開催日:2019-11-16 終了日:2019-11-16

第12回祥明大學校・熊本県立大学学術フォーラム

「ことばと社会をつなぐ言語教育・研究」を

開催します!

 

言語教育の中に取り入れていく題材(コンテンツ)について、また、言語教育・研究が社会に対して与えうるインパクトについて考えていきます。今、社会に出たときに求められる語学力とはどのようなものでしょうか。 ことばを学習していくときにどのような内容を取り入れていけば良いのでしょうか。ことばを学ぶ・ことばを研究するツールにはどのようなものがあるのでしょうか。実践例・研究例を紹介し共に考えていきます。

 

 

 

1 日 時 : 令和元年(2019年)11月16日(土)13時30分~17時00分

2 主 催 : 熊本県立大学文学部

3 場 所 : 熊本県立大学中ホール(熊本市東区月出3-1-100)

4 参加費 : 無料(どなたでも参加できます)

5 内容 

【開式】

【発表】

発表 Part I

1.CLILと祥明大學校での授業例

   飯干和也(祥明大學校准教授)

   コメンテーター:馬場良二熊本県立大学教授)

2.Communication-Globalization-Collaboration: Going beyond traditional approaches in  

    language education toward active learning

   武上富美(熊本県立大学講師)

   コメンテーター:虹林慶(熊本県立大学教授)

発表 Part II

3.Analysis of Core Competence in Workplace English- In the Context of English Proficiency 

    Graduation Certification and National Competency Standards in Korea

   Cho, Soon Jeong (祥明大學校准教授)

   コメンテーター: Richard Lavin(熊本県立大学教授)

4.消滅危機言語を書くための基本的なツールの作製

   小川晋史(熊本県立大学准教授)

   コメンテーター:米谷隆史(熊本県立大学教授)

【質疑応答】

【開式】

チラシはこちら

 

 

 

 

          ※ 詳しくは、別添チラシ、ポスターをご参照ください。

〒862-8502 熊本市東区月出3丁目1番100号

     熊本県立大学文学部 吉井 誠

または英文資料室 096-321-6616

TEL:096-383-2929(代)内線362、403

FAX:096-383-3496

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 文学部

TEL 096-383-2929 / (FAX)096-383-3496

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター