研究者情報データベース

Database of researcher information

研究者情報

教授 松﨑 弘美 / MATSUSAKI Hiromi

最終学歴 九州大学大学院農学研究科食糧化学工学専攻博士後期課程修了(1996年3月)
学位 博士(農学) (九州大学) 1996年3月
所属 [環境共生学部]環境共生学科 食健康環境学専攻
E-mail matusaki@pu-kumamoto.ac.jp
本人からの
メッセージ
21世紀はバイオテクノロジーの時代です。バイオ技術や微生物の多様な機能を食品や健康、そして環境に役立てていきたいと考えています。
授業科目 食品バイオテクノロジー , 食品バイオテクノロジー実験 , 食品微生物学 , 食資源開発学 , 食品学各論 , 生命有機化学 , 化学実験 , 環境共生論 , フィールドワーク , プレゼミナール , 環境共生総合演習 , 卒業論文 , 応用微生物学 , 食品機能論 , 環境共生学特論 , 環境共生学演習III・IV・V , 食健康系環境共生特別演習 , 特別研究
専門分野 応用微生物学 , 食品微生物学 , 遺伝子工学 , 分子生物学
主な研究テーマ 遺伝子工学的手法による環境調和型バイオポリエステルの生合成 , 乳酸菌が生産する生理活性物質の機能と用途開発 , 腸内細菌叢の解析
学会での
活動状況
日本農芸化学会(西日本支部参与2013年〜現在)、日本生物工学会(九州支部役員(企画)2003年〜2004年、九州支部役員(企画編集)2009年〜2012年、九州支部評議員2014〜現在)、日本乳酸菌学会(評議員2004年〜2011年、2020年〜現在)、日本食品科学工学会、バイオインダストリー協会、高分子学会
地域連携分野
のジャンル
食科学 , 環境科学 , 健康科学・栄養科学
地域連携分野
のテーマ
(キーワード)
バイオ , 循環型社会 , 健康づくり(食)
社会での
活動状況
日本学術振興会拠点大学方式学術交流事業(山口大学拠点)「耐熱性微生物による生体高分子及び生理活性物質の生産(抗菌物質を生産する耐熱性乳酸菌の探索と利用)」(2000年〜2007年)
経済産業省産学人材育成パートナーシップ事業『農商工連携による「地域機能性食品のブランド化に必要な中核バイオ人材育成」』プログラム委員(2008年10月〜2011年)
フードバイオ人材育成事業講師(2011年〜現在)
バイオテクノロジー研究推進会企画委員(2010年〜現在)
バイオテクノロジー研究推進会評議員(2010年〜2017年、評議員会長2015年〜2017年)
バイオテクノロジー研究推進会理事(2018年〜現在)
地域連携について
のメッセージ
熊本県には、自然環境、水、農業、醸造などバイオテクノロジーに最適な土壌があります。それを活用し、バイオ技術や微生物の多様な機能を利用して、地域特産物を用いた機能性食品の開発や地場産業(食品会社など)の振興に役立ちたいと考えています。その中で環境低負荷型で持続成長可能な環境共生型の社会を構築したい。

主な研究業績

経歴

期間 経歴
2019年4月 - 現在 熊本県立大学 環境共生学部 環境共生学科 食健康環境学専攻 教授
2012年4月 - 2019年3月 熊本県立大学 環境共生学部 食健康科学科 教授
2008年4月 - 2012年3月 熊本県立大学 環境共生学部 食健康科学科 准教授
2007年4月 - 2008年3月 熊本県立大学 環境共生学部 環境共生学科 食・健康環境学専攻 准教授
2003年4月 - 2007年3月 熊本県立大学 環境共生学部 環境共生学科 食・健康環境学専攻 助教授
2000年4月 - 2003年3月 熊本県立大学 環境共生学部 環境共生学科 食・健康環境学専攻 専任講師
1996年 - 1999年 科学技術振興事業団戦略的基礎研究事業
1996年 - 1999年 Postdoctral Researcher,CREST,JST
「環境低負荷型の社会システム」 博士研究員

学歴

期間 学歴
1993年4月 - 1996年3月 九州大学大学院 農学研究科(博士後期課程) 食糧化学工学専攻
1991年4月 - 1993年3月 九州大学大学院 農学研究科(修士課程) 食糧化学工学専攻
1987年4月 - 1991年3月 九州大学 農学部 食糧化学工学

委員歴

期間 委員
2020年4月 - 現在 日本乳酸菌学会 評議員
2014年4月 - 現在 日本生物工学会九州支部 評議員
2013年3月 - 現在 日本農芸化学会西日本支部 参与
2004年 - 2011年 日本乳酸菌学会 評議員

論文

発行年月 論文 誌名(出版物名)
2021年10月 大学生の食行動・食態度の実態と経年変化:3年間の縦断調査 食育学会誌 共著
2020年9月 Abundance and viability of particle-attached and free-floating bacteria in dusty and nondusty air Biogeosciences 共著
2019年2月 Biosynthesis of novel lactate-based polymers containing medium-chain-length 3-hydroxyalkanoates by recombinant Escherichia coli strains from glucose. Journal of Bioscience and Bioengineering 共著
2019年1月 Enhancement of lactate fraction in poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate) synthesized by Escherichia coli harboring the D-lactate dehydrogenase gene from Lactobacillus acetotolerans HT. The Journal of General and Applied Microbiology 共著
2018年9月 Cloning and heterologous expression of lactate dehydrogenase genes from acid-tolerant Lactobacillus acetotolerans HT Food Science and Technology Research 共著
2018年8月 Consumption of the edible sea urchin Mesocentrotus nudus attenuates body weight gain and hepatic lipid accumulation in mice JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS 共著
2017年10月 Effect of fatty acid in culture medium on growth of acid tolerant lactic acid bacterium International Journal of Science and Engineering Investigations 共著
2017年8月 Biosynthesis of Polyhydroxyalkanoate from Steamed Soybean Wastewater by a Recombinant Strain of Pseudomonas sp. 61-3. Bioengineering (Basel, Switzerland) 共著
2016年7月 Characterization of antimicrobial substance from Lactobacillus salivarius KL-D4 and its application as biopreservative for creamy filling SPRINGERPLUS 共著
2016年6月 Selection of effective non-pathogenic Ralstonia solanacearum as biocontrol agents against bacterial wilt in eggplant JOURNAL OF PLANT DISEASES AND PROTECTION 共著

MISC

発行年月 MISC 誌名(出版物名)
2021年1月 微生物がつくる生分解性プラスチックの実用化に関する研究 BIO九州 単著
2020年 新規乳酸ベースバイオポリマーの生合成における培養条件の検討 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 共著
2018年 透明性を有する新規乳酸ベースポリマーの生合成 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 共著
2017年 組換え大腸菌による新規モノマー組成からなる乳酸ベースポリマーの生合成 日本生物工学会大会講演要旨集 共著
2017年 組換え大腸菌による新規乳酸ベースポリマーの生合成 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 共著
2017年 新規の生分解性乳酸ベースポリマーの生合成 化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集 共著
2016年 バイオマスからのグリーンプラスチック生産を目指した遺伝子組換え微生物の作製 かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University 共著
2015年10月 乳酸ユニットを含む新規モノマー組成からなる生分解性共重合ポリエステルの生合成 日本生物工学会2015年度(平成27年度)大会(第67回)講演要旨集 共著
2015年3月 耐酸性乳酸菌Lactobacillus acetotolerans HTの乳酸脱水素酵素遺伝子のクローニングと生分解性共重合ポリエステルの生合成 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 共著
2015年3月 組換え大腸菌による糖からの生分解性共重合ポリエステルの生合成 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 共著

書籍等出版物

発行年月 書籍等出版物 誌名(出版物名)
2021年11月 栄養科学イラストレイテッド 食品学Ⅱ 改訂第2版 食べ物と健康 食品の分類と特性、加工を学ぶ 羊土社 共著
2018年12月 健康・栄養科学シリーズ 食べ物と健康 食品の安全 改訂第2版 南江堂 単著
2018年1月 健康・栄養科学シリーズ 食べ物と健康 食品の科学 改訂第2版 共著
2016年12月 健康・栄養科学シリーズ 食べ物と健康 食品の加工 増補 南江堂 共著
2016年2月 栄養科学イラストレイテッド 食品学Ⅱ 食べ物と健康 食品の分類と特性、加工を学ぶ 羊土社 共著
2015年3月 健康・栄養科学シリーズ 食べ物と健康 食品の加工 南江堂 共著
2015年3月 健康・栄養科学シリーズ 食べ物と健康 食品の科学 南江堂 共著
2013年4月 健康・栄養科学シリーズ 食べ物と健康 食品の安全 南江堂 単著
2001年 ポリヒドロキシアルカン酸発酵(共著) 発酵ハンドブック共立出版 --
1998年 食品保全研究シリーズ4 食品微生物制御技術の進歩(共著) 中央法規出版 --

所属学協会

所属学協会
日本食品科学工学会
日本乳酸菌学会
高分子学会
日本生物工学会
日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

研究期間 研究課題タイトル 提供機関 制度名
2017年6月 - 2019年3月 越境拡散浮遊粒子状物質に含まれるタンパク質の定量分析の試み 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
2015年4月 - 2017年3月 雨水中微量金属の形態変化における微生物の働き 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
2015年4月 - 2017年3月 二酸化炭素を原料にした共重合ポリエステル生合成のための微生物分子育種 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
2013年4月 - 2015年3月 黄砂粒子に付着している微生物の定量分析同定法の確立 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
2013年4月 - 2015年3月 二酸化炭素を原料とした共重合ポリエステルの生合成に関する研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
2011年 - 2012年 二酸化炭素を原料とした共重合ポリエステルの微生物合成 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
2007年 - 2008年 環境調和型バイオポリエステルの生合成遺伝子の分子解析とその生産システムの開発 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
2004年 - 2005年 環境調和型バイオポリエステルの顆粒形成における分子解析 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)
2003年 - 2005年 遺伝子発現プロファイリングを用いた土壌汚染評価系の確立に関する研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
2002年 - 2003年 環境調和型バイオポリエステルの生合成におけるポリエステル顆粒形成機構の解明 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)

産業財産権

産業財産権名 番号
Polyester synthase and a gene coding for the same(US patent (]G0061[)5,968,805) 特許
ポリエステル重合酵素及び該酵素をコードする遺伝子(共同発明)
ポリエステル重合酵素及び該酵素をコードする遺伝子(共同発明) 特開平10-276781 特許
Polyester synthase and a gene coding for the same(US patent (]G0061[)5,968,805) 特許