研究者情報データベース

Database of researcher information

研究者情報

教授 虹林 慶 / NIJIBAYASHI Kei

最終学歴 博士(文学)
学位 九州大学大学院文学研究科英語学・英文学専攻博士後期課程 博士(文学)1997年10月    英国ヨーク大学大学院修士課程 (MA)1994年7月    九州大学大学院文学研究科英語学・英文学専攻修士課程 修士 1993年3月
所属 [文学部]英語英米文学科
E-mail nijibayashi@pu-kumamoto.ac.jp
本人からの
メッセージ
とかく映像に頼りがちなご時世ですが、文化のみならず人間の営みの礎は「文字」であり、「言葉」です。文学部で学ぶ諸君は特に、「言葉」の達人になるよう、いろいろな本をなるだけいろいろな言語で読みましょう。言葉をどのように理解し、どのように使用できるのか、それは社会生活において最も基礎的な能力であり、かつ、最も奥深いものでもあります。
授業科目 英文学史 , 英文学特殊研究 , 英米詩概論 , 英文学演習 , 英文学講読 , Seminars & Lectures of English Literature , イギリス文学特別演習 , イギリス文学特別講義 , 英米文学研究 , Postgraduate Courses of English Literature
専門分野 イギリス・ロマン派文学 , ヴィクトリア朝散文 , ヴィクトリア朝詩
主な研究テーマ イギリスロマン派文学の影響およびそのルーツ
学会での
活動状況
日本英文学会会員
日本バイロン協会会員
British Association of Victorian Studies会員
社会での
活動状況
日本英文学会九州支部 評議員
日本英文学会九州支部 論文編集委員
日本英文学会九州支部 理事

主な研究業績

経歴

期間 経歴
2017年4月 - 現在 熊本県立大学 文学部 教授
2013年 - 2017年 九州工業大学大学院工学研究院人間科学系 教授 Faculty of Engineering, Department of Human Sciences
2008年 - 2013年 九州工業大学大学院工学研究院人間科学系 准教授 Faculty of Engineering, Department of Human Sciences
2008年 - 2013年 Associate Professor,Department of Human Sciences,Faculty of Engineering,Kyushu Institute of Technology
2013年 Professor,Department of Human Sciences,Faculty of Engineering,Kyushu Institute of Technology
1986年 - 1988年 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
1986年 - 1988年 Postdoctoral Fellowships of Japan Society for the Promotion of Science,Japan Society for the Promotion of Science

学歴

期間 学歴
1993年4月 - 1997年10月 九州大学 文学研究科 英語学・英文学博士後期課程
- 1997年 九州大学
- 1994年7月 ヨーク大学 イギリスおよび周辺文学学科 ロマン派文学
1990年4月 - 1993年3月 九州大学大学院文学研究科
- 1993年 University of York

委員歴

期間 委員
2017年 - 現在 日本英文学会九州支部 理事
2016年 - 現在 日本英文学会九州支部 編集委員

受賞歴

受賞年月 受賞 授与機関
優秀論文賞 日本英文学会九州支部

論文

発行年月 論文 誌名(出版物名)
2019年10月 A Deviation from Romantic Self: The Body, the World and the Social in Tennyson’s In Memoriam and Maud English Studies 単著
2018年4月 “Recreating Romantic Style: Ambivalence towards Wordsworth’s Poetics in John Ruskin’s Modern Painters” The Journal of Pre-Raphaelite Studies 単著
2018年2月 “The Rhetoric and Representation of the Child and Childhood in Alfred Tennyson’s The Princess” 熊本県立大学 文学部紀要 単著
2017年 “The Sense of Suspension as Ironic Pleasure: Aestheticism and the Critique of Romanticism in the Poetry of Dante Gabriel Rossetti 『九州地区国立大学教育系・文系研究論文集』 単著
2016年 “Creating One’s Own Inner Sun: Existential Poetics in Swinburne's Seascape Poems” 九州英文学研究(Kyushu Studies in English Literature) 単著
2015年4月 “Dorothea Brooke’s Political Economy: Romanticism and the Influence of John Ruskin on George Eliot’s Middlemarch” Journal of Language, Literature and Culture 単著
2015年 “Swinburne's Existential Individualism: His Poetry and Aesthetics in Relation to Romanticism and its Legacies” 『九州地区国立大学教育系・文系研究論文集』 単著
2014年 Browning's Dilemma in Romantic Inheritance: Dramatic Monologue and the Sense of Poetic Career 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 単著
2012年 Establishing Careers in the Imaginary: Misfortune, Madness and Posthumous Ambition of Romantic Poets 『教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集』 単著
2011年 Some Patterns in Morris's Romantic Reformation: A Study of His Late Romances 九州英文学研究(Kyushu Studies in English Literature) 単著

MISC

発行年月 MISC 誌名(出版物名)
2019年7月 「ウィリアム・モリスの詩的発展についての一考察 The Defence of Guenevere から The Earthly Paradise へ」 日本英文学会 第91回大会(2019年度)Proceedings 単著
2011年1月 Some patterns in Morris's romantic reformation: a study of his late romances (九州英文学研究) 英文学研究 支部統合号 単著
2011年 「ラスキンの『ヴェニスの石』とバイロン」 単著
2008年 「ラスキンとルソー」 『ラスキン文庫だより』 単著

書籍等出版物

発行年月 書籍等出版物 誌名(出版物名)
2005年 『英文学と道徳』 九州大学出版 単著
2004年 Poetic Development and the Romantic Self in Exile in Byron and Shelle The Edwin Mellen Press 単著

講演・口頭発表等

開催年月 講演・口頭発表等タイトル 会議名
2019年5月 「ウィリアム・モリスの詩的発展についての一考察―The Defence of GuenevereからThe Earthly Paradiseへ」 日本英文学会 第91回全国大会 シンポジウム
2015年8月 「ラスキンの『近代画家論』におけるワーズワース詩論を巡って」 テキスト研究学会 シンポジウム 第15回大会
2014年10月 「スウィンバーンの後期作品を読む―海辺と境界」 日本英文学会九州支部 第67回支部大会(招待発表)
2009年10月 「『ミドルマーチ』におけるドロシアの美意識と社会思想」 日本英文学会九州支部第62回大会
2005年7月 バイロン的ラスキン 日本バイロン協会
2000年 パストラル・エレジーの伝統とロマン派の文学 ~シェリーの『アドネイス』を巡って~ 日本英文学会九州支部大会
1997年 Prometheusの多様性と一元性について 日本英文学会九州支部大会
1995年 Julian and Maddaloにおける狂気について 日本英文学会九州支部大会

所属学協会

所属学協会
日本バイロン協会
British Association of Victorian Studies
日本英文学会九州支部
日本英文学会

Works(作品等)

期間 Works(作品等)
2010年 - 2015年 19世紀イギリス文学における詩人像の変遷とキャリア形成
2010年 - 2015年 The Images and Careers of Poets in the Nineteenth-century English Literature
2005年 - 2008年 ヴィクトリア朝散文家におけるロマン派詩論の継承と発展

共同研究・競争的資金等の研究課題

研究期間 研究課題タイトル 提供機関 制度名
2010年4月 - 2015年3月 19世紀イギリス文学における詩人像の変遷とキャリア形成 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
2005年 - 2007年 ヴィクトリア朝散文家におけるロマン派詩論の継承と発展 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)