研究者情報

教授   有薗 幸司  ARIZONO Koji
1954/10/7生まれ
性別:男性

所属 環境共生学部  食健康科学科
最終学歴 長崎大学大学院薬学研究科(修士課程)薬学専攻修了(1979年3月)
学    位
薬学博士1986年1月
職    歴 長崎大学薬学部助手(1979年4月〜1985年6月)
文部省内地研究員(九州大学理学部)1983年5月〜1984年2月
長崎大学薬学部講師(1985年6月〜1993年3月)
文部省在外研究員(米国サウスダコタ大学医学部生化学教室)(1986年12月〜1987年9月)
博士研究員(米国サウスダコタ大学医学部分子生物学教室)(1990年9月〜1991年8月)
長崎大学薬学部助教授(1993年3月〜1997年10月)
長崎大学環境科学部助教授(1997年10月〜1999年3月)
熊本県立大学環境共生学部教授(1999年4月〜)
専門分野
食環境安全性学、衛生化学、環境毒性学、食のリスクコミュニケーション
授業科目
食品衛生学、環境衛生学、公衆衛生学、食品衛生学実験、基礎化学、化学実験
主な研究テーマ
 
内分泌攪乱作用機構
食の安全とリスクコミュニケーション
化学物質の簡易モニタリング手法(バイオアッセイ)開発
微量元素の生体影響
学会での活動状況
  日本薬学会員、環境化学会員、日本生化学会員、日本環境毒性学会員、日本毒性学会員、日本食品化学学会員、日本衛生学会員、日本水環境学会員、日本食品衛生学会員、
受    賞 第40回宮田記念学術論文賞(宮田専治学術振興会/日本薬学会 2006年3月)
平成22年度日本環境化学会論文賞
平成23年度日本毒性学会ファイザー賞
平成26年度日本環境化学会学会賞
社会での活動状況
  日本学術会議連携会員(2006年8月〜2014年9月)
日本食品衛生学会理事
日本毒性学会評議員
日本衛生学会評議員
The Society of Environmental Chemistry and Toxicology Asia/Pacific Past President
くまもと食の安全県民会議会長
地域貢献分野のジャンル
  【環境科学】 【食科学】 【健康科学・栄養科学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【食育・食の安全】 【水環境】 【大気環境】 
本人からのメッセージ
  微量元素や内分泌撹乱化学物質の生体影響を中心に健康科学を考えていきたいと思います。

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
論文
共著 Transcriptomic analysis of vittelogenin, choriogenin, and estrogen receptor subtypes genes in the liver of male medaka Oryzias latipe. exposed to equine esrtogens equilin, equilenin, and their metabolites Aquatic Toxicology 2015/7 Submitted
共著 Evaluation of functional food ingredients flavonoid compounds by Caenorhabiditis elegans and chemical defined synthetic medium Japanese Journal of Food Chemistry 2015/7 Submitted
共著 Endocrine-disrupting potentials of equine estrogens, equilin, equilenin, and their metabolites, on the medaka Oryzias latipes J. Applied Toxicology. 2015/6 Doi: 10.1002/jat3098
共著 In silico and in vivo studies to evaluate the estrogenic effects of bisphenol analogues on the medaka Oryzias latipes Ecotoxicology and Environmetal Safety 2015/6 120, 198-205
共著 Biological effects of lithium on growth, maturation and reproduction of nematode Caenorhabditis elegans J. Applied Toxicology. 2015/5 DOI: 10.1002/jat3058 2015.
共著 Characterization and identification of the proteins bound to two types of polyhydroxyalkanoate granules in Pseudomonas sp. 61-3, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2015/3 DOI:10.108009168451.2015. 1023250
共著 Acute toxicity test of ZnCl2 with or without NaCl or NaH2PO4 using medaka larvae: its effect on mortality and cell proliferation. Environment and safety, 2015/3 6,( 1) 31-42 2015.
共著 Development of the high sensitive screening in database of GC/MS Environment and safety 2015/3 6 (1), 3-10
共著 Trophic magnification of polychlorinated biphenyls and polybrominated diphenyl ethers in an estuarine food web of the Ariake Sea, Japan Chemosphere 2015/1 118 (1), 201-206
共著 Nitrate levels in health food, Food Science Seminar Kyoto Women’s University 2014/12 69 15-24
共著 Induction of estrogen-responsive genes choriogenin H and L in liver of male medaka (Oryzias latipes) exposed to estrogen receptor (ER)α- or ERβ1-selective ligands J. Applied Toxicology 2014/12 35, 752-758
共著 In vitro and in silico analyses to predict the effects of environmental chemicals through the mysid ecdysteroid receptor signaling pathway. Organohalogen Compounds, 2014/10 75, 2014.
共著 Comparative study of the biological effects of antimicrobials, triclosan and triclocarban for C. elegans Environment and safety 2014/8 Vol 5 No2 95-98
共著 The identify of residual synthetic fragrance materials related compounds in compost manure (in Japanese). Environment and safety 2014/3 5 (1) 35-39
共著 The removing and discharge of the synthetic polycyclic mosk compounds in sewege treatment plant (in Japanese). Environment and safety 2014/3 5 (1) 27-34
共著 Managing Mercury Pollution in the 21st Century: Bridging Science and Policy Integrated Environmental Assessment and Management 2014/2 In press
その他
単著 免疫測定法の基礎と応用 講談社 2014/12   
単著 TPP こう見る 「食の安全」情報提供徹底を 熊本日日新聞 2014/6 平成26年6月23日 朝刊
単著 Annual Report SETAC 2014 AP Section SETAC Globe 2014/5 32
編集 環境ホルモン学会ニュースレター 環境ホルモン研究活性化と関連技術 環境ホルモン学会 2014/2 Vol16(4)
共編 Annual Report SETAC 2015 AP Section SETAC 2015/4   
共著 衛生試験法注解2015  金原出版/日本薬学会 2015/3 容器包装
共著 環境と健康の科学 最近の化学物質による環境問題 講談社 2014/3 129-159