2018-01-09

 本学総合管理学部藤井ゼミでは、3年生の活動の一環として「ゼロから1を創る」ことを学ぶために、ビジネス・プランコンテストに参加しています。
 このたび、総合管理学部総合管理学科3年林田侑也さんが、熊本県オープンビジネスコンペティション2018主催 第4回崇城大学ビジネスプランコンテストにおいて準優勝と「ドーガン賞」「ポート賞」「QBキャピタル賞」を受賞しました。
 この大会は、起業を目指す若者を対象としたビジネスコンテストです。未来の起業家である若者が考えた独自のビジネスアイデアを事業計画書に落とし込み、プランの実現と起業を目指すものです。76チームの応募の中から1次予選で30チームが選抜され、さらに2次予選を勝ち抜いた8チームが最終選考に残りました。
 日本を代表する投資家・起業家などの外部審査員が「市場性」「収益性」「独創性」「実現可能性」「プレゼンテーションの内容」の5つを審査し、各賞の受賞チームが決定しました。

主催者     熊本県オープンビジネスコンペティション2018
(第4回崇城大学ビジネスプランコンテスト)
開催日時     平成29年12月16日(土) 13時~18時
受賞者名     林田侑也(総合管理学部総合管理学科3年)
「クラフトビールを身近に感じ楽しむアプリ」
受賞した賞     準優勝、「ドーガン賞」「ポート賞」「QBキャピタル賞」

 

 
     
 
     

 なお、受賞は叶いませんでしたが、藤井ゼミからは4プランが二次審査を受け、総合管理学部総合管理学科3年豊永雅章さんもファイナリストとして難関を潜り抜け、最終発表をしました。
以下が二次審査を受けた学生です。

豊永雅章(二次審査通過)
改原鵬

林田侑也(準優勝、「ドーガン賞」「ポート賞」「QBキャピタル賞」)

武富将太 高山将崇


第4回崇城大学ビジネスプランコンテストの受賞者など詳細は以下のURLからご覧ください。
http://www.sojo-v.com/archives/3930

 また、12月8日(金)に開催された第17回 大学発ベンチャー・ビジネスコンテスト(九州ニュービジネス協議会主催)においても、総合管理学部総合管理学科3年中村雪乃さんが書類審査を通過しました。53プランあった応募のうち、21プランが二次審査に進み、中村さんは二次審査でプレゼンテーションを行いました。惜しくも二次審査を通過できませんでしたが、健闘し、未来への大きな一歩となりました。

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 総合管理学部 准教授 藤井資子

TEL 096-383-2929 / (FAX)096-384-6765

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター