2018-06-25

 6月20日、総合管理学部「マーケティング」の授業で、資生堂ジャパン株式会社コスメティックスブランド事業本部マーケティング部の家谷直嗣様にご登壇いただきました。ご自身が担当されている「エリクシール」ブランドの事例を交え、資生堂様のマーケティングの考え方や実際についてご紹介いただきました。クイズ形式の質疑などアクティブラーニングもあり、マーケティングの基礎概念を学んだ学生にとって、実際の現場のマーケティング活動の醍醐味を感じる事ができる講義となりました。

 

 家谷様の今回の講義のポイントは、

① ブランドとは、生活者の脳内に記憶として存在する意味である。

② 生活者がお金を払うのは、モノではなく、ベネフィットである。

③ 4Pを効果的に実現するためには、ターゲット起点で、すべてのPの一貫性を保つことが重要である。  

というものでした。

 

 

 ※資生堂ジャパン(株)様には、2016年度から毎年、本講座に講師を無償で派遣いただいております。

   感謝申し上げます。

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 総合管理学部 教授 丸山 泰

TEL 096-383-2929 / (FAX)096-384-6765

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター