研究者情報データベース

Database of researcher information

研究者情報

助教 谷村 綾子 / TANIMURA Ayako

1984年3月20日生まれ

最終学歴 徳島大学大学院 栄養生命科学教育部
学位 博士(栄養学) 2011年3月
所属 [環境共生学部]環境共生学科 食健康環境学専攻
E-mail tanimura@pu-kumamoto.ac.jp
授業科目 実践栄養学総合演習 , 臨床治療食実習 , 福祉・介護食実習 , 臨床栄養学実習 , 臨床栄養学臨地実習の補助 , 食と健康 , 栄養・健康学特論
専門分野 臨床栄養学 , 生化学 , 分子生物学
主な研究テーマ エネルギー代謝と免疫細胞分化 , ミトコンドリアとその機能 , 酸化ストレス、小胞体ストレス/UPR
学会での
活動状況
日本栄養・食糧学会、日本栄養改善学会、日本病態栄養学会、日本生化学会、日本ゲノム編集学会、日本ミトコンドリア学会

主な研究業績

経歴

期間 経歴
2018年4月 - 現在 熊本県立大学 環境共生学部 食健康科学科 助教
2011年4月 - 2018年3月 徳島大学大学院 医歯薬学研究部 分子医化学分野 助教

学歴

期間 学歴
2008年4月 - 2011年3月 徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 栄養生命科学教育部 臨床栄養学分野 博士後期課程
2006年4月 - 2008年3月 徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 栄養生命科学教育部 臨床栄養学分野 博士前期課程
2002年4月 - 2006年3月 徳島大学 医学部 栄養学科

受賞歴

受賞年月 受賞 授与機関
2008年6月 Outstanding student award トランスポーター研究会

論文

発行年月 論文 誌名(出版物名)
2020年 Gene-expression profile reveals the genetic and acquired phenotypes of hyperactive mutant SPORTS rat. The journal of medical investigation : JMI 共著
2018年7月 Mitochondrial Activity and Unfolded Protein Response are Required for Neutrophil Differentiation. Cellular physiology and biochemistry : international journal of experimental cellular physiology, biochemistry, and pharmacology 共著
2018年4月 Deciphering defective amelogenesis using invitro culture systems. Journal of Bioscience and Bioengineering 共著
2018年3月 Human AK2 links intracellular bioenergetic redistribution to the fate of hematopoietic progenitors. Biochemical and biophysical research communications 共著
2016年1月 Isolation and characterization of dental epithelial cells derived from amelogenesis imperfecta rat. Oral Diseases 共著
2015年 Gene Signature of Human Oral Mucosa Fibroblasts: Comparison with Dermal Fibroblasts and Induced Pluripotent Stem Cells. BioMed research international 共著
2014年 Differential expression of adenine nucleotide converting enzymes in mitochondrial intermembrane space: a potential role of adenylate kinase isozyme 2 in neutrophil differentiation. PloS one 共著
2014年 Ctip2-mediated Sp6 transcriptional regulation in dental epithelium-derived cells. The journal of medical investigation : JMI 共著
2014年 Adenylate kinase 2 deficiency limits survival and regulates various genes during larval stages of Drosophila melanogaster. The journal of medical investigation : JMI 共著
2014年 Sp6 regulation of Rock1 promoter activity in dental epithelial cells. The journal of medical investigation : JMI 共著

MISC

発行年月 MISC 誌名(出版物名)
2016年9月 微量元素・ビタミン不足の評価 (特集 栄養障害患者の評価) 内分泌・糖尿病・代謝内科 = Endocrinology, diabetology & metabolism 共著
2015年12月 運動能が亢進したSPORTSラットの遺伝子発現解析 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 共著
2010年12月 【身体所見からのCKD患者の栄養評価の重要性】 呼吸・脈拍の評価 臨床透析 共著
2010年6月 Human FGF21 Is Paradoxically Induced by Both Fasting and Over-Feeding Signals-Is FGF21 a Nutritional Adaptation Factor? DIABETES 共著
2010年5月 ビタミン (特集 イチから学ぶ ナースのための栄養のキホン) -- (栄養素のはたらきと過不足による人体への影響) 臨床看護 共著
2008年6月 II a型ナトリウム依存性リン酸トランスポーターの細胞膜局在の調節機構(Regulation of membrane localization of type IIa sodium-dependent phosphate transporter) 日本細胞生物学会大会講演要旨集 共著
2007年3月 トランスポーターの発現調節機構 転写から局在制御まで リン恒常性調節におけるリン酸トランスポートソームの役割 日本薬学会年会要旨集 共著
2006年11月 高リン負荷は血管内皮細胞機能を障害する 日本病態栄養学会誌 共著
2005年11月 高リン負荷による酸化ストレスと血管内皮機能障害 日本病態栄養学会誌 共著

講演・口頭発表等

開催年月 講演・口頭発表等タイトル 会議名
2020年11月 ミトコンドリアでのエネルギー代謝異常がもたらす好中球分化障害に対するエネルギー産生経路の変更による改善の検討 日本栄養食糧学会 九州・沖縄支部会
2020年5月 フルクトースはミトコンドリアのエネルギー産生異常による好中球分化障害を改善するか 第74回日本栄養・食糧学会大会
2020年1月 アデニル酸キナーゼ2欠損血球系細胞の分化に対するフルクトースの効果 第23回日本病態栄養学会年次学術集会
2020年1月 クローン病モデルラットにおける血漿アミノ酸濃度の変化 第23回日本病態栄養学会年次学術集会
2020年1月 腸内細菌叢に及ぼす食事脂質量と摂取時間の影響 第23回日本病態栄養学会年次学術集会
2020年1月 大腸癌患者の腸内細菌叢の解析 -術前術後の比較 - 第23回日本病態栄養学会年次学術集会
2019年5月 免疫細胞の分化におけるエネルギー産生の必要性 第73回日本栄養・食糧学会大会
2019年5月 大腸がん患者の腸内細菌叢の解析 -術前術後の比較- 第73回日本栄養・食糧学会大会
2018年1月 A role of ER stress and UPR on hematopoietic differentiation 51st Miami Winter Symposium, Stem Cells - Today's Research Tomorrow's Therapies
2017年12月 Comparative study of gene profiling using 2D and 3D culture as an in vitro amelogenesis imperfecta model. Internationl Joint meeting;th ASEAN plus Tokushima Joint;International Conference

所属学協会

所属学協会
日本食生活学会
日本栄養改善学会
日本栄養士会
日本ミトコンドリア学会
日本ゲノム編集学会
日本栄養・食糧学会
日本病態栄養学会
日本生化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

研究期間 研究課題タイトル 提供機関 制度名
2017年4月 - 2020年3月 CoQ10を用いたミトコンドリア異常による免疫不全症の治療法開発 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)
2015年4月 - 2018年3月 重症複合型免疫不全を呈する希少難病(細網異形成症)の病態解明と治療法の開発 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
2013年4月 - 2016年3月 ミトコンドリア病としての細網異形成症の分子機序の解明と新規栄養療法の考案 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)
2010年 - 2012年 栄養素代謝バランス統合制御システムの分子基盤と生活習慣病発症にお 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
2010年 - 2011年 ニュートリゲノミクス解析に基づく分子食育学の研究基盤の確立 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
2007年 - 2009年 健康長寿の基盤となる新たな栄養シグナルの発見と疾病予防における役割 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(A)