[熊本県立大学] 飯村研究室 (飯村伊智郎) | 知能情報学

〔専門演習Ⅰ〕 ITと知能|情報科学で私たちの社会・日常生活を豊かにしよう

  • 本ゼミでは,ゼミ生同士が切磋琢磨しながら,アイディア(考え)カタチにし,人間とコンピュータとが豊かに共存し,安全で安心できる快適な社会の実現を目指して活動しています.最近の研究テーマはさまざまであり,カタチ化する情報メディアは特に問いません.研究テーマ例は,次の通りです(■:3年次,●:4年次).
  • スマホ向けアプリ・ウェブ開発や電子書籍制作(共同研究先:南小国町,日赤熊本健管センター,錦町)■●
  • 社会・企業が抱える課題解決に向けたムービー(映像)制作(共同研究先:熊本電鉄,日赤熊本健管センター,熊本県警)■●
  • 地域貢献を念頭においたワークショップの企画運営(例:高校生向けアプリ開発・ムービー制作ワークショップなど多数)■●
  • 地域学習を指向した教材開発(共同研究先:南小国町)■●
  • 人間とコンピュータとの豊かな共存を目指したヒューマン・インタフェースの研究(例:ヒトの感情識別やカラダでPCを操作する研究など多数)●
  • 人工知能(AI)の研究(例:遺伝や免疫の仕組みなどに倣った進化計算,アリやハチ,トリ,魚の行動などに倣った群知能など多数)●

wii_00.pngwii_01.jpgwii_02.jpgDSC_5709_web.jpg
icon_mog-7074.pngicon_deliv-7217.png1888983_808381525842631_496068247_o_web.jpgkumamon_web.jpg
pasted-image-small-1738_web.pngpasted-image-small-1732_web.pngshiina_nonaka_web.pngIMG_3285-465_web.jpg

クリックで拡大します.

(これらは一例であり,他にも多数あります.)
  • 予備知識が少なくても,グループや個人の研究活動を通して,アイディア(考え)をカタチにする力IT力プレゼン力などが自然に身につき,学年を越えた繋がりを重視し自分を成長させる機会の多いゼミです.ここ数年,ゼミ生が毎年表彰を受けたり新聞や雑誌,テレビ,ラジオに取上げられたりしています.
  • 就活ではゼミ活動の経験が評価される場面も多く,卒業生は,情報系企業はもちろん,放送・出版,流通,旅行,銀行,生保,公務員,進学など(順不同)幅広い分野で活躍しています.

世の中に役立つアプリ課題解決に向けたムービー(映像)を作ってみたい人プログラミング人工知能(AI),生物・植物センサー芸術デザインイラストファブなどに興味がある人,PCウェブデジタルガジェットが好きな人,新しいコト挑戦したい人,熱意行動力がある人,達成感充実感を得たい人など,私たちと共に研究活動に励み大学生活を有意義なものにしていきましょう.

参考: プログラミングを学ぶことの価値がトコトン分かるビデオ [217.3MB](学内専用)

2017年度〔専門演習Ⅰ〕の募集はありません.
2018年度〔専門演習Ⅰ〕の募集は予定されています.

尊敬する恩師の言葉(学生へのメッセージ)

大学では,「これは面白い!」という学問をぜひ見つけてほしい.そして,大学院では,専門に偏らないで,広く深く研究してもらいたい.

尊敬する恩師が大切にしている言葉

有教無類
【教え有りて類(ルイ)無し】と読みます.『論語』衛(エイ)霊公(レイコウ)篇にある言葉で,【人は教育によってどうにでもなるものであって、生まれたときから差があるわけではない】,と言う意味です.

有志で発足したサブゼミのウェブサイト(メンバー,活動内容,実績など)

飯村ゼミ活動紹介ムービー

研究・開発活動の一環でゼミ生が制作したウェブサイト(これらは一例であり,他にも多数あります.)

  • 県内観光事業発展を目的とした音・映像配信に関する研究 〔KumaScape(くますけーぷ)新KumaScape(しんくますけーぷ)
  • 熊本にゆかりのある偉人を対象とした多角的検索が可能な情報提供システムに関する研究 〔すごかもん新すごかもん
  • 熊本市内の小学生を対象とした防災意識・知識の向上を目的とする事前学習サイトに関する研究 〔クマボウネット
  • 募金意欲の向上を指向した募金情報システムに関する研究 〔Deliveard(デリバード)
  • 小学生を対象とした防災意識向上のためのアプリケーション及び電子書籍に関する研究 〔ぷれぱれ ~防災学習の時間~
  • 高校生を対象にしたモーションセンサーを用いたワークショップ 〔SKPUK(すくぷく)
  • 熊本県内の各地域に伝わる説話を対象とした読み聞かせシステムに関する研究 〔くまがたり
  • 高校生を対象としたアプリケーション開発体験ワークショップ 〔Make Apps!
  • 産学官連携による南小国町役場の抱える問題解決を目的としたスマートフォン向けアプリケーションの開発に関する研究 〔もぐぺーじ
  • 高校生を対象としたプログラミング体験型ワークショップ 〔e-Motions
  • 先端ICTを活用したモノづくりハンズオン 〔Fabs ON!
  • 南小国町のゆるキャラ「きよらスキー」を活用した小学生の郷土愛を育むための教材に関する研究 〔もぐのこ
  • 錦町の抱える問題解決を目的としたAR(拡張現実)の活用によるスマホ向けアプリの開発に関する研究 〔にしきゃめら
  • 映像メディアの制作活動を通したメディアリテラシーの向上を図るワークショップ 〔i'M
  • 南小国町の抱える課題解決を目的とした全天球カメラを用いたウェブサイトの制作及びARの活用によるスマホ向けアプリの開発に関する研究 〔もぐネット
  • 高校生を対象としたロボットプログラミングによる体験型ワークショップ 〔GLOW UP
  • 最先端ツールを用いたLINEスタンプ制作ワークショップ ~ITを通してアイディアをカタチに~〔iCreate ~アイディアをカタチに~