2017-11-27

 

 11月13日(月)から16日(木)にかけて、半藤英明学長とリチャード・レイヴィン文学部英語英米文学科長が、蒲島郁夫熊本県知事らとともに米国・モンタナ州を訪問しました。

 

 

州知事公邸にてスティーブ・ブロック・モンタナ州知事と(右が半藤学長、左がレイヴィン学科長)

 

 今年は、熊本県とモンタナ州が姉妹提携を結んで35周年の節目の年になります。本学においても、1997年にモンタナ州立大学(Montana State University)と協定を締結し、学生や教職員が相互に留学・訪問し、交流を行ってきました。現在も2名の学生が交換留学生としてビリングス校で貴重な経験を積んでいます。

 

モンタナ大学国際交流部門のスタッフとの意見交換の様子

 

 今回の訪問では、半藤学長とレイヴィン学科長は、35周年記念式典等関連行事に出席するとともに、モンタナ大学(University of Montana)とモンタナ州立大学を訪れ、さらなる交流の発展について関係者と意見交換を行いました。

 

  

モンタナ大学のシイラ・スターンズ暫定学長と    モンタナ州立大学のワデッド・クルザード学長と

モンタナ州立大学ビリングス校のロン・ラーセン暫定学長(右から2人目)とポール・フォスター国際部長(一番左)と

 

  また、訪問先のミズーラ市、ヘレナ市、ボーズマン市のいずれも、モンタナならではの自然の美しさや治安の良さ、人々の優しさを実感することができました。 

 今後いっそう熊本県とモンタナ州との友好関係が発展するとともに、本学からもより多くの学生がモンタナを訪れ、またモンタナからも多くの学生が本学を訪れることを期待します。

 


<<本学学生の皆さんへ>>

 現在、モンタナ州立大学ビリングス校冬期英語研修(H30年2月予定)の参加者を募集中です!詳しくは学生支援課にて配布中の資料をご覧ください。
 その他留学に関する相談も随時受付けています。お気軽に学生支援課にお尋ねください!


 

*** モンタナの風景 ***

~モンタナ大学(ミズーラ市)のキャンパスとスタジアム~

 

~モンタナ州立大学(ボーズマン市)のキャンパスとロッキー博物館~

 

~モンタナ州都・ヘレナの街並み~

 

~ボーズマンの街並み~

 

 

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 事務局 学生支援課

TEL 096-383-2929 / (直通)096-383-7896 / (FAX)096-383-2364

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター