研究者情報

教授   高埜 健  TAKANO Takeshi
1960/7/29生まれ
性別:男性

所属 総合管理学部  総合管理学科
最終学歴 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程(政治学専攻)単位取得満期退学(1989年3月)
学    位
法学修士1986年3月
職    歴 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス設置準備委員会助手(1988年10月〜1990年3月)
慶應義塾大学総合政策学部助手(1990年4月〜1992年3月)
(財)日本国際交流センター嘱託研究員(1992年4月〜1993年3月)
熊本女子大学講師(学長室付)(1993年4月〜1994年3月)
熊本県立大学総合管理学部助教授(1994年4月〜2006年3月)
マレーシア戦略国際問題研究所 訪問研究員(2001年9月〜2002年8月)
熊本県立大学総合管理学部教授(2006年4月〜)
専門分野
国際関係論Theory of international relations
東南アジア地域研究
授業科目
国際関係論、アジア地域論、国際関係の基礎、国際システム論、現代の国際関係、演習<大学院>国際関係論特殊講義
主な研究テーマ
 
(広義の)東アジアをめぐる地域協力・地域統合
国際関係理論の変容
東アジアにおける青少年・文化交流活動、その理論構築と実践
学会での活動状況
  アジア政経学会、日本国際政治学会、慶應法学会
社会での活動状況
  日本青年国際交流機構(IYEO)会員(1981年〜現在に至る)
地域貢献分野のジャンル
  【地域・社会】 【教育問題】 【行政】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【国際交流】 【外国語教育】 【地域づくり】 
本人からのメッセージ
  大学2年生のときに参加した国際交流事業で東南アジアに魅せられて早ン十年。そのときの印象は私が子ども時代の日本の原風景。しかし、この30年の間にアジアは急速に発展を遂げた。もちろん、まだまだ脆弱な部分は残っているものの、このままでは日本が逆に取り残されていくのではないかという危機感すら感じている。東アジア性を強く持つ九州の一角から、学生諸君とともにGlocalに考え、行動したい。
E-mail takano

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
共著 『日米同盟論』 ミネルヴァ書房 2011/11 第14章「ASEAN地域フォーラムと日米同盟」pp.385-415.
共著 『東南アジアからの問いかけ』 慶應義塾大学出版会 2009/11 第4章「東アジアという地域秩序」pp.121-148.
共著 『越境』(現代アジア研究 第1巻) 慶應義塾大学出版会(アジア政経学会50周年記念出版) 2008/12 第7章「海賊――越境犯罪と安全保障問題のはざまで」(169-191)
共著 『海域アジア』(関根政美、山本信人編) 慶應義塾大学出版会 2004/6 第3章「海域アジアの安全保障――海賊問題をめぐる地域協力を中心に」 (63-89)
共著 『新千年紀のパラダイム――アドミニストレーション』(熊本県立大学総合管理学部創立10周年記念論文集) 九州大学出版会 2004/5 下巻「国際関係論からの『地域』試論――九州・沖縄と東南アジア」 (265-292)
共著 『国際機構の政治学』(高杉忠明編著) 南窓社 2003/4 第4章「東南アジアにおける地域統合と広域地域協力――拡大・深化するASEANをめぐる国際関係」(77-107)
共著 『東南アジア政治学――地域・国家・社会・ヒトの重層的ダイナミズム』(補訂版) 成文堂 2001/12 第2章「地域国際関係とリージョナリズム」(43-102)、第5章「暴力・開発・人権」(190-219)
共著 Road to ASEAN-10: Japanese Perspectives on Economic Integration (edited by Sekiguchi Sueo and Noda Makito) Singapore: Institute of Southeast Asian Studies; Tokyo and New York: Japan Center for International Exchange 1999/12 "The ASEAN-10 and Regional Political Relations" (Chap. 2, 16-36)
論文
単著 南シナ海紛争をめぐる地域政治と大国間政治 総合管理学会『総合知の地平』(総合管理学部創設20周年記念論文集) 2014/12 pp. 57-80.
単著 東アジア地域主義とは何か――日本にとってのインプリケーション 『アドミニストレーション』(熊本県立大学総合管理学会)18巻3・4合併号 2012/3 pp.221-257.
単著 「東南アジアにおける多国間主義――地域安全保障の観点から」 『国際政治』(日本国際政治学会)第133号「多国間主義の検証」 2003/8 76-92.
単著 「ASEANの実力――国際影響力の観点から」 『海外事情』(拓殖大学海外事情研究所)第49巻第3号 2001/3 2-19
その他
単著 「ASEANが目指す『東アジア共同体」』」 『エコノミスト』(毎日新聞社) 2007/3 50-53.
その他 書評 Alice D. Ba, (Re)Negotiating East and Southeast Asia: Region, Regionalism, and the Association of Southeast Asian Nations 『アジア研究』(アジア政経学会)vol.55, No.4. 2009/10 76-80.