研究者情報

准教授   秋葉 多佳子  AKIHA Takako
1982/2/21生まれ
性別:女性
 

所属 文学部  日本語日本文学科
最終学歴 東北大学大学院国際文化研究科 博士後期課程修了
学    位
博士(国際文化)2011年9月
職    歴 Emory University, Russian and East Asian Languages and Cultures Graduate Student Instructor(2010年8月~2011年5月)
東北大学大学院国際文化研究科専門研究員(2011年10月~2012年2月)
新羅大学校教養課程大学(韓国) 専任講師(2012年3月~2012年7月)
新羅大学校教養課程大学(韓国) 助教授(2012年7月~2016年2月)
韓国外国語大学校日本語通翻訳学科(韓国) 助教授(2016年3月~2018年2月)
韓国外国語大学校日本語通翻訳学科(韓国) 副教授(2018年3月~2020年2月)
専門分野
日本語教育Japanese Language Education
第二言語習得研究Second Language Acquisition
授業科目
日本語教授法Ⅰ、Ⅱ、Ⅳ、日本語教育演習Ⅲ、日本語教育特殊研究Ⅱ
主な研究テーマ
 
投射モデルの実証的研究、エントリーシートにおける計量テキスト分析
学会での活動状況
  社会言語科学会、大韓日語日文学会、韓国日語日文学会、韓国継承日本語教育研究会、韓国OPI研究会、韓国日本言語文化学会(2019年~学術理事)
社会での活動状況
  第二回韓国大学生日本語ディベート大会ジャッジメント(2013年10月)
第一回釜山地域中学生日本語キャンプ(釜山中等日本語教育委員会)日本人教師(2014年11月)
釜山日本語教師会 講演「第二言語習得研究の教育への応用」(2015年6月)
第二回釜山地域中学生日本語キャンプ(釜山中等日本語教育委員会)日本人教師(2015年10月)
第七回韓国大学生日本語ディベート大会ソウル大会ジャッジメント(2018年9月)
韓国漫画映像振興院における漫画翻訳の中間評価(2019年7月)
韓国漫画映像振興院における漫画翻訳の最終評価(2019年12月)
地域貢献分野のジャンル
  【言語・語学】 【文化・文学・歴史】 【教育問題】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【日本語教育】 【国際交流】 【教育問題】 
E-mail takiha

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
著書
共著 일본어마스터5(日本語マスター5) 다락원 2019/3 pp.1-192
共著 일본어마스터4(日本語マスター4) 다락원 2018/12 pp.1-187
共著 How to effectively teach the polysemous Japanese particle de in the classroom: Assessing the Projection Model in semantics Linguistics and Japanese Pedagogy A Usage-Based Approach to Language Learning and Instruction, Mouton de Gruyter 2018/2 pp.265-301
共著 日本語読解 1 (高等学校日本語教科書) 韓国教育科学技術部 2014/3 pp.1-255
共著 格助詞の学習指導における投射モデルの応用 言語学と日本語教育Ⅵ、くろしお出版 2010/6 pp.29-45
論文
単著 初級韓国人日本語学習者の誤用からみたテ形の習得様相 日語日文学第76輯、大韓日語日文学会 2017/11 pp.109-125
単著 初級日本語学習者による動詞テ形の習得 日語日文学研究第98輯1巻/日本語学・日本語教育篇、韓国日語日文学会 2016/8 pp.249-271
単著 投射モデル (the Projection Model) の格助詞「で」の学習・指導 への応用―韓国人日本語学習者を対象とした教授実験を通して― Proceedings of the 22nd Annual Conference of the Central Association of Teachers of Japanese(CATJ22), Central Association of Teachers of Japanese 2010/9 pp.21-29
共著 Poi in Japanese Wakamono Kotoba ‘youth language’: A view from attenuation at the speech-act dimension Lingua, 224, Elsevier 2019/6 pp.1-15
共著 4モーラ短縮形に関する形態論的研究―ドラマのタイトルを中心に― 日本近代學研究第62号、韓国日本近代学会 2018/11 pp.213-228
共著 ドラマタイトルの短縮語に関する韓日対照研究 日本語学研究第56号、韓国日本語学会 2018/6 pp.3-17
共著 海外日本語教育実習における運営上の課題―韓国における教育実習の事例をもとに― 日本語教育研究第42号、韓国日語教育学会 2018/2 pp.51-66
共著 学習スタイルに関する一考察 ―韓国人日本語学習者に対するアンケート調査を通して― 日語日文学研究第88輯1巻/日本語学・日本語教育篇、韓国日語日文学会 2014/2 pp.163-186
共著 教養日本語講座における教授法と学習スタイルの比較分析―新羅大学教養課程大学の教師と学習者に対するアンケート調査を通して― 日語日文学第60輯、大韓日語日文学会 2013/11 pp.77-96
共著 複数教員とティーチングアシスタントによる情報の共有―Basic Japanese 1 におけるチームティーチングの実践報告― 東北大学高等教育開発推進センター紀要、第7号 2012/3 pp.169-174
共著 高等教育における日本語の効果的指導法に関する応用言語学的研究―格助詞「で」の指導に関する「投射モデル」の応用― 東北大学高等教育開発推進センター紀要、第4号 2009/3 pp.199-203