本文へスキップ

授業関連

以下の授業科目(学部生)を担当しています。

基礎化学(1年生)
高校で学んだ化学から、大学の化学の内容へと発展させていきます。後期から学ぶ有機化学等の基礎となります。
環境分析化学(2年生)
環境を対象とした分析化学に関する講義です。始めに基礎的な化学分析手法(容量分析、重量分析など)を学んだ後、大気、水、土壌、生物などの環境媒体を対象とした化学分析手法、機器分析の基礎、その他、環境汚染の変遷、法律等についても学びます。
化学実験(1年生)
ガラス細工、気体の発生と捕集、pH滴定曲線の作成など基礎的な化学の実験を行います。
環境分析化学実験T(2年生)
環境分析化学の講義で学んだ代表的な環境汚染物質について、実際に実験を行い、化学分析手技や実験結果の解析方法について学びます。
フィールドワーク(1年生)
本年度は、阿蘇の湧水水質調査(5地点)に行きました。実際に現場で湧水の水質を測定し、大学に戻ってからはイオンクロマトグラフィーを用いて湧水中のイオン成分を調べました。
総合演習(3年生)
平成25年度は、医薬品類などの極性物質を対象とし、固相カートリッジを用いた測定方法の習得、回収率試験を行い、その後、河川にサンプリングに行き、水中の医薬品類の濃度を調べました。医薬品類の濃度レベル、水平分布、排出源などについて考察し、班ごとにプレゼンテーションを行ってもらいました。
卒業研究(4年生)
4年間の総まとめとして各自のテーマについて研究を行います。











熊本県立大学
環境共生学部環境資源学科
古賀・小林研究室

〒862-8502
熊本県熊本市東区月出3丁目1番100号 環境共生学部南棟2階

TEL 096-321-6710
FAX 096-321-6710