2020-02-19

令和2年(2020年)1月29日(水)、本学総合管理学部棟大演習室において、総合管理学部松本ゼミ・西森ゼミ学生21名を対象に、熊本市障がい者サポーター研修が開催されました。

 

 当日は、熊本市健康福祉局障がい者支援部障がい福祉課の田上明日香様、矢野亨枝様、熊本市障がい者相談支援センターウィズの前嶋真弥様、米田里美様にお越しいただき、はじめに矢野様から障がいのある人を取り巻く現状、障害者差別解消法、ヘルプマーク・ヘルプカード、障がい者サポーター制度やサポーターの心得等をお話いただきました。その後、前嶋様、米田様から介助における留意点をご指導いただいた後、視覚障がい者の疑似体験を行いました。2人ペアになり、1人はアイマスク着用、もう1人は介助者となり、2階大演習室から階段で1階に降り、別の階段を上って大演習室に戻るコースを歩きました。最後に、米田様に視覚障がい者が日常生活で使用している用具のご紹介と学生からの質問にお答えいただきました。受講後、サポーターバッジをいただき、教員を含め23名の障がい者サポーターが誕生しました。

 参加した学生達からは、「障害者差別解消法があることを初めて知った」「(疑似体験をして)目が見えないことの恐怖と支えてくれる人のありがたさがよくわかった」「(サポートする時)『あっち』『こっち』と曖昧な伝え方になってしまい、サポートする側も経験が必要だと思った」「(米田様から)乗りたいバスに乗ることができない話やお店でほしいものが見えないといった話を聞いたが、これは周りがサポートすれば解消するという話でもあった」「アイフォンが音声を読み上げる機能に驚いた。光があったら振動する機械など目が見える人では想像できない道具もあり勉強になった」など多様な感想が寄せられました。

 また、「障がい者の方を安心させられるようにサポートしていきたい」「何を手伝ってほしいかなどを聞けばよいのだと分かり、今度から積極的に声をかけていきたい」「近所で杖を使って歩く視覚障がい者の方を見かけるので勇気を出して声をかけたい」といったこれからサポーターとして期待できる発言も聞かれました。

 今後も、地域に暮らす様々な人たちを支援する技術や資源、制度などを学び、その学びを実践に結びつけられるゼミ活動を展開していきます。

 

 

 

本件に関する問い合わせ先

熊本県立大学 総合管理学部 准教授 松本千晴・准教授 西森利樹

TEL 096-383-2929 / (FAX)096-383-2966

〒862-8502(大学専用郵便番号:住所記載不要)

熊本市東区月出3丁目1番100号

メニュー

基本情報
特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報
教育/学部・大学院
入試情報
教育に関する取組
教育全般
学部
大学院
研究
研究活動
研究者情報
研究推進、研究倫理
地域連携政策センター
委員会
地域連携
地域貢献
教育機関との連携
生涯学習
各種プロジェクト
地域連携政策センター
国際交流
国際交流ビジョン
国際教育交流センター
国際教育
国際交流
語学教育支援
学生生活
学生支援
課外活動
授業料等、経済支援
キャリア・就職支援
キャリアデザイン教育
キャリアサポート、就職支援
図書館・センター
図書館
センター