2020-12-11

 令和2年(2020年)11月17日(火)本学客員教授であり初代理事長の蓑茂壽太郎先生(熊本市都市政策研究所長)をお招きし、新熊本学「地域社会と協働」で公開する、特別講義の収録を行いました

 

 今年度新熊本学においては、covid-19の影響により多くの方に遠隔による御講義をお願いしております。今回,蓑茂先生からは、covid-19と今年7月の球磨川水害を踏まえ今、私たちが考えるべきこと、また、学ぶべきことについて「現代社会と環境思考」と題してお話をいただきました。

 先ず、外山滋比古氏の『思考の整理学』(1983)から引用され、過去を踏まえて考えることが大切であり、知識を蓄えただけではだめ、学び考え行動に変えていくこと、そして(先のわからない)未来を考えることの大切さをお話しされました。西暦1666年のロンドン大火から始まり、これまでの環境問題とパンデミックとのかかわりを話される中で、特に変化への対応を通して強い種が残るのではなく、強い弱いにかかわらず、変化に対応できた種が残る、ダーウィンの進化論を説明いただきました。

  次に、近代化の中で環境問題がどう捉えられてきたのか、フロンティア開発やナショナルトラスト運動など欧米の事例と近代日本の自然保護について九州を例にお話いただき、また、環境問題を通して公共の担い手が行政から市民へ変化した経緯を述べられました。

  講義後半、先生からは「環境問題は人口増・経済成長と密接につながっていること、今年の線状降水帯もヒートアイランドという環境問題であること、メガロポリス型の巨大都市を帯状に並べるのではなく、環境の良いところに人が集まるという新しい都市づくり」などについて述べられ、そして、地域に支持されないことには始まらない、美活同源として「美しい環境を作り、そこに人が集まる」という、Design  With  Ecologyについて話をされました。

 最後に今、取り上げられているSDG' sの考え方と同様に、耕しながら水を溜める段々畑を例にデザインを自然に沿わせることで持続性のある開発目標となること、そのためにも地域を学ぶ必要性があること、また、地域は既に、自然科学、社会科学、人文科学など学ぶことの宝庫であり、本学には垣根を低くして学びあえる環境があるので、県内の特定地域について深く学ぶことを薦められ、講義のまとめとされました。

 

 学生からは、課題レポートを通じて、「変化への対応を通して物事は進化すると聞いて新型コロナウイルスとともに生きていかなければならないという現実を改めて実感した。」「多くの環境問題が起きているという課題を発見し、その原因を究明し、そしてそれを解決するための方法を考えるというプロセスがとても大切であることに改めて気づいた。」「経済と環境は対立するものではなくどちらも両立させることができるというのが印象に残った。」「公共の担い手は行政だけでなく、私たち市民も考える必要があるということで、もっと関心を持っていこうと思った。」など、新たな気づきと学修の動機づけに繋った感想が寄せられました。

 

  【「新熊本学」について】  本学では、理論と実践の総合性を志向しており、フィールドワークや県内企業経営者等による講義を通じ、理論だけでは得られない総合的な学習を講座として「新熊本学」を開設しています。

 

  【新熊本学「地域社会と協働」について】  私たちが住んでいる地域社会では、少子高齢化・人口減少・自治体の財政悪化など、解決すべき様々な課題が存在します。本講座では、県や市町村などの行政機関やNPOなどで活躍する方々を講師としてお招きし、実際の活動についてお話しを聞くことで、地域における協働の理論と実践を学びます。

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 事務局 教務入試課教務班

TEL 096-383-2929 / (直通)096-321-6609 / (FAX)096-383-2364

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター