemblages in an estuarine intertidal sandflat (Seto Inland Sea, Japan). Marine Biology 2006 Vol. 149: 1185-1197
共著 有明海奥部海域における近年の貧酸素水塊および赤潮発生と海洋構造の関係 海の研究 2003 Vol. 12: 291-305
共著 Visualization of the repiring bacteria in sediments inhabited by Capitella sp.1. Fisheries Science 2003 Vol. 69: 170-175
共著 Heavy Metal Contamination in the Sediment and its Effect on the Occurrence of the Most Dominant Bivalve, Ruditapes philippinarum on the Tidal Flats of Ariake Bay in Kumamoto Prefecture, the West Coast of Kyushu, Japan. Benthos Research 2003 Vol. 58: 121-130
共著 瀬戸内海・周防灘における夏季リンの分布と生物生産環境 沿岸海洋研究 2002 Vol. 39: 163-171
共著 熊本有明地区の緑川河口干潟における盛砂後のアサリ(Ruditapes philippinarum) の個体群動態 日本ベントス学会誌 2002 Vol. 57: 177-187
共著 Benthic faunal succession in a cove organically polluted by fish farming. Marine Pollution Bulletin 2001 Vol. 23: 233-238
共著 Exploitation of a chemosynthetic food resource by a polychaete, Capitella sp. I. Mar. Ecol. Prog. Ser. 2001 Vol. 216: 119-127
共著 Extrapolation of laboratory experiments on bivalve nutrient excretion to a field community situation: temporal scaling and relevance of biogenic nutrient flux from the sediments on a tidal flat of the Seto Inland Sea, Japan. Marine Ecology Progress Series 2000 Vol. 198: 139-155
共著 Bioremediation on the shore after an oil spill from the Nakhodka in the Sea of Japan. III. Field tests of a bioremediation agent with microbiological cultures for the treatment of an oil spill. Marine Pollution Bulletin 2000 Vol. 40: 320-324
共著 Bioremediation on the shore after an oil spill from the Nakhodka in the Sea of Japan. II. Toxicity of a bioremediation agent with microbiological cultures in aquatic organisms. Marine Pollution Bulletin 2000 Vol. 40: 315-319
共著 Bioremediation on the shore after an oil spill from the Nakhodka in the Sea of Japan. I. Chemistry and characteristics of the heavy oil loaded on the Nakhodka and biodegradation tests on the oil by a bioremediation agent with microbiological cultures in the laboratory. Marine Pollution Bulletin 2000 Vol. 40: 308-314
共著 アサリの生産量が激減した後の緑川河口干潟に生息する底生生物群集の季節変化。 日本ベントス学会誌 2000 Vol. 54: 1-8
共著 Impact of oxygen-deficient water on the macrobenthic animals in the innermost areas of Dokai Bay and on the mud flats adjacent to the bay. in Kitakyusyu, Japan. Marine Pollution Bulletin 2000 Vol. 40: 906-913
共著 紫川河口域における底生動物の分布とその季節変化に影響を及ぼす環境要因について。 日本ベントス学会誌 1999 Vol. 53: 4-13
共著 富栄養化した水域の生態学的環境修復−北九州市洞海湾を例として−Capitella sp.1(イトゴカイ、多毛類)を用いた洞海湾湾奥部の底質環境の修復 環境科学会誌 1998 Vo. 11: 421-429
共著 20年間にわたって大量の有機物負荷がかかってきた内湾域の海底環境と底生生物群集の特徴 日本ベントス学会誌 1996 Vol. 50: 39-49
共著 魚類養殖場直下に堆積したヘドロの生物による浄化の試み。 第12回海洋工学シンポジウム 1994 501-505
共著 体長頻度分布図を用いたコホート解析におけるシンプレックス法の利用とそのプログラム化について 日本ベントス学会誌 1994 Vol. 46: 1-10
共著 Efficiency of the decomposition of organic matter, loaded on the sediment, as a result of the biological activity of Capitella sp. I. Marin pollution Bulletin 1994 Vol. 28: 314-318
共著 Estimation of oxygen consumption of a deposit feeding polychaete Capitella sp. I Fisheries Science 1994 Vol. 60: 249-251
共著 Recovery of the marine bottom environment of a Japanese bay Marine Pollution Bulletin 1994 Vol. 28: 676-682
共著 魚類養殖場直下に堆積したヘドロ(有機汚泥)に対する生物浄化の試み. 日本水産学会誌 1993 Vol. 59: 1343-1347
共著 Modification of chemical characteristics of organically enriched sediment by Capitalla sp. I. Marine pollution Bulletin 1993 Vol. 26: 375-379
共著 洞海湾湾岸部の底質環境と底生生物の分布. 日本ベントス学会誌 1992 Vol. 42: 55-62
共著 Benthic faunal succession in a cove organically polluted by fish farming. Marine Pollution Bulletin 1991 Vol. 23: 233-238
共著 Relationship between growth of Capitella sp. and organic enrichment of the sediment. Marine Ecology Progress Series 1990 Vol. 63: 157-162
共著 イトゴカイ(Capitella capitata)の有機物汚染域への適応。 海洋科学 1987 Vol. 19: 106-111
共著 多毛類の個体群動態の調査解析法。(コンピュータを使用した体長の計測から世代解析まで)。 日本ベントス研究会誌 1987 Vol. 31: 18-28
共著 Study of the life history of Capitella capitata (Polychaeta: Capitellidae) in Amakusa, South Japan including a comparison with other geographical regions. Marine Biology 1984 Vol. 80: 315-321
共著 Benthic ecology of a small cove with seasonal oxygen depletion caused by organic pollution. Publication of Amakusa Marine Biological Station 1983 Vol. 7: 17-40