認定看護管理者教育課程サードレベルの開講

写真:講義の様子 熊本県立大学は、平成25年7月9日、認定看護管理者教育課程サードレベルの教育機関として認定されました。平成26年度から開講しています。



認定看護管理者教育課程サードレベルとは

写真:講義の様子

 認定看護管理者制度は、公益社団法人日本看護協会が看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上を目的に設置したものであり、その教育課程は、ファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルの3課程があります。
 本学ではそのうちサードレベルを開講します。
※ 認定看護管理者制度の詳細は、こちら(日本看護協会ホームページ)を参照


教育目的

  1. 社会が求めるヘルスサービスを提供するために看護の理念を掲げ、それを具現化するために必要な組織を構築し、運営していくことのできる能力を高める。
  2. 看護事業を起業し運営するにあたって必要となる経営管理能力に関する知識・技術・態度を習得する。


令和2年度(2020年度)

 令和2年度(2020年度)は開催しません。
 なお、令和3年度(2021年度)は開催する予定です。


問い合わせ先

熊本県立大学
地域連携政策センター 
認定看護管理者教育課程サードレベル担当

〒862-8502 熊本市東区月出3丁目1番100号
TEL 096-321-6612
FAX 096-387-2987
e-mailkendai-cpd@pu-kumamoto.ac.jp



担当

地域連携政策センター