学術情報メディアセンター 語学教育部門

TOEIC® IP(団体特別試験)よくある質問

Q1.TOEIC®公開テストとTOEIC®IP(団体特別試験)の違いは何?

なお、TOEIC® IP(団体特別試験)では公開テストで発行される「Official Score Certificate」(公式認定証)は発行されません。TOEIC® IP(団体特別試験)の結果の有効性は通常、公開テストと同等に判断されますが、スコア提出を求められている場合は提出先に確認しましょう。

Q2.TOEIC®公開テストとTOEIC®IP(団体特別試験)のスコアは同じレベル?

どちらのテストを受験してもスコアの有効性に違いはありません。(TOEIC®公式ホームページより)
しかし、TOEIC® IP(団体特別試験)には「Official Score Certificate」(公式認定証)が無く、顔写真も付いていないこと、また過去に公開テストで使用した問題を一定期間あけて再利用しているといった点から、本試験とは異なり模擬試験として取り扱う考え方もあります。
履歴書に記入する場合には、提出先である官公庁や企業などから顔写真つきの公式認定証の提出を求められる場合もありますので、TOEIC® IP(団体特別試験)のスコアが有効かどうかは、必ず提出先に確認してください。

Q3.LLCでTOEIC®公開テストは申し込めるの?

LLCでは TOEIC® 公開テストの受付はしていませんが、コンビニ端末、インターネットなどで申し込めます。
熊本での試験会場は熊本YMCA中央センターや熊本大学などで、本学では実施されません。