研究者情報

准教授   武上 富美  TAKEGAMI Fumi
1965/1/7生まれ
性別:女性
 

所属 文学部  英語英米文学科
最終学歴 熊本大学社会文化科学研究科博士課程修了(文化学専攻・英語教授学領域)
学    位
博士(文学)2017年3月
職    歴 1990年4月〜1993年3月 東筑紫学園高等学校・照曜館高等学校
1994年4月〜1996年3月 鎮西敬愛学園・敬愛高等学校 
1996年4月〜2012年3月 筑紫女学園中学高等学校 (教諭)
2012年4月〜2019年3月 立命館大学附属立命館慶祥高等学校 (教諭)
2019年4月〜2021年3月 熊本県立大学(講師)
2021年4月~      熊本県立大学(准教授)
専門分野
英語教授学TESOL
授業科目
Seminar for Cutural LiteracyⅠ, Seminar for Critical ThinkingⅡ,Oral PresentationⅠ・Ⅲ,英語英語教育演習,英語科教育法,英語音声学,英語特殊研究、
主な研究テーマ
 
応用言語学と言語習得・言語指導の関わり
プラクシスにみる理論と実践
内容統合型言語学習と協同的言語指導
高大連携からみる英語教育
地域にみる英語教育
学会での活動状況
  JACET
JALT
LET
社会での活動状況
  (講演)
・熊本大学大学院社会文化科学教育部 英語セミナー「異文化コミュニケーションの視点を通した英語教育の在り方と課題ーCEFR, CLIL、協同学習の理念と実践を中心に」(2019年10月於熊本大学)
・熊本県教育員会主催:2019JET Programme ALT Skill Development Conference (2019年11月)


(ワークショップ)
・JALT(pigate)“ Active Learning from Theory to Practice”(2019年6月於熊本県立大学)
・熊本県立大学特別講座:第1回「児童生徒が学びの主体となる外国語教育研修会」(2019年9月於熊本県立大学)
・熊本県立大学特別講座:第2回「児童生徒が学びの主体となる外国語教育研修会」(2020年11月於熊本県立大学/Online)

(審査委員)
・高円宮杯第71回全日本中学校弁論大会熊本県予選大会 
地域貢献分野のジャンル
  【教育問題】 【言語・語学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【外国語教育】 【教育問題】 
本人からのメッセージ
  学び続けること、向学心という情熱を持って自分の夢の実現に向かってください。
そして批判的思考を持って学問とこれから出ていく社会について自身の考えを大いに論議してください。
地域貢献についてのメッセージ
  外国語教育の視点から地域への貢献をしていきたいと考えています。
E-mail takegami

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
論文
単著 Teacher Development Through the Metaphorical Construct of Knowledge Creation 熊本県立大学文学部紀要第27巻通巻第80号 Journal of the Faculty of Letters Prefectural University of Kumamoto Vol.27 No 80 2021/2 pp.25-45
単著 Designing a Pre-Service ELT Methods Course and Use of Case Method Analysis Global Journal of Educational Studies ISSN 2377-3936.Vol.6,No1(2020) DOI: https://doi.org/10.5296/gjes.v6i1.16773 (査読付き) 2020/6 pp60-74
単著 Identifying Existing Positive Disharmonies for Reconstructing Teaching Practice: A Case Study in Japan International Journal of Education,Vol. 12, No. 2, https://doi.org/10.5296/ije.v12i2.16885(査読付き) 2020/5 pp.46-66
単著 Making the Case for Case Method in Teacher Development: What? Why? How? Journal of The Faculty of Letters Prefectural University of Kumamoto(査読付き) 2020/2 pp.37-48
単著 Teaching English Through English(TETE)Curriculum Policy in Praxis: Case Studies of Three Teachers at a Private Secondary School in Japan 未出版(博士論文)熊本大学学術リポジトリ 2017/3   
単著 An Exploratory Study on the impact of the new teaching English through English (TETE) curriculum policy in Japan: A case study of three teachers. International Journal of Social and Cultural Studies, Kumamoto University Graduate School of Social and Cultural Sciences, Vol.9(査読付き) 2016/3 pp.15-45
単著 Adjusting to the winds of Change: Transforming teaching approaches meeting challenges of globalization in the classroom Bulletin of Educational Research at Ritsumeikan Attached School, Vol.1(査読付き) 2016/2 pp.29-38
単著 A Japanese teacher of English’s conceptualizations of a lesson grounded in professional discourse to better inform practice. The Asian Journal of Applied Linguistics, Vol.2 No.3, http://caes.hku.hk/ajal/index.php/ajal/article/ view/243(査読付き) 2015/12 pp.186-201
学会発表
単著 Professional Development of English Teachers in Japan Using Knowledge Buiding Pedagogy toward Knowledge Creation 55th RELC International Conference 2021/3 Regional Language Centre in Singapore (Online)
単著 English Teacher Development in Japan Through the Construct of Knowledge Creation WALS 2020 2020/12 San Francisco State University (Online)
単著 Communication-Globalization-Collaboration: Going beyond traditional approaches in language education toward active learning 第12回祥明大学熊本県立大学学術フォーラム「ことばと社会をつなぐ言語教育・研究」 2019/11 熊本県立大学
単著 In View of CLIL from Theory to Practice: Why and How CLIL is Uniquely Suited to English Classroom Learning and Teacher Development in Japan. JACET第31回九州沖縄支部研究大会 2019/7 東海学園大学
単著 “Reconceptualizing Practice: Implications for Teacher Development JALT Teacher Development SIG 2019/6 基調講演(崇城大学)
単著 Reconceplualizing Lessons for Active Learning JALT PanSig 2019/5 甲南大学
単著 Reconceptualizing Research on Language Teacher Cognition in Teacher Development Through Praxis: Cases in Practice JACET 第35回JACET SIG言語教師認知研究会 2018/6 熊本大学
単著 A CLIL-Centered Approach to Meet English Policy Goals in Japanese High Schools 53rd RELC International Conference, 50 Years of English Language Teaching and Assessment-Reflections, Insights and Possibilities Singapore 2018/3 RELC in Singapore
単著 A Pedagogical Approach To Maximizing Active Use Of English In The Classroom. APLX International Conference on Applied Linguistics 2017/11 National Taipei University of Technology
単著 Implementing the New English Curriculum Policy Through Praxis: A Study of Three Japanese Teachers of English (JTEs) APLX International Conference on Applied Linguistics 2017/11 National Taipei University of Technology
単著 Lesson Study in Praxis: Three JTEs and Forces of Friction in Implementation of the New English Policy. WALS(世界授業研究学会)国際学会大会 2017/11 名古屋大学
単著 A Pedagogical Approach To maximizing Active Use of English In the Classroom SUTLF 2017-NanKyu JALT 2017/2 崇城大学
単著 Honne & Tatemae of Teaching English in Japanese Secondary and Tertiary Education The JACET55thInternational Convention 2016/9 北星大学
単著 Meeting the New Curriculum Demands of Teaching English Through English (TETE) : An Ongoing Case Study of Three JTEs The JACET 54th International Convention 2015/8 鹿児島大学
単著 Theory, Practice and Pedagogy. “The Elephant in the room: Professional Theory in Practice CAES International Conference 1 Faces of English 2015/6 The Unversity of Hongkong
共著 E-Teaching and Educational Technology 第54回 LET外国語教育メティア学会全国研究大会 2014/6 福岡大学
その他
単著 English Education in Japan to Meet Curriculum Policy 文彩 第16号   2020/3 pp.26-20
単著 Communication-Globalization-Collaboration:Going beyond traditional approaches in language education toward active learning. 第12回祥明大学校・熊本県立大学学術フォーラム 2019/11 於 熊本県立大学