研究者情報データベース

Database of researcher information

研究者情報

教授 山田 俊 / YAMADA Takashi

1962年6月24日生まれ

最終学歴 東北大学大学院文学研究科博士課程退学(1991年3月)
学位 文学修士(東北大学)1988年3月    博士(文学)(東北大学)1996年10月
所属 共通教育センター , [文学部]日本語日本文学科
E-mail yamada@pu-kumamoto.ac.jp
本人からの
メッセージ
中国の六朝から唐・宋・金の頃の三教交渉史を思想・宗教を中心に研究しています。近年は、道家道教研究を「道家道教」の枠組みから解放することを心がけています。
授業科目 中国語入門B , 中国語基礎 , 中国語発展 , 中国文化論 , 中国文化論演習 , 人文学概論 , 言語文化特殊講義I , 言語特別演習 , 日中文化特殊研究
専門分野 中国哲学 , 中国思想史
主な研究テーマ 六朝・唐・宋・金三教思想交渉史研究
学会での
活動状況
東北中国学会、中国文史哲研究会、日本中国学会、日本道教学会、早稲田大学東洋哲学会、九州中国学会
社会での
活動状況
『道教與科学技術』編集委員
『道教學譯叢』編輯委員
道教学会理事
九州中国学会理事

主な研究業績

経歴

期間 経歴
2004年4月 - 熊本県立大学教授
1996年4月 - 2004年3月 熊本県立大学助教授
1994年4月 - 1996年3月 熊本県立大学講師
1991年4月 - 1994年3月 東北大学文学部 助手 The Faculty of Arts and Letters
1991年 - 1994年 Tohoku University, Research Assistant

学歴

期間 学歴
- 1991年 東北大学 文学研究科 中国学(中国哲学)
- 1991年 東北大学
- 1986年 東北大学 文学部 哲学科(中国哲学)
- 1986年 東北大学

委員歴

期間 委員
- 現在 九州中国学会 理事
日本道教学会 理事

受賞歴

受賞年月 受賞 授与機関
1997年 第四回日本道教学会賞

論文

発行年月 論文 誌名(出版物名)
2022年2月 『老子』注釈史に於ける『文子』―『四子古道集解』補論― 熊本県立大学共通教育センター紀要 単著
2022年2月 中国近世思想史に於ける司馬光、『法言』、『老子』―性・質・学・諸子を中心に― 熊本県立大学文学部紀要 単著
2021年9月 「但凝空心、不凝住心」―『洞玄靈寶定觀經』の修心論とその影響― 『熊本県立大学大学院文学 研究科論集』 単著
2020年11月 『孟子』“萬物皆備於我”句與道家道教 『諸子学刊』 単著
2020年9月 《凝陽董真人遇仙記》淺析──董守志、登真洞、全真道 【師大學報】 単著
2020年9月 『上清太上開天龍蹻經』の文献的研究 『熊本県立大学大学院文学研究科論集』 単著
2020年1月 趙秉文『道徳真経集解』再考 『集刊東洋学』 単著
2019年11月 李畋《道徳経疏》初探 《道教学刊》 単著
2019年9月 『元始天尊説生天得道經』と「佛道圖文碑」「霍習墓幢」―宋金元三朝道教 の歴史性と地域性問題― 『熊本県立大学大学院文学 研究科論集』 単著
2019年3月 金朝早期道教石刻與文獻資料解析 『台湾師範大学学報』 単著

MISC

発行年月 MISC 誌名(出版物名)
2009年 中古漢語に於ける複音節動詞後置成文「乙密」に就いて Language Issues 単著
2008年 六朝以来諸文献所引「洞神經」に就いて-②巻次未詳『洞神經」- 『熊本県立大学文学部紀要』 単著
2008年 晁迥の三教思想について-『道徳経』受容を中心に- 『九州中国学会報』 単著
2007年 『太上説玄天大聖眞武本傳神咒妙經』以及陳伀注思想淺析 『日本東方学』(中華書局) 単著
2007年 晁迥的三教和諧思想與『道徳經』―以『昭徳新編』爲主― 『和諧世界 以道相通』上卷(宗教文化出版社) 単著
2007年 董思靖『洞玄靈寶自然九天生神章解義』の思想 科研費『江南道教の研究』報告書 単著
2006年 董思靖『道徳眞經集解』の思想 『中国の思想世界』(イズミヤ出版) 単著
2005年 書評 中嶋隆藏著『雲笈七籤の基礎的研究』 集刊東洋学 単著
2005年 六朝から唐の道教文獻に見られる夷狄と外道 『三教交渉論叢』(道氣社) 単著
2004年 宋鸞『道徳篇章玄頌』初探 『蕭{艸+捷-手}父教授八十寿辰紀念文集』(湖北教育出版社) 単著

書籍等出版物

発行年月 書籍等出版物 出版者・発行元 担当区分
2022年2月 金朝道家道教の諸相 汲古書院 単著
2013年1月 『朱子語類』訳注 巻125老氏 汲古書院 単著
2012年6月 宋代道家思想史研究 汲古書院 単著
2001年 『西昇經』-「老子化胡説」と仏・道二教の交流 大修館書店 共著
1999年 元始天尊と霊宝経系経典 講座道教 道教の神々と経典 --
1999年 唐初道教思想史研究-『太玄眞一本際經』の成立と思想-』 平楽寺書店 --
1999年 『西昇經』-仏になった老子と神身修養- SINICA --

講演・口頭発表等

開催年月 講演・口頭発表等タイトル 会議名
2018年6月 寇才質《道徳眞經四子古道集解》初探 第六届新子学国際学術大会
2017年3月 李畋:《道德經疏》初探 第一届老子与道教文化国際論壇
2017年3月 所謂金朝道敎「眞元派」に就いて 第17回遼金西夏史研究会大会
2015年10月 金朝初中期道家道教思想史再考―以時雍《道德真經全解》為例― 回顧與展望:道教與宗教文化研究所建所35周年暨道教學術研究前沿問題國際論壇
2015年4月 夏元鼎『黃帝陰符經講義』について 古典解釋の東アジア的展開―宗教文獻を中心として第18回会議
2014年11月 夏元鼎『悟眞篇講義』的思想及其在道教思想上的意義 第三届國際道教論壇
2014年5月 唐淳『黄帝陰符經注』とその思想史上の意義 第一回東アジア宗教文化国際学術シンポジウム:東アジア宗教の伝統性と現代性
2013年11月 北宋に於ける『陰符經』の受容について 日本道教学会 第64回大会
2007年 晁迥的三教和諧思想與『道徳經』―以『昭徳新編』爲主― 国際道徳經論壇
2004年 道教研究的方法以及有関問題 第3回道教科学技術国際討論会(

所属学協会

所属学協会
東北中国学会
東方学会
日本道教学会
日本中国学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

研究期間 研究課題タイトル 提供機関 制度名
Studies in the history of Taoist religion in Tang and Song periods
金朝初中期道家道教思想の解明:科研費
中国近世『陰符經』諸注の研究 科研費
「洞神經」の基礎的研究 科研費