2018-04-25

総合管理学部 ・ 飯村研究室の学生らが

熊本方言学習用電子書籍およびアプリを公開! 

 

 本学総合管理学部情報部門飯村研究室(知能情報学研究室)の学生らが、日本語非母語話者を対象に、熊本の方言を学習する機会の提供を目的として、電子書籍「話してみらんね さしより!熊本弁」およびアプリ「さしより!熊本弁」を開発しました。

 この電子書籍およびアプリは、熊本で暮らす日本語非母語話者である方々に、日常会話の中で多用される「熊本方言」を学習いただき、それを会話の中に取り入れることで、より熊本の生活に順応いただくことを目的として開発されました。学習者は、フォーマル学習向けとして開発された電子書籍を用いて、授業等で日本語教師と共に学習した後、アプリを用いて一人でいつでもどこでも復習が行えます。

 開発にあたっては、飯村研究室の学生らが企画から設計、デザイン制作までの一連のプロセスを担当しました。また、本開発は「話してみよう!熊本弁」プロジェクトメンバーである本学文学部日本語日本文学科の馬場良二教授と、大庭理恵子氏、島本智美氏により、熊本方言に関する各種データや助言を頂きながら進められました。

 なお、今回開発した電子書籍はiBooks Storeから、アプリはApp StoreとGoogle Playから無料でダウンロードすることができます。

 

■開発者  

総合管理学部情報部門 

 飯村研究室(知能情報学研究室)    

 楠口志織、宇佐圭輔、木下和泉、德永里彩子、野中美海、松田結衣、光永幸祈、   

 柳田遥香、吉嵜有美、松本奈津美、山野仁美、切通優希

 

■電子書籍およびアプリのスクリーンショット  

(A) 電子書籍「話してみらんね さしより!熊本弁」

                   
表紙   学習内容の例(1)   学習内容の例(2)

 

(B) アプリ「さしより!熊本弁」

                   
        アイコン         学習内容の例(1)         学習内容の例(2)

 

■留学生(日本語非母語話者)の学習風景 

開発した電子書籍を用いて日本語教師と共に留学生が実際に学習を行っている様子

 

■電子書籍およびアプリのダウンロード

(A) 電子書籍「話してみらんね さしより!熊本弁」   

(iOS) https://itunes.apple.com/jp/book/話してみらんね-さしより-熊本弁/id1360727058

(B) アプリ「さしより!熊本弁」

(iOS) https://itunes.apple.com/jp/app/さしより-熊本弁-熊本方言学習アプリ/id1359043416

(Android) https://play.google.com/store/apps/details?id=com.iimulab.Sasiyori



 

■指導教員およびスタッフ  

熊本県立大学 総合管理学部 飯村伊智郎 教授  

熊本県立大学 総合管理学部 森山賀文 准教授  

熊本県立大学 総合管理学部 石橋賢 講師  

熊本県立大学 文学部          馬場良二 教授  

熊本県立大学 文学研究科    大庭理恵子 氏  

熊本県立大学 非常勤講師    島本智美 氏

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 総合管理学部 飯村研究室(知能情報学研究室),森山研究室(応用情報学研究室)

TEL 096-383-2929 / (直通)096-321-6604 / (FAX)096-384-6765

http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~ilab/

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター