2017-08-04

 熊本県立大学では、本学の五百旗頭 真(いおきべ まこと)理事長をコーディネーターとし、田中均(たなか ひとし)㈱日本総研国際戦略研究所理事長、白石隆(しらいし たかし)JETROアジア経済研究所長、高原明生(たかはら あきお)東京大学教授という、外交・国際関係の第一人者を熊本にお招きして、標記シンポジウムを以下のとおり開催しました。

 当日は、本学学生のほか、県内外から約700名もの御来場があり、動乱の時代の転換点を迎える世界情勢と進むべき日本の針路について、最新かつ重厚な御発言があり、みな熱心に耳を傾けておられました。

○ 開催日時; 平成29年7月29日(土)午後1時~4時

○ 場  所; 熊本ホテルキャッスル2階キャッスルホール
  ※ 当日のプログラムはこちら

  まず半藤学長から、続いて共催団体である熊本日日新聞社河村社長及び蒲島熊本県知事から挨拶がありました。

 基調講演では、田中均㈱日本総研国際戦略研究所理事長から、変化する国際情勢への対応が迫られている日本について「多様な意見を基にした創造的な外交が必要だ」との御意見をいただきました。 

 続いてパネルディスカッションでは、白石隆JETROアジア経済研究所長から、「何をするか分からないトランプ政権は頼りにならない。東南アジア各国が日本に望むのは、『せめて日本は安定を保ち、日中関係をきちんとマネジメントしてくれ』ということだ」と語り、一方高原明生東京大学教授からは、「最近の中国には冷静に議論できる人も増えている、国際ルールを共有するため、公の議論を重ねる『公論外交』を進めるべきだ」と訴えました。


 最後にコーディネーターである五百旗頭熊本県立大学理事長から、「日本は、20世紀の教訓を生かし、米中という二つの大国との関係について、日米関係については今後も継続した同盟国として、また日中関係については相互利益をもたらす協商関係を構築していくことが不可欠」とのまとめがあり、パネルディスカッションを閉会しました。

 

 

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 事務局 企画調整室

TEL 096-383-2929 / (直通)096-321-6604 / (FAX)096-384-6765

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター