研究者情報

教授   張 代洲  ZHANG Daizhou
1965年生まれ
性別:男性

所属 環境共生学部  環境共生学科環境資源学専攻
最終学歴 中国北京大学地球物理系博士課程修了(中国北京大学、1994年6月)
学    位
理学博士 (中国北京大学)1994年6月
職    歴 北京大学環境科学センター・博士研究員(1994年7月〜1996年6月)
北京大学環境科学センター・研究助手(1996年7月〜1998年5月)
名古屋大学太陽地球環境研究所・外国人研究員(1998年4月〜1999年3月)
熊本県立大学環境共生学部講師(1999年4月〜2002年3月)
熊本大学非常勤講師(2001年4月〜)
熊本県立大学環境共生学部・Associate Professor (2002年4月〜2010年3月)
熊本県立大学環境共生学部・Professor (2010年4月〜 )
専門分野
大気環境学Atmospheric Environment
授業科目
物理学I、物理学II、物理学実験、大気環境学、大気環境学実験等
主な研究テーマ
 
大気エアロゾル
大気汚染
長距離輸送
浮遊微生物
学会での活動状況
  日本エアロゾル学会・会員(1998年7月〜現在まで)
日本気象学会・会員(1999年10月〜現在まで)
アメリカ地球物理学会(AGU)会員(2001年10月〜現在まで)
大気環境学会(2007年4月〜現在まで)
受    賞 北京大学実験と技術賞(1997年4月)
日本エアロゾル学会2005年度奨励賞
地域貢献分野のジャンル
  【環境科学】 
地域貢献に関心を持っているテーマ(キーワード)
  【大気環境】 【海洋環境】 【水環境】 
本人からのメッセージ
  大気環境学教室では、これまでに電子顕微鏡分析法を用いて中国のチベット・敦煌・泰山・青島及び九州地方や日本海上空における大気中の浮遊粒子を研究してきました。現在では天草市において九州に飛来する大気中の浮遊粒子やガス体の物質を測る高精度高時間分解能の観測拠点を構築しながら、係留気球を使って地上から高度約1200メートルまでの大気汚染物質と浮遊微生物の分布を測っています。また大気のみならず、コンピュターを利用して、空気の流れと空中浮遊物質の沈着課程も調べています。2010年米国科学院誌に本研究室の共同研究の成果が発表されました。
ミクロからマクロまで、様々なスケールの大気・海洋現象に興味のある方は下記の教室ホームページへどうぞ
地域貢献についてのメッセージ
  熊本及び九州地方の大気環境にかかわる黄砂や光化学スモッグなどの課題を取り上げ、研究と教育を行っています。
E-mail dzzhang
URL http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~aerl/

主な研究業績

種類 著書/論文/論題名 掲載誌巻号/
発行者/学会名
発表
年月
備考/
執筆ページ
論文
共著 Albedo of black carbon-contaminated snow across northwestern China and the validation with model simulation. J. Geophys. Res., doi: 10.1029/2019JD032065 2020   
共著 Soluble Fe release from iron-bearing clay mineral particles in acid environment and their oxidative potential. Sci. Total Environ., doi: 10.1016/j.scitotenv.2020.138650 2020   
共著 黄砂の混合状態が持つ気候学的重要性―個別粒子観察の見地から―. (Feature Article) エアロゾル研究, 35(1) 2020 5-13
共著 RANS simulation of local strong sandstorms induced by a cold pool with vorticity. Atmosphere, 11:321, doi:10.3390/atmos11040321 2020   
共著 Pollution severity-dependent aerosol light scattering enhanced by inorganic species formation in Beijing haze. Sci. Total Environ., 719:137545, doi:10.1016/j.scitotenv.2020.137545, 2020   
共著 Overview of primary biological aerosol particles from a Chinese boreal forest: insight into morphology, size, and mixing state at microscopic scale. Sci. Total Environ., 719: 137520, doi:10.1016/j.scitotenv.2020.137520 2020   
共著 Morphology and size of the particles emitted from a GDI-engine vehicle and their ageing in an environmental chamber. Atmospheric Chemistry and Physics, 20, doi:10.5194/acp-2019-647 2020 2781-2794
共著 LIVE/DEAD BacLight染色による浮遊細菌の濃度と生存率の測定.[Feature Article] エアロゾル研究,34(4) doi:10.11203/jar.34.212, 2019 2019 212-218
共著 Individual aerosol particles in two contrast atmospheric environments of urban air in North China and clean air of Japan. Sci. Total Environ., 669, doi:10.1016/j.scitotenv.2019.03.1634 2019 948-954
共著 Estimating the contribution of local primary emissions to PM2.5 using high-density station observations. J. Geophys. Res., doi: 10.1029/2018JD028888 2019   
共著 Phosphorus solubility in aerosol particles related to particle sources and atmospheric acidification in Asian continental out flow. Atmos. Chem. Phys, 19, doi:10.5194/acp-19-847-2019 2019   
共著 Characteristics of individual particles emitted from an experimental burning chamber with coal from the lung cancer area of Xuanwei, China Aerosol and Air Quality Research, 19, doi:10.4209/aaqr.2018.05.0187 2019 355-363
共著 Inorganic ion chemistry of local particulate matter in a populated city of North China at light, medium, and severe pollution levels. Sci. Total Environ., 650, doi:10.1016/j.scitotenv.2018.09.033 2019 566-574