2020-11-06

環境共生学部の友寄博子准教授が「第1回フードテックグランプリ」で

吉野家賞を受賞しました。

 

環境共生学部環境共生学科食健康環境学専攻の友寄博子准教授が、令和2年(2020年)10月に開催された「第1回フードテックグランプリ」において「インスリン代替製剤とその応用」と題した内容を発表し、その研究および発表内容が評価され、吉野家賞を受賞しました。

 

■受賞年月日

令和2年(2020年)10月17日

■研究題目

「インスリン代替製剤とその応用」

■研究概要

熊本県が面している有明海は海苔の日本一の漁場である。しかし、海苔の消費量は減少傾向にあり、廃業する地域も出てきている。そこで、海苔の健康機能性の一つである抗糖尿病効果に着目して海苔の高付加価値化を目指して研究を行った。糖尿病の治療に欠かせないインスリンは皮下注射によって投与されるのが一般的であり、その患者負担は大きい。我々の研究では経口摂取可能なインスリン様成分を食品成分から分離することを目的に研究を行ってきており、海苔にその成分が含有する可能性が明らかになってきた。この研究成果が実用化されることで、海苔の有効活用が進み、地域活性化にもつながるものと期待している。

■受賞にあたって一言

全国から選ばれた企業や研究者がエントリーされていた中から本研究を選んでいただき大変うれしく思います。このような素晴らしい賞を受賞できたのは、これまで熱心に研究に取り組んでくれた研究室の皆さんのおかげと思います。今後も様々な支援を受けながら実用化に向けて研究を進めていきたいと思います。

表彰1 表彰2

詳細は株式会社リバネスのウェブサイトをご覧ください。

 

https://techplanter.com/2020/10/19/ftg2020/

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 環境共生学部

TEL 096-383-2929 / (FAX)096-384-6765

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター