研究者情報データベース

Database of researcher information

研究者情報

教授 学科長 村尾 治彦 / MURAO Haruhiko

最終学歴 九州大学大学院人文科学府博士後期課程修了(2006年3月)
学位 修士(文学)九州大学 1993年3月   博士(文学)九州大学 2006年3月
所属 [文学部]英語英米文学科
授業科目 言語基礎論 , Basic English II , 英語学概論I・II , 言語学演習I・II , 言語学特殊研究I・II , 博士前期:言語学特殊講義I・II , 英語学特別演習V〜VIII , 英語学研究I , 特別研究
専門分野 認知言語学
主な研究テーマ 言語の一般的特性と個別言語の特殊性を支える認知的基盤
学会での
活動状況
日本認知言語学会、日本認知科学会、日本英語学会、日本言語学会、関西言語学会、国際認知言語学会

主な研究業績

経歴

期間 経歴
2007年 - 2011年 熊本県立大学文学部 准教授 Faculty of Letters
2011年 - 熊本県立大学文学部 教授
2002年 - 2007年 熊本県立大学文学部 助教授 Faculty of Letters
1997年 - 2001年 熊本県立大学文学部 講師 Faculty of Letters
1997年 - 2001年 Assistant Proffessor,Faculty of Letters,
1994年 - 1997年 九州大学文学部 助手 School of Letters
1994年 - 1997年 Research Assistant,Faculty of Letters,Kyushu
熊本県立大学
University

MISC

発行年月 MISC 誌名(出版物名)
2009年 認知構文論-動詞特化構文と構文スキーマ 月刊言語 --
2009年 名詞化接辞「-かけ」の特性とフレーム的知識 日本言語文化(韓国日本言語文化学会) --
2008年 言語知識を構成する「構文」の特性と分布について―構文理論と意味地図モデル― JCLA(日本認知言語学会) --
2008年 Resultatives with a Creation Verb in Japanese and English 九大英文学 --
2007年 結果構文における認知領域と拡張の方向性 認知言語学論考№6 2006 ひつじ書房 --
2005年 Cognitive Domains and the Prototype in the Resultative Construction ことばの標 九州大学出版会 --
2005年 日本語結果構文とその拡張 日本語學研究第13輯、韓国日本語学会 --
2004年 Cognitive Domains and Constructions: The Case of V-Te iru Construction in Japanese Journal of Hokkaido Linguistics,vol.3 --
2003年 Directionality of Extension in Transitive / Intransitive Constructions 言語学からの眺望2003 九州大学出版会 --
2002年 テイル構文と主体化 日本認知言語学会論文集 --

書籍等出版物

発行年月 書籍等出版物 誌名(出版物名)
2009年 Cognitive Domains and Prototypes in Constructions くろしお出版 --
2007年 英語多義ネットワーク辞典 小学館 --

所属学協会

所属学協会
韓国日本語学会
日本認知言語学会
日本言語学会
国際認知言語学会(The InternationaI Cognitive Linguistics Associaton)
日本英文学会九州支部
日本認知科学会
日本英語学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

研究期間 研究課題タイトル 提供機関 制度名
1999年 認知文法理論による構文分析
1999年 Verb semantics and Constructions
1999年 Unaccusativity in Cognitive Grammar
1994年 - 1998年 Image-schema and Event Structure
1994年 - 1997年 Cognition, Image-schema and the PIC
言語の一般的特性と個別言語の特殊性を支える認知的基盤