研究者情報

教授   張 代洲  ZHANG Daizhou
1965年生まれ
性別:男性

所属 環境共生学部  環境資源学科
最終学歴 中国北京大学地球物理系博士課程修了(中国北京大学、1994年6月)
学    位
理学博士 (中国北京大学)1994年6月
職    歴 北京大学環境科学センター・博士研究員(1994年7月〜1996年6月)
北京大学環境科学センター・研究助手(1996年7月〜1998年5月)
名古屋大学太陽地球環境研究所・外国人研究員(1998年4月〜1999年3月)
熊本県立大学環境共生学部講師(1999年4月〜2002年3月)
熊本大学非常勤講師(2001年4月〜)
熊本県立大学環境共生学部・Associate Professor (2002年4月〜2010年3月)
熊本県立大学環境共生学部・Professor (2010年4月〜 )
専門分野
大気環境学Atmospheric environment studies
授業科目
物理学I、物理学II、物理学実験、大気環境学、大気環境学実験等
主な研究テーマ
 
大気エアロゾル
大気汚染
長距離輸送
浮遊微生物
学会での活動状況
  日本エアロゾル学会・会員(1998年7月〜現在まで)
日本気象学会・会員(1999年10月〜現在まで)
アメリカ地球物理学会(AGU)会員(2001年10月〜現在まで)
大気環境学会(2007年4月〜現在まで)
受    賞 北京大学実験と技術賞(1997年4月)
日本エアロゾル学会2005年度奨励賞
地域貢献分野のジャンル
  【環境科学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【大気環境】 【海洋環境】 【水環境】 
本人からのメッセージ
  大気環境学教室では、これまでに電子顕微鏡分析法を用いて中国のチベット・敦煌・泰山・青島及び九州地方や日本海上空における大気中の浮遊粒子を研究してきました。現在では天草市において九州に飛来する大気中の浮遊粒子やガス体の物質を測る高精度高時間分解能の観測拠点を構築しながら、係留気球を使って地上から高度約1200メートルまでの大気汚染物質と浮遊微生物の分布を測っています。また大気のみならず、コンピュターを利用して、空気の流れと空中浮遊物質の沈着課程も調べています。2010年米国科学院誌に本研究室の共同研究の成果が発表されました。
ミクロからマクロまで、様々なスケールの大気・海洋現象に興味のある方は下記の教室ホームページへどうぞ
地域貢献についてのメッセージ
  熊本及び九州地方の大気環境にかかわる黄砂や光化学スモッグなどの課題を取り上げ、研究と教育を行っています。
E-mail dzzhang
URL http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~aerl/

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
共著 洋上をわたる黄砂の変質 「黄砂」(岩坂等編集).古今書院 2009 249-253
論文
単著 九州西岸に飛来した黄砂粒子および海洋への沈着 「空と海」 2013 121-126
共著 Transport of bacterial cells toward the Pacific in Northern Hemisphere westerly winds Atmospheric Environment 2014 87: 138-145
共著 Background-like nitrate in desert air Atmospheric Environment 2014 84: 39-43
共著 Applicability of LIVE/DEAD BacLight stain with glutaraldehyde fixation for the measurement of bacterial cell concentration and viability in the air Aerosol and Air Quality Research 2013 13:1755-1767
共著 Bacterial abundance and viability in long-range transported dust Atmos. Environ 2012/2 47: 20-25
共著 Soil-derived sulfate in atmospheric dust particles at Taklimakan desert Geophys. Res. Lett. 2012 L24803
共著 Size distribution of atmospheric particles in number concentration in relation to meteorological conditions and air mass origins in Qingdao in spring China Environmental Science 2012 1392-1399
共著 Haze particles over a coal-burning region in the China Loess Plateau in winter: three flight missions in December 2010 J. Geophys. Res. 2012 D12306
共著 Soot particles during the passage of a cyclone at the top of Mt. Tai in spring 2008 Science of the Total Environment 2012 217-222
共著 Elevated soot layer in polluted urban atmosphere: a case study in Beijing J. Meteor. Soc. Jpn. 2012 361-375
共著 Episodic particulate sulfate and sulfur dioxide on the southwestern Japan coast in March and April 2010 Asian Journal of Atmospheric Environment 2012 41-52
共著 Individual particle analysis of aerosols collected under haze and non-haze conditions at a high-elevation mountain site in the North China plain Atmos. Chem. Phys. 2011/10 11: 11733-11744
共著 Recent progress in understanding physical and chemical properties of African and Asian mineral dust. Atmos. Chem. Phys 2011/8 11: 8231-8256
共著 A detection of airborne particles carrying viable bacteria in an urban atmosphere of Japan Asian Journal of Atmospheric Environment 2011/5 5: 152-156
共著 Aged status of soot particles during the passage of a weak cyclone in Beijing Atmos. Environ. 2011/3 45: 2699-2703
共著 Comparison of elemental composition of Asian dust particles at Amami and Amakusa during a dust event Journal of Japan Society for Atmospheric Environment 2011/1 10-19
共著 Elevated aerosol layer embedded with aged soot particles in a polluted urban atmosphere Atmos. Chem. Phys. Discuss. Vol 11 2011/1 1641-1669
共著 Challenge of measuring bioaerosols at KOSA source areas: tethered balloon observation coupled with individual particle analysis Earozoru Kenkyu vol.15 2010 13-22
共著 Asian dust particles converted into aqueous droplets under remote marine atmospheric conditions PNAS, 2010 pnas.1008235107
共著 Hygroscopic mineral dust particles as influenced by chlorine chemistry in the marine atmosphere. Geophys. Res. Lett., 36(5) 2009 L05817