研究者情報データベース

Database of researcher information

研究者情報

教授 松本 直幸 / MATSUMOTO Naoyuki

最終学歴 筑波大学大学院修士課程体育研究科(健康教育学専攻)(1991修了)
学位 博士(医学) (大阪大学) 2000年6月
所属 [環境共生学部]環境共生学科 食健康環境学専攻 , 共通教育センター
E-mail nao-st205@pu-kumamoto.ac.jp
関連サイト 熊本県立大学環境共生学部 食健康科学科 松本研究室
授業科目 環境生理学 , 環境生理学実習 , 栄養運動生理学 , 栄養運動生理学実習 , 健康の科学 , 生涯スポーツ実習ⅠおよびⅡ , フィールドワーク , プレゼミナール , 環境共生総合演習 , 新熊本学 , 卒業論文 , (大学院)環境人間工学 , 健康福祉環境学特論 , 環境共生学特論 , 環境共生学演習Ⅳ・Ⅴ , 特別研究
専門分野 運動生理学 , 健康科学 , 脳科学
主な研究テーマ 身体活動量増進のための効果的な生活介入 , エネルギー消費を高めるための生活活動の工夫 , 運動や栄養が認知機能に及ぼす影響 , 動脈硬化度改善のための生活介入
学会での
活動状況
日本神経科学学会年次大会事務局(2005-2006)
日本運動生理学会年次大会事務局(企画委員長)(2015-2016)
日本運動生理学会評議員(2016.7~)
日本運動生理学会理事(2021.4~)
日本運動生理学会学会賞選考委員(2021.4~)
九州体育スポーツ学会実行委員会(研究)(2017-2018)
地域連携分野
のジャンル
健康科学・栄養科学
地域連携分野
のテーマ
(キーワード)
健康づくり(スポーツ) , 健康づくり(食)
社会での
活動状況
熊本県立大学ランニングクラブ会長(2011-2019)
教員免許状更新講習(2011, 2013, 2015, 2018)
熊本県民カレッジ講師(2011, 2013, 2014, 2019)
熊本市民病院治験審査委員会委員(2012.1-2016.9、2017.10-)
熊本赤十字病院治験審査委員会委員(2016.4-2016.9、2017.11-)
日本健康運動指導士会熊本県支部後期研修会講師(2013)
社会・システム関連産業事業化支援事業(歩いて伸ばす健康寿命サポート事業)(2014)
熊本県民カレッジサテライト講師(益城2014, 長洲2015, 宇土2017, 菊池2018)
山鹿市生涯学習講座講師(2016, 2020)
力合校区「筋トレクラブ」での講演(2015.11)
大学コンソーシアム熊本 学生交流推進部会委員(2014.4-2017.3)
熊本北高等学校文化祭における保健委員会へのサポート(2016-2018)
美里町砥用地区地域学校保健委員会「すこやか委員会」での講演(2019.8)
熊本県立大学CPD講座講師(2019.11)
熊本県球磨郡錦町「令和元年度 第1回にしきセミナー」での講演(2019.11)
熊本型スポーツツーリズム推進戦略(後略)審査員(2020.11)
鹿北生涯大学での講演(2021.2)

主な研究業績

論文

発行年月 論文 誌名(出版物名)
2020年6月 Topographic distinction in long-term value signals between presumed dopamine neurons and presumed striatal projection neurons in behaving monkeys. Scientific reports 共著
2018年3月 Roles of centromedian parafascicular nuclei of thalamus and cholinergic interneurons in the dorsal striatum in associative learning of environmental events. Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996) 共著
2017年8月 Distinct Functions of the Primate Putamen Direct and Indirect Pathways in Adaptive Outcome-Based Action Selection FRONTIERS IN NEUROANATOMY 共著
2013年2月 Coding of the long-term value of multiple future rewards in the primate striatum. Journal of neurophysiology 共著
2011年9月 Dopamine neurons learn to encode the long-term value of multiple future rewards. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 共著
2011年8月 Neuronal basis for evaluating selected action in the primate striatum European Journal of Neuroscience 共著
2011年3月 Inactivation of the putamen selectively impairs reward history-based action selection Experimental Brain Research 共著
2011年 Midbrain dopamine neurons encode reward value and its error on heterogeneous time scale NEUROSCIENCE RESEARCH 共著
2010年6月 Juxtacellular labeling of tonically active neurons and phasically active neurons in the rat striatum Neuroscience 共著
2007年12月 History- and current instruction-based coding of forthcoming behavioral outcomes in the striatum Journal of Neurophysiology 共著

MISC

発行年月 MISC 誌名(出版物名)
2013年6月 【予測と意思決定を制御する神経回路と精神疾患】ドパミン神経系による予測と意思決定の制御機構 日本生物学的精神医学会誌 共著
2012年9月 ドパミン神経系による予測と意思決定の制御機構(霊長類における研究を中心に) 日本生物学的精神医学会誌 共著
2012年 Adaptation of reward-based free-choices is impaired by cannabinoid receptor (CB1) antagonist J Physiol Sci 共著
2010年8月 中脳腹内側・背外側ドーパミン細胞による報酬価値とその誤差表現(Dopamine neurons in ventromedial and dorsolateral part of the midbrain differentially encode reward value and its error) 神経化学 共著
2010年8月 タスク戦略の適応転換における線条体アセチルコリン伝達の役割(Roles of cholinergic signal transmission in the striatum in adaptive shift of task strategy) 神経化学 共著
2010年 Dopamine neurons in ventromedial and dorsolateral part of the midbrain differentially encode reward value and its error NEUROSCIENCE RESEARCH 共著
2010年 Roles of cholinergic signal transmission in the striatum in adaptive shift of task strategy NEUROSCIENCE RESEARCH 共著
2009年 Dopamine neurons encode multi-step future rewards and their errors NEUROSCIENCE RESEARCH 共著
2009年 INVOLVEMENT OF THE BASAL GANGLIA IN VALUATION AND SELECTION OF ACTIONS JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 共著
2007年4月 Dopamine neurons encode reward values of multi-step actions toward a goal and their errors J Physiol Sci 共著

所属学協会

所属学協会
日本栄養改善学会
日本生理人類学会
日本スポーツ栄養学会
日本運動生理学会
日本体力医学会
日本体育学会
日本生理学会
日本神経科学学会
北米神経科学学会
Japanese Society of Biomechanics

共同研究・競争的資金等の研究課題

研究期間 研究課題タイトル 提供機関 制度名
2018年4月 - 2021年3月 運動による認知機能や気分の改善およびその効果を修飾する生活習慣要因の解明 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
2015年4月 - 2018年3月 運動による気分、認知作業効率改善および海馬神経新生促進を修飾する栄養環境の解明 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
2012年4月 - 2015年3月 海馬神経新生増進のための最適運動時間帯の決定と運動効果を修飾する栄養環境の解明 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
2008年 - 2010年 行動選択の価値のアップデートと記憶におけるドーパミン系と眼窩前頭皮質の役割 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
2000年 - 2005年 強化学習に基づく行動の学習や発現における大脳基底核線条体の機能
2000年 - 2005年 -
2002年 - 2004年 情動情報によって認知・行動情報が強い修飾を受ける大脳基底核メカニズム 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
2000年 - 2004年 大脳基底核-大脳皮質系における学習と思考の神経機構 日本学術振興会 科学研究費助成事業 特定領域研究
2001年 - 2002年 順序運動制御における大脳基底核線条体の機能 日本学術振興会 科学研究費助成事業 特定領域研究
2001年 - 2002年 順序運動の学習と計画に関わるサル線条体および黒質ドーパミン細胞間の機能的結合 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)