2020-09-29

 令和2年(2020年)9月29日、熊本日日新聞社による協力講座「マスメディア論」(後期15回、火曜3限)が開講されました。

 開講に先立ち、総合管理学部の津曲隆教授から協力講座の趣旨などについて説明があり、株式会社熊本日日新聞社編集委員の野口和紀講師が教壇に立たれました。

 

(野口講師)

 

 まず、野口先生は熊本日日新聞社の概要やご自身の経歴などを紹介されました。次に、授業では、取材や執筆体験を通して、情報収集の仕方や情報を的確にまとめる文章力、メディアリテラシーを培うほか、グループワークでは他者と連携して物事を進めていく力を養ってほしいと話されました。

 

(授業風景)※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため3密に留意した授業形態

 

 その後、直近の県内ニュースについて触れ、社会の動きは日々の生活に密接に絡むため、授業をきっかけにニュースに敏感な姿勢も身に着けて欲しいと強調。新聞を教材として活用する理由として、幅広い分野を網羅する情報の基盤であり、記事は文章の参考になることなどを説明されました。受講学生は、今後の講義の中での様々な体験を通して、情報を見極める力や表現・発信する力、コミュニケーション能力など、貴重な能力を培っていけることと思います。

 

※本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止として受講生を1年生20名に絞っています。

 

【協力講座とは】

 本大学では、「地域に生き、世界に伸びる」をスローガンとして、地域実学主義に基づく教育を学生に提供するための各種取り組みを行っています。

 この一環として、企業の持つ実践的知識を学生に提供する機会を設けることを目的に、平成19年度から企業などと協定を締結し、協定先の企業などが本学の正規の授業について担当する「協力講座」を実施しています。

 

【令和2年度(2020年度)開講の協力講座企業名】

九州電力株式会社 熊本支社

西日本電信電話株式会社 熊本支店

株式会社熊本日日新聞社

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 事務局 教務入試課教務班

TEL 096-383-2929 / (直通)096-321-6609 / (FAX)096-383-2364

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター