研究者情報

教授   北原 昭男  KITAHARA Akio
1959/7/3生まれ
性別:男性

所属 環境共生学部  居住環境学科
最終学歴 京都大学大学院 工学研究科 建築学専攻 修士課程修了 (1984年3月)
学    位
博士(工学) (京都大学)1996年7月
職    歴 鹿島建設株式会社技術研究所 研究員(1984年4月〜1987年3月)

京都大学防災研究所 助手(1987年4月〜2001年3月)
  成安造形大学造形学部 非常勤講師(兼任)(1997年4月〜2001年3月)

鳥取環境大学環境情報学部環境デザイン学科 助教授(2001年4月〜2005年3月)
  秋田県立大学木材高度加工研究所 客員助教授(兼任)(2003年4月〜2005年3月)
鳥取環境大学環境情報学部環境デザイン学科 教授(2005年4月〜2006年3月)

熊本県立大学教授(2006年4月〜現在に至る )
  鳥取環境大学 大学院環境情報学研究科 客員教授(兼任)(2006年4月〜2009年3月)
  鳥取環境大学 建築・環境デザイン学科 客員教授(兼任)(2009年4月〜2012年3月)
専門分野
木質構造学Timber engineering
建築耐震構造学Anti-seismic Structures
都市地震防災Mitigation of Urban Earthquake Disaster
授業科目
〈学部〉木質構造学、木質材料活用論、環境防災・安全工学、居住空間材料学、居住空間構造・材料実験、建築構法、建築構造の基礎 他
〈大学院博士前期課程〉木質構造設計論、環境資源活用学特論 他
主な研究テーマ
 
木質系構造物に関する耐震性評価のための構造実験
木質系構造物の耐震設計法・耐震診断法・耐震補強法に関する研究
都市防災のための既存不適格建物に関する耐震性向上・住民の耐震安全性に対する意識向上方策に関する研究
都市木質系住宅群を対象とした地震応答計算手法および地震被害推定手法の構築
地域・地区を対象とした地震防災計画策定のための調査・研究
学会での活動状況
  日本建築学会会員
日本地震工学会会員
社会での活動状況
  奈良県耐震診断委員会委員(奈良県建築防災協会)(2000年1月〜2001年3月)
鳥取市災害に強いまちづくり計画検討委員会 副委員長(2001年9月〜2003年3月)
米子市災害に強いまちづくり計画検討委員会 副委員長(2001年9月〜2003年3月)
鳥取県地震防災調査研究委員会 委員(2002年9月〜2005年3月)
鳥取県耐震診断等評定委員会 委員(2005年4月〜2006年3月)
熊本県林業研究指導所外部評価委員(2006年〜現在に至る )
小国町省エネルギービジョン策定委員会委員長(2008年7月〜2009年3月)
熊本県建築住宅センター構造評価 判定員(2009年〜2015年5月)
全国い産業連携協議会提携システム構築推進委員会 委員(2010年6月〜2011年3月)
  同 コーディネーター(2011年4月〜2013年3月)
熊本県地域防災計画検討委員会委員(2011年4月〜2013年3月)
  同委員会 広域連携・情報等検討部会 部会長
  同委員会 地震・津波被害想定検討部会 部会員
伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験検討委員会 委員(2011年4月〜2013年3月)
  同委員会 設計法部会 部会員
  設計WG、標準設計WG、土壁WG メンバー
熊本県再生可能エネルギー等導入推進基金事業評価委員会委員(2012年10月〜現在に至る)
熊本県建築物耐震改修促進計画変更委員会 委員長(2012年4月〜2013年3月)
熊本藩川尻米蔵跡保存修理工事 修理指導員(2014年11月~現在に至る)
特別史跡熊本城跡保存活用委員会 委員(2015年4月~現在に至る)
熊本建築構造評価センター 構造評価委員(2015年6月~現在に至る)
熊本県建築物耐震改修促進計画策定検討委員会委員(2016.10~現在に至る)
熊本県木造設計・建築技術普及検討委員会委員(2016.10~現在に至る)



  

地域貢献分野のジャンル
  【居住環境】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【地域づくり】 【循環型社会】 
本人からのメッセージ
  我が国における木造建物(木質構造物)については、未だに構造的側面からの評価法が定まっているとは言えません。日本古来の木造文化を伝える木造建物を守り、環境にやさしく持続可能性の高い木造建物を構築していくために建築構造の立場から研究を進めます。また、今後は様々な建物の耐震性能を向上させ、都市の地震時安全性を高めることが必要となりますが、これらの観点からも併せて研究を進めていく予定です。
E-mail Kitahara

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
共著 インテリアの地震対策 リバティ書房 1998/6 第3章執筆および5〜8章に関する実験の実施・取りまとめ
論文
共著 古い在来軸組構法住宅の総合的な耐震性向上方策に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告第55号(構造系) 2016/3   
共著 伝統構法による公会堂建築の耐震性能向上に関する研究 その2 格子壁の実験結果と全体に関する考察 日本建築学会九州支部研究報告第55号(構造系) 2016/3   
共著 伝統構法による公会堂建築の耐震性能向上に関する研究 その1 実験計画と小屋組・床下の補強に関する実験結果 日本建築学会九州支部研究報告第55号(構造系) 2016/3   
共著 格子を用いた伝統木造軸組の耐震性能に関する研究 その6 格子パネルを配置した軸組に適用可能な耐力評価手法の提案 日本建築学会九州支部研究報告第55号(構造系) 2016/3   
共著 厚さの異なる落とし込み板壁の耐震性能に関する実験的研究 日本建築学会九州支部研究報告第55号(構造系) 2016/3   
共著 きずり漆喰壁の耐震性能評価に関する実験的研究 その2 壁の構成方法が性能に及ぼす影響 日本建築学会九州支部研究報告第55号(構造系) 2016/3   
共著 格子を用いた伝統木造軸組の耐震性能に関する研究(その5)格子耐力の算定およびその精度向上に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2015/3 pp.681-684
共著 居住者のための木造住宅耐震補強法提案システムに関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2015/3 pp.693-696
共著 格子を用いた伝統木造軸組の耐震性能に関する研究(その4)伝統的意匠と耐震性能を兼ね備えた格子の提案 日本建築学会九州支部研究報告 2015/3 pp.681-684
共著 きずり漆喰壁の耐震性能評価に関する実験的研究 日本建築学会九州支部研究報告 2015/3 pp.673-676
共著 木造住宅における軒のあおり防止のための垂木固定法に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2015/3 pp.669-672
共著 静的実験による斜め貫を有する木造軸組の耐震性能評価(その7)斜め貫仕口部の耐力評価 日本建築学会九州支部研究報告 2014/3 pp.645-648
共著 熊本地域における伝統構法木造建物の構造特性と耐震安全性評価(その2)農村型建築と漁村型建築における構造特性 日本建築学会九州支部研究報告 2014/3 pp.641-644
共著 木造伝統構法による応急仮設住宅の計画と施工方法に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2014/3 pp.637-640
共著 木造住宅の居住空間における畳の持つ性能の総合的評価 日本建築学会九州支部研究報告 2014/3 pp.633-636
共著 静的実験による斜め貫を有する木造軸組の耐震性能評価(その6)斜め貫仕口部の性能向上 日本建築学会九州支部研究報告 2013/3 pp.733-736
共著 伝統構法による仕口の性能評価と限界耐力計算法への適用 日本建築学会九州支部研究報告 2013/3 pp.729-732
共著 拡張樹脂アンカー工法を用いた木質構造物の性能評価(その4)引張クリープ試験 日本建築学会九州支部研究報告 2013/3 pp.693-696
共著 静的実験による斜め貫を有する木造軸組の耐震性能評価(その5)斜め貫仕口部の引抜き実験 日本建築学会九州支部研究報告 2012/3 pp.617-620
共著 熊本地域における伝統構法木造建物の構造調査と耐震安全性評価(その1)熊本中心市街地における町家の構造特性 日本建築学会九州支部研究報告 2012/3 pp.621-624
共著 格子を用いた伝統木造軸組の耐震性能に関する研究(その3 伝統的意匠を備えた格子の性能向上に関する検討) 日本建築学会九州支部研究報告 2011/3 pp.685-688
共著 静的実験による斜め貫を有する木造軸組の耐震性能評価(その4 斜め貫仕口部の性能向上) 日本建築学会九州支部研究報告 2011/3 pp.681-684
共著 様々なくさびを用いた貫構造に関する耐震性能評価 日本建築学会九州支部研究報告 2011/3 pp.677-680
共著 居住者を主体とした木造住宅耐震性向上システムに関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2011/3 pp.673-676
共著 拡張樹脂アンカー工法を用いた木質構造物の性能評価(その3)山形トラス・張弦梁・合成梁の構造特性 日本建築学会九州支部研究報告 2011/3 pp.641-644
共著 拡張樹脂アンカー工法を用いた木質構造物の性能評価(その2)接合部の性能評価 日本建築学会九州支部研究報告 2011/3 pp.637-640
共著 伝統構法住宅に適用可能な落とし込み板壁の開発に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2010/3 pp.677-680
共著 静的実験による斜め貫を有する木造軸組の耐震性能評価(その3 丸込栓留め斜め貫の性能および既存の住宅への適用) 日本建築学会九州支部研究報告 2010/3 pp.673-676
共著 静的実験に基づく足固め構法による伝統木造軸組の耐震性能評価 日本建築学会九州支部研究報告 2010/3 pp.669-672
共著 拡張樹脂アンカー工法を用いた木質構造物の性能評価(その1 平行弦トラスの構造特性) 日本建築学会九州支部研究報告 2010/3 pp.653-656
共著 杉板を用いた折り曲げアーチ架構の開発に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2009/3 pp.629-640
共著 既存木造住宅の耐震性能向上に関する住民の意識調査(その2:4地域における住民意識の比較) 日本建築学会九州支部研究報告 2009/3 pp.641-644
共著 格子を用いた伝統木造軸組の耐震性能に関する研究(その2:伝統的意匠を備えた格子の性能) 日本建築学会九州支部研究報告 2009/3 pp.617-620
共著 静的実験による斜め貫を有する木造軸組の耐震性能評価(その2:込み栓留め斜め貫の性能) 日本建築学会九州支部研究報告 2009/3 pp.613-616
共著 家具の振動実験結果に基づく室内被害の簡易評価に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2008/3 pp.313-316
共著 静的実験に基づく足固め構法による伝統構法軸組の耐震性能評価 日本建築学会九州支部研究報告 2008/3 pp.285-288
共著 静的実験による斜め貫を有する木造軸組の耐震性能評価 日本建築学会九州支部研究報告 2008/3 pp.281-284
共著 格子を用いた伝統木造軸組の耐震性能に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2007/3 pp.305-308
共著 既存木造住宅の耐震性向上に関する住民の意識調査 日本建築学会九州支部研究報告 2007/3 pp.297-300
共著 地域性を考慮した木造住宅への限界耐力計算法の適用に関する研究 日本建築学会九州支部研究報告 2007/3 pp.301-304
共著 2000年鳥取県西部地震における被災者の住宅復旧選択−統計資料とアンケート調査による要因分析− 自然災害科学、Vol.23, No.1 2004 pp.49-64
共著 2000年鳥取県西部地震における木造建物の構造特性と被害 日本建築学会構造系論文集、No.574 2003/12 pp.135-142
共著 伝統木造軸組の実大振動実験・静的水平力載荷実験 日本建築学会構造系論文集、No.574 2003/12 pp.135-142
共著 伝統木造軸組の実大振動実験による柱−貫接合部のモーメント抵抗メカニズム 第11回日本地震工学シンポジウム論文集 2002/11   
共著 伝統木造軸組の実大振動実験による動特性 第11回日本地震工学シンポジウム論文集 2002/11   
共著 実大振動実験による軸組構法2階建木造住宅の動特性と耐震性能−筋かい付及び土壁付木造軸組の振動台実験− 第11回日本地震工学シンポジウム論文集 2002/11 pp.1377-1382
共著 2000 年鳥取県西部地震による被災住宅の復旧過程−日野町の調査から− 「木構造と木造文化の再構築を目指して」,日本建築学会 2002/3 pp.314-329
共著 鳥取県西部地震における木造建物の被害と構造特性 「木構造と木造文化の再構築を目指して」,日本建築学会 2002/3 pp.94-104
共著 あれから2年、住まいと暮らしは−鳥取県西部地震日野町震災シンポジウム2報告−(研究代表者:北原昭男) 自然災害科学、 Vol.22, No.1 2002 pp.5-48
共著 2000年鳥取県西部地震の地震動強さの評価 日本建築学会構造系論文集、No.458 2001/10 pp.35-41
共著 実大振動台実験による木造軸組構造の強震応答特性 第4回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集 1999/10 pp.219-222
共著 1995年兵庫県南部地震による宝塚・芦屋における建物被害発生要因の分析 第10回日本地震工学シンポジウム論文集 1998/11 pp.359-364
共著 3次元地震動の作用する多層立体鋼骨組の動的崩壊過程に関する研究 第10回日本地震工学シンポジウム論文集 1998/11 pp.2529-2534
共著 都市域の地震被害分布の予測 日本建築学会大会災害部門パネルディスカッション「地震動の特性と建築物の被害―経験と予測―」資料 1998/9 pp.31-38
共著 3次元地震動の作用する家具の振動性状に関する研究 日本建築学会近畿支部研究報告集 1998/7 pp.221-224
共著 3次元地震動の作用する多層立体鋼骨組の振動台実験 日本建築学会近畿支部研究報告集 1998/7 pp.217-220
共著 在来構法木造住宅の実大水平力載荷実験 日本建築学会構造系論文集、No.499 1997/9 pp.69-76
共著 Risk Management for Future Urban Planning against Strong Earthquakes Proc. for Sino-US Symposium on Post-Earthquake Rehabilitation and Reconstruction, Kunming, China 1995/5 pp.116-128
共著 1994年北海道東方沖地震による建築物被害 京都大学防災研究所都市耐震センター研究報告,第9号 1995/4 pp.95-115
共著 常時微動計測による釧路市内の建築物の振動特性 京都大学防災研究所年報,第38号B-1 1995/4 pp. 27-42
共著 1993年釧路沖地震による室内被害の特性とその生活への影響 第9回日本地震工学シンポジウム論文集、Vol.1 1994/12 pp.37-42
共著 地震時における構造被害・室内被害の分布特性およびその評価に関する研究 日本建築学会構造系論文集、No.548 1994/4 pp.39-48
共著 Building and Indoor Damage Done by the 15 January 1993 Kushiro-Oki Earthquake Proceedings of Third ROC and Japan Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, Tainan , Taiwan 1993/11 pp. 357-371
共著 上海市域における組積造構造物の地震応答に関する研究 京都大学防災研究所都市耐震センター研究報告,第7号 1993/4 pp.59-79
共著 1989年ロマ・プリエタ地震による震源付近の都市における建築物被害 日本建築学会構造系論文報告集, 第445号 1993/3 pp.55-65
共著 Earthquake Response Analysis of Masonry Buildings in the City of Shanghai "Seismic Risk Assessment of Urban Facilities in a Sedimentary Region", Final Report Part 3 (Edited by H. Kameda and Z. Zhang) 1993/3 pp. 107-134
共著 建築構造物群の震害予測に関する研究 京都大学防災研究所都市耐震センター研究報告, 第5号 1991/4 pp. 11-39
学会発表
共著 表層を縦継ぎ単板で構成した構造用面材料の釘接合性能 日本建築学会大会 2008/9 pp.343-344
共著 伝統的な仕口を用いた斜め貫を有する木造軸組の耐震性能 日本建築学会大会 2008/9 pp.23-24
共著 足固め構法による伝統木造軸組の水平力載荷実験 日本建築学会大会 2008/9 pp.19-22
その他
単著 地震と建築 鳥取県建築士会会誌「家」 2005/5 pp.70-73
単著 鳥取市における木造家屋の耐震性評価 平成15年度鳥取市委託業務研究成果報告書 2004/3