研究者情報

教授   半藤 英明  HANDO Hideaki
1960/2/18生まれ
性別:男性

所属 文学部  日本語日本文学科
最終学歴 成蹊大学大学院 文学研究科 修士課程修了(1985年3月)
学    位
博士(文学) (成蹊大学)2004年3月
職    歴 世田谷学園中・高等学校非常勤講師(1983年4月〜1986年3月)
郁文館高等学校非常勤講師兼任(1985年4月〜1986年3月)
帝京大学中・高等学校教諭(1986年4月〜1992年3月)
穎明館中・高等学校教諭(1992年4月〜1996年3月)
静岡英和女学院短期大学国文学科専任講師(1996年4月〜1997年3月)
静岡英和女学院短期大学国文学科助教授(1997年4月〜2001年3月)
熊本県立大学文学部日本語日本文学科助教授(2001年4月〜2004年3月)
熊本県立大学文学部日本語日本文学科教授(2004年4月〜現在に至る)
熊本県立大学大学院文学研究科長(2007年4月〜2010年3月)
熊本県立大学副学長(2010年4月〜2014年3月)
熊本県立大学学術情報メディアセンター長(2014年4月〜2016年3月)
熊本県立大学学長(2016年4月〜現在に至る)
専門分野
日本語学Japanese Linguistics
授業科目
日本語学演習、日本語学特殊研究、日本文法I・II、日本語学概論II <大学院>日本語史特殊講義、日本文法特殊講義、日本語学特殊講義、日本語学特別演習(以上、博士前期)、日本語学研究、特別研究(以上、博士後期)
主な研究テーマ
 
助詞の研究
明治期の文学表現
学会での活動状況
  日本語学会(常任査読委員:2010年5月〜2013年5月)、全国大学国語国文学会(委員:2011年7月〜2013年6月、2015年7月〜2017年6月)、日本語文法学会、西日本国語国文学会、解釈学会(委員:2012年8月〜2018年8月、編集委員:2014年9月〜、常任委員:2018年8月~)
受    賞 集英社読書指導体験記コンクール優秀賞(1996年2月)
社会での活動状況
  〈委員・審査員〉
熊日中学新聞コンクール審査員(2006年度〜)
熊本県立第一高等学校評議員(2008年度、2012年度〜)
宇城市「ロゴマーク」「スピリッツ」選定委員(2008年8〜9月)
公立大学協会平成20年度学士課程教育作業部会専門委員(2008年9月〜2009年5月)
財団法人興南アジア国際奨学財団選考委員(2010年度〜2013年度)
九州地区大学一般教育研究会委員(2010年度〜2013年度)
熊本地区大学体育会連盟会長(2010年12月〜2011年12月)
熊本留学生交流推進会議運営委員(2010年度〜2013年度)
高等教育コンソーシアム熊本 教育・研究推進部会委員、単位互換制度構想委員会委員(2010年度〜)、教育・研究推進部会長(2012年度)
一般財団法人熊本市国際交流振興事業団理事(2012年6月〜2014年6月)・評議員(2016年7月〜)
熊本県国際協会理事(2013年5月〜2014年4月)・評議員(2016年5月〜)
熊本県民文芸賞評論・ノンフィクション部門審査委員(2013年度〜)
公益財団法人大学基準協会 大学評価分科会委員(2013年度)・主査(2014年度、2018年度)
熊本県図書館連絡協議会副会長(2014年6月〜2016年6月)
NIEネットワーク熊本代表(2014年6月〜)
公益財団法人地方経済総合研究所理事(2016年6月〜)
熊本県公私立高等学校連絡協議会委員・会長(2016年7月〜)
熊本県ユニセフ協会理事(2016年7月〜)
一般社団法人公立大学協会理事(2017年5月〜2019年5月)
一般社団法人大学コンソーシアム熊本代表理事・副会長(2017年5月〜2019年5月)
くまもとアートポリス建築展2017実行委員会(2017年6月〜2018年2月)
熊本県産業教育振興会顧問(2017年7月〜)
くまもと犯罪の起きにくいまちづくり県民会議・副会長(2017年度~)
熊本市特別職報酬等審議会委員・会長(2017、2018年度)
公益財団法人大学基準協会 大学評価委員会委員(2018年3月〜2020年3月)
熊本県私立学校審議会委員(2018年6月〜2022年6月)

〈講師・講演〉
静岡県清水市老人クラブ連合会清水寿大学講師(1998年2月)
菱和設備(株)幹部社員研修講師(1999年11月)
中・高連携会議助言者(2006年11月)
宮崎公立大学教員研修会講師(2006年12月)
水俣市読書ウィーク講演会「蘆花文学の面白さ」(2008年11月)
菊池市徳冨愛子生誕135周年記念講演会「夫・蘆花が語る徳冨愛子」(2010年2月)
熊本市東部公民館自主講座「古典入門」講師(2010年4月〜)
東京都公園協会「徳富蘆花をしのぶ集い」記念講演会(2010年9月)
熊本県高等学校国語教育研究大会講演「教育と言葉」(2010年10月)
天草市天草・夕陽プロジェクト全体ワークショップ講演(2010年12月)
昭和女子大学日本語日本文学科特別公開授業「熊本での蘆花研究の現在」(2011年6月)
IDEセミナー事例報告「“もやいすと”の育成」(2011年9月)
徳富記念園「蘆花祭」講話(2011年9月)
熊本市幸田公民館自主講座「古典文学」講師(2013年4月〜)
熊本県詩人会総会講演「漱石『文学論』と萩原朔太郎」(2013年6月)
日本キリスト教教育学会第25回学会大会フォーラム発題者(2013年6月)
くまもと県民カレッジ「水俣サテライト教室」第2回講座「蘇峰と蘆花の生き方~兄弟の本当の仲」(2013年11月)
熊本県立第一高校清香会特別講座第5回「熊本洋学校とジェーンズ」(2014年3月)
水俣市「蘇峰・蘆花教室」第3回「英語教師・徳冨蘆花」(2014年10月)
ソウル大学日本研究所現地研修特別講演「日本文学の近代化と反近代の源泉」(2015年1月)
熊本日英協会総会講演「ロンドンの漱石と熊本」(2015年6月)
熊本洋学校勉強会「熊本洋学校と徳冨蘆花」(2015年7月)
熊本県立第一高校清香会特別講座「源氏物語の姫君たち」(2015年10月〜2016年3月)
“SOSEKI”トークス2015「21世紀の漱石」熊本の漱石クイズ(2015年11月)
熊本県立第一高校キャリアガイダンス「夢の架け橋」(2015年12月)
公立大学学長会議シンポジウム パネリスト(2016年10月)
夏目漱石先生来熊120年祭「鼎談 熊本における漱石先生の意外な素顔」(2016年12月)
減災型地域社会のリーダー養成プログラム最終成果報告シンポジウム パネリスト(2016年12月)
博鰵健康フォーラム2017「Health Awareness and Health Care in Japan(日本の健康意識と医療)」(2017年3月)
第48回中四九地区医師会看護学校協議会 特別講演「言葉の力」(2017年8月)
くまもと漱石記念シンポジウム パネリスト(2017年12月)
熊本県立第一高校清香会特別講座第4回「漱石文学と熊本」(2018年1月)
水俣市徳冨蘆花生誕150年記念特別講演会「文学の近代化と反近代」(2018年10月)
熊本県公立高等学校長会70周年記念式典特別講演「漱石と蘆花の心」(2018年11月)
地域貢献分野のジャンル
  【言語・語学】 【文化・文学・歴史】 【教育問題】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【日本文学】 
本人からのメッセージ
  日本人の基幹的文化である「日本語」の分析を通して、日本人の思想・行動の原理を考えてみたいと思っています。
地域貢献についてのメッセージ
  熊本の「文化力」向上に向けて、少しでもお手伝いできることがあるならば幸いです。
E-mail h-hando
URL http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~h-hando/kumade/

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
単著 『日本語基幹構文の研究』 新典社 2018/8 248頁
単著 『日本語助詞の文法』 新典社 2006/6 302頁
単著 『係助詞と係結びの本質』 新典社 2003/9 198頁
単著 『係結びと係助詞 「こそ」構文の歴史と用法』 大学教育出版 2003/9 149頁
共著 歴史言語学の射程 三省堂 2018/11 係結びの体系:pp.151-168
共著 品詞別学校文法講座 第三巻 明治書院 2015/10 学校文法における活用と音便:pp.1-30
共著 ひつじ意味論講座4モダリティⅡ:事例研究 ひつじ書房 2012/6 終助詞とモダリティ:pp.159-177
共著 『西行物語 本文と総索引』 笠間書院 1996/2 391頁
論文
単著 文の類型から見た『草枕』『二百十日』の写生文 文学・語学 第219号 2017/6 pp.161-169
単著 『草枕』の「写生文」の実態 解釈 第61巻11・12号 2015/12 pp.20-30
単著 「が」格の原理 国語国文 第84号第8巻 2015/8 pp.42-56
単著 「二分結合」再考−「二項結合」「二項対等結合」を論点として− 解釈 第60巻第11・12号 2014/12 pp.2-10
単著 述語が承ける連用成分 解釈 第59巻第11・12号 2013/12 pp.2-7
単著 疑問詞に下接する係助詞について 解釈 第58巻第11・12号 2012/12 pp.31-40
単著 疑問文は判断文か 解釈 第57巻第11・12号 2011/12 pp.10-18
単著 主語となる「主体」 解釈 第56巻第11・12号 2010/12 pp.2-8
単著 題目の範囲と真の題目 熊本県立大学文学部紀要第16巻 2010/3 pp.右53-64
単著 題目、題目語とは何か 解釈(解釈学会)第55巻第11・12号 2009/12 pp.11-16
単著 「は」と題目 熊本県立大学文学部紀要第15巻 2009/3 pp.右1-20
単著 「もてあそぶ」の変遷 文学・語学 第191号 2008/7 pp.10-24
単著 現代語助動詞「た」の原理 熊本県立大学文学部紀要第14巻 2008/3 pp.右1-15
単著 万葉集の「は」構文 国文研究(熊本県立大学)第52号 2007/3 pp.10-19
単著 「取り立て」を考える 熊本県立大学文学部紀要第13巻 2007/2 pp.右1-14
単著 「て」の接続機能 国文研究(熊本県立大学)第51号 2006/3 pp.11-21
単著 形容詞述語文の主語の立て方 熊本県立大学文学部紀要第12巻 2006/2 pp.右1-17
単著 「こそ」の機能と解釈のゆれ 平成十七年度 西日本国語国文学会会報 2005/8 pp.17-24
単著 現代語助詞の分類-関係構成機能の観点から- 熊本県立大学文学部紀要第11巻 2005/3 pp.右1-26
単著 並立助詞「と」と「や」の構文上の相違について 文学・語学 第181号 2005/3 pp.42-51
単著 「しか」は係助詞か 国文研究(熊本県立大学)第50号 2005/3 pp.66-78
単著 文末「か」構文の意味的体系 熊本県立大学文学部紀要第10巻第1号 2003/12 pp.右1-20
単著 係結び論の再構築 国語国文 第72巻第5号 2003/5 pp.33-45
単著 「は」構文の成立条件ー「魚は鯛がいい」をめぐって 熊本県立大学文学部紀要第9巻第1号 2002/12 pp.右1-14
単著 係助詞の体系と歴史ー「か・や」構文の再検討を軸にー 国語国文 第71巻第9号 2002/9 pp.24-35
単著 徒然草に於ける「ぞ」と「こそ」の近似性 国文研究(熊本県立大学)第47号 2002/3 pp.1-13
単著 「こそ」構文の形態的変遷−係結びの崩壊に及ぶ− 熊本県立大学文学部紀要第8巻第1号 2001/12 pp.1-19
単著 係助詞の歴史と係結びの本質 国語国文 第70巻第11号 2001/11 pp.24-36
単著 間投助詞から「表情詞」へ−終助詞と間投助詞のカテゴリー再編− 静岡英和女学院短期大学紀要 第33号 2001/2 pp.45-56
単著 「取り立て」の図形的モデル 静岡英和女学院短期大学紀要 第32号 2000/2 pp.33-40
単著 「二分結合」をめぐる「は・も・こそ」と「が」 静岡英和女学院短期大学紀要 第31号 1999/2 pp.71-79
単著 「取り立て」から見た係助詞と副助詞 成蹊國文 第31号 1998/3 pp.46-56
単著 「限定」と「取り立て」の視座 國語國文 第67巻第3号 1998/3 pp.42-53
単著 係助詞の構文と情報伝達 静岡英和女学院短期大学紀要 第30号 1998/2 pp.53-63
単著 「こそ」構文の省略形式−特に「こそ・・・連用形」形式について− 静岡英和女学院短期大学紀要 第29号 1997/2 pp.65-73
単著 「もこそ」考−特殊用法の成立過程− 國學院雑誌 第97巻第10号 1996/10 pp.40-47
単著 古典語および現代語助詞「こそ」の機能−他助詞との相互承接を中心として− 成蹊國文 第29号 1996/3 pp.25-34
単著 所謂「中立叙述」と「総記」について 文学・語学 第147号 1995/8 pp.31-38
単著 感動表現を形成する古典語助詞「こそ」 成蹊國文 第28号 1995/3 pp.51-60
単著 古典語「こそ」の働き−取り立ての観点から− 國學院雑誌 第94巻第6号 1993/6 pp.30-39
単著 「は」助詞代用形としての「も」−「君もしつこいな」という表現をめぐって− 成蹊人文研究 創刊号 1993/3 pp.24-30
単著 古典に於ける慣用句的「こそ」の働き 國學院雑誌 第93巻第11号 1992/11 pp.22-29
学会発表
「二分結合」再考 第46回解釈学会全国大会 2014/8 松本市Mウィング
学生のための防減災教育と「もやいすと」育成 第62回九州地区大学一般教育研究協議会 2013/9 琉球大学
学生参加型授業の検証 第61回九州地区大学一般教育研究協議会 2012/9 大分大学
疑問詞に下接する係助詞について 第44回解釈学会全国大会 2012/8 北海道教育大学釧路校
疑問文は判断文か−「は」構文の場合− 中日韓言語・文化研究国際学術共同シンポジウム2011 2011/8 西安市、陝西師範大学
初年次教育における「もやいすと」育成プログラムの展開 第59回九州地区大学一般教育研究協議会 2010/9 福岡大学
主語となる「主体」 第42回解釈学会全国大会 2010/8 皇學館大學
題目の範囲と真の題目 全国大学国語国文学会 2009/12 青山学院大学
題目、題目語とは何か 日中言語文化研究国際シンポジウム2009 2009/8 南京市、南京大学
日本語助詞「は」と題目 熊本県立大学・祥明大学校学術フォーラム 2008/9 韓国天安市、祥明大学校
翫・玩・弄の和訓、語義など 日中言語文化研究国際シンポジウム 2006/8 北京市、中国社会科学院
「こそ」の機能と解釈のゆれ 西日本国語国文学会 2004/9 熊本学園大学
「しか」は係助詞か 熊本・大学国語国文学会 2004/1 熊本大学
終助詞と間投助詞のカテゴリー再編 日本語用論学会 1998/12 関西外国語大学
「こそ」構文の省略形式−特に「こそ・・・連用形」形式について− 全国大学国語国文学会 1996/10 新潟大学
係助詞と副助詞−取り立てをめぐる問題として− 国語学会 1996/10 愛媛大学
辞典
共著 日本語大事典 朝倉書店 2014/11 係助詞、係り結び、副助詞
共著 日本語文法事典 大修館書店 2014/7 コソ
共著 五十音引き 漢和辞典 講談社 1997/10 分担執筆
その他
単著 〔書評〕熊本日日新聞社編『手記 私と熊本地震』 熊本日日新聞2018年9月9日付朝刊 2018/9 7面
単著 蘇峰と、漱石と、蘆花の三角形(トライアングル) 総合文化誌KUMAMOTO 第20号 2017/9 pp.58-62
単著 〔書評〕川村大著『ラル形述語文の研究』 日本語の研究 第10巻2号 2014/4 pp.55-61
単著 熊本洋学校の教育-ジェーンズと、蘆花と、熊本英学校- キリスト教教育論集 第22号 2014/3 pp.62-66
単著 学生のための防減災教育と「もやいすと」育成 第62回九州地区大学一般教育研究協議会議事録 2014/3 pp.115-120
単著 防減災と大学の役割 安全と健康 第65巻第3号 2014/3 pp.31-34
単著 学生参加型授業の検証 第61回九州地区大学一般教育研究協議会議事録 2013/3 pp.134-140
単著 熊本での蘆花研究の現在 文彩(熊本県立大学)第8号 2012/3 pp.1-4
単著 初年次教育における「もやいすと」育成プログラムの展開 第59回九州地区大学一般教育研究協議会議事録 2011/3 pp.187-193
単著 「お敏君」は「愛子」か−『思出の記』のモデル− 文彩(熊本県立大学)第7号 2011/3 pp.32-35
単著 蘆花のなかの徳冨愛子 -夫が語る妻の形容- 熊本県立大学大学院文学研究科論集 第3号 2010/9 pp.1-13
単著 (紹介)東洋英和女学院所蔵「徳冨愛子」関連資料 国文研究(熊本県立大学)第55号 2010/4 pp.52-56
単著 山田孝雄『国語学史』・『国語学史要』 日本語学の読書案内(日本語学 第26巻第5号) 2007/4 pp.78-80
単著 大学における現状と問題点 文学・語学 第185号(創立50周年記念号) 2006/6 pp.89-90
共著 漱石の記憶 熊日出版 2018/12 なぜ三四郎は熊本人でないのか:pp92-94
共著 女性・ことば・表象-ジェンダー論の地平 大阪教育出版 2017/9 徳冨蘆花の女性表象:pp.31-45
共著 蘇峰の時代 熊本日日新聞社(熊日新書) 2013/11 第四章:蘇峰と蘆花:pp.78-101
共著 平成22年 国語国文学界の動向 文学・語学 第203号 2012/7 近代語現代語研究の動向:pp.83-86
共著 ジェーンズが遺したもの 熊本日日新聞社(熊日新書) 2012/3 ジェーンズと徳冨蘆花:pp.119-137
共著 くまもとの紫のはなし 熊本日日新聞社(熊日新書) 2011/11 第一章:蘆花の紫、紫雲英、紫苑会の命名者、第二章:西行物語の紫、第三章:紫苑は「しをに」
共著 至宝の徳冨蘆花 熊本日日新聞社(熊日新書) 2009/6 『不如帰』の人物造型:pp.159-175
共著 学士課程教育の改革と公立大学(うち「教員と職員の協働関係の確立へ向けて」) 公立大学協会 2009/3 pp.29-31
その他 シンポジウム「文学は生きているか−断崖に立つ文学研究−」(記録) 熊本県立大学大学院文学研究科論集 第6号 2013/9 pp.1-44
その他 教育と言葉(講演録) くまもと国語研究紀要(県高等学校教育研究会国語部会)第45号 2011/10 pp.5-25
その他 シンポジウム「日本語日本文学研究の未来」(記録) 熊本県立大学大学院文学研究科論集 第1号 2008/9 pp.3-47