本文へスキップ
HOME 植物資源学研究室 最近の研究課題 研究室志望の方へ メンバー 授業のお知らせ
イメージ写真1
食・農業・環境について、一緒に考えてみませんか?
発表者(博士・修士・学部)
2010年度

博士
川信 修治    
研究課題:イチゴ果実の品質に関する研究 

修士
稲田 達則   
研究課題:ナス属植物Solanum toxicarium Lam.における青枯病菌の変異

学部

石原 雄介  
研究課題:栽培環境条件の違いがエンサイの生育と含有物質に及ぼす影響
宇野 陽介  
研究課題:青枯病菌Ralstonia solanacearum非病原性変異株による青枯病の生物的防除

工藤 久美子  
研究課題:青枯病菌Ralstonia solanacearumの変異の要因について
坂井 奈穂 
研究課題:ナスのアントシアニン発現と遺伝に関する研究

佐藤 和  
研究課題:OJIPクロロフィル蛍光によるトマトの植物体の環境ストレス診断

白濱 美菜  
研究課題:ミズナの低硝酸化を目的とした施肥法の検討

田尻 華子  
研究課題:保育所における食育の現状

松岡 良美   
研究課題:ナスの新種アントシアニンの解析
守田 美香   
研究課題:ミズナの高品質化を目的とした施肥法の検討

2009年度

修士
小野 麻貴子  
研究課題:塩ストレスがトマトの機能性成分に与える影響
〜塩ストレスが引き起こすアスコルビン酸含有量の変化と光・温度環境との相互作用〜

学部

小川晃一郎  
研究課題:青枯病に関する研究

梶原 真悟  
研究課題:トマトの塩ストレスに関する研究

北崎 恵里  
研究課題:青枯病に関する研究

関山 敦子  
研究課題:青枯病に関する研究

田中 朋佳  
研究課題:野菜の酵素的褐変に関する研究

道本奈緒美  
研究課題:ミズナの硝酸イオンに関する研究

本田 智巳  
研究課題:ナスの機能性成分に関する研究

中村 唯   
研究課題:ミズナの食味と貯蔵性に関する研究

 2008年度

修士    
藤吉 智裕   
研究課題:無菌栽培したナスの非断根接種処理による青枯病抵抗性誘導とその評価

学部

荒木 友里   
研究課題:青枯病菌 Ralstonia solanacearum の変異菌によるナス属植物への抵抗性 誘導
稲田 達則   
研究課題:抵抗性ナス属植物 Solanum toxicarium における青枯病菌の変異 
今坂 友香   
研究課題:無菌栽培した罹病性ナスへの非断根接種による青枯病抵抗性誘導
奥田 敦子   
研究課題:トマトにおける r アミノ酪酸(GABA)の役割に関する研究
  〜ストレスがトマト葉と根のGABAに与える影響とGABAによる塩ストレスからの回避の可能性〜 

村山 議顕   
研究課題:栽培時期と施肥量の違いがミズナの硝酸イオン濃度に及ぼす影響

市原 祐美子  
研究課題:施肥量の違いによる硝酸イオン濃度がミズナの機能性成分に及ぼす影響について

上 真里恵 
研究課題:施肥量の違いがミズナの硝酸イオン濃度と食味に及ぼす影響