研究者情報データベース

Database of researcher information
  1. 熊本県立大学ホーム
  2. 研究
  3. 研究者検索
  4. レイヴィン リチャード

研究者情報

教授 レイヴィン リチャード / Richard S LAVIN

1962年1月2日生まれ

最終学歴 Sheffield大学大学院日本学科修士課程
学位 修士学位(Master of Arts with Distinction) Sheffield 国立大学 2000年5月
所属 [文学部]英語英米文学科
E-mail rlavin@pu-kumamoto.ac.jp
本人からの
メッセージ
It is my hope that students will use their time at university effectively, gaining the habit of reading and writing in English regularly, while also broadening their interests and deepening their knowledge of culture.
授業科目 Integrated Skills III , Basic English I , Extensive Reading & Listening II , 英語教育演習 , 英語教育特殊研究 , Academic Writing , 英語教育学研究 , 英語教育特別演習
専門分野 コンピュータ支援言語教育 , 応用言語学
主な研究テーマ ライティング指導 , タブレットを用いた言語学習 , self-access
学会での
活動状況
全国語学教育学会(査読者;CALL SIG会員)、TESOL、九州英語教育学会会員
地域連携分野
のジャンル
言語・語学 , 教育問題
地域連携分野
のテーマ
(キーワード)
外国語教育 , Eラーニング , 教育問題
地域連携について
のメッセージ
I'm interested in working with junior high and high school teachers to tackle a range of problems and issues in language education, and helping out with debate, speech, and recitation contests.

主な研究業績

論文

発行年月 論文 誌名(出版物名)
2019年6月 第二言語習得に対する社会文化的、インターアクション派アプローチ〜両立できるか〜 Education & New Developments 2019 単著
2019年6月 日本のEFLライティング指導におけるフィードバックの改良に向けて Education Applications & Developments IV 単著
2018年9月 スキャファルディングを描写するメタファー及び肖像 熊本県立大学大学院文学研究科論集 共著
2018年8月 Lexical Characterization of Semi-popularization Articles on Agricultural Topics PROCEEDINGS OF THE 4TH ASIA PACIFIC CORPUS LINGUISTICS CONFERENCE 共著
2018年6月 日本の英語ライティング指導のための多元素アプローチ Proceedings of Education & New Developments 2018 単著
2018年2月 英語心内辞書変容のための自律的語彙学習 ― 事前・事後の語彙項目間類似度のペアワイズ比較― 登田龍彦先生退職記念論文集 共著
2017年9月 Visualizing the Concept of the ZPD in Language Education The Journal of the Graduate School of Language & Literature, Prefectural University of Kumamoto 共著
2017年7月 新しい多読多聴の授業は効果あるか KASELE Bulletin 共著
2017年2月 習得した語彙知識のクラスター構造は保持されるか ―英語心内辞書の変容促進のための自学学習の効果検証― KASELE Bulletin 共著
2016年9月 Academic Reference Management The Language Teacher 共著