2019-12-13

 令和元年(2019年)11月30日(土)、本学CPDセンターにおいて、特別講座「防災ゲーム『クロスロード』体験~共感・共有のファシリテーションツールを体験しよう~」を実施しました。防災ゲーム「クロスロード」とは、阪神・淡路大震災の体験を元に作られたカードゲーム形式の防災教材です。本年も、神戸クロスロード研究会理事・西修(にしおさむ)氏を講師に迎え、小学6年生から85歳の高齢者まで、様々な世代や職種の方々が参加して、和やかな雰囲気で行われました。

 

 午前中は、自己紹介・アイスブレーク、クロスロードの意義についてレクチャーの後に、参加者全員で防災ゲーム「クロスロード」を体験しました。災害時に誰もが体験するジレンマ(「困った」「迷った」)をシンプルな質問にして、質問を聞いてイエスかノーで答えて、点数代わりの座布団の獲得をゲーム感覚で競いながら、その答えを選んだ理由をお互いに聞きあうことで、多様な視点や価値観に出会うことができます。

 

 

  午後からは、災害だけではなく、家庭・日常生活・仕事・地域づくり・ボランティアなどさまざまな場面で遭遇するジレンマ(「困った」「迷った」)を題材としたクロスロードを、進行役を決めてグループごとに体験し、クロスロードの弱み・強みについて意見を出し合い、議論しました。そして、自分の体験の中から「困った・迷った」を出し合うグループワークを行い、その体験を伝える問題作りに挑戦して、作った問題についてみんなでクロスロードを試行しました。

 

 楽しい雰囲気の中、難しい問題(様々なジレンマ)について気軽に互いに意見を出し合い、防災ゲーム「クロスロード」はあっという間に終了しました。本学が積極的に進める防災・減災教育の観点から、非常に有意義な機会であったと言えます。また、多様な価値観・意見を理解し、さらにファシリテーションスキルを身につけることができたと思います。

 

 このような取組みは今後も継続していくので、皆さんも、この防災ゲーム「クロスロード」を一緒に体験しましょう!

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 地域連携政策センター

TEL / (直通)096-321-6612 / (FAX)096-387-2987

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
新型コロナウイルス対策
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
welcome weeks2020
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター