アセスメントプラン

Assessment Plan
  1. 熊本県立大学ホーム
  2. 教育
  3. アセスメントプラン

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

学部

アセスメントの指標

入学前・入学直後
Admission検討のための指標
在学中
Curriculum検討のための指標
卒業時
Diploma検討のための指標
大学全体レベル

合格者の入学時の学力

  • 選抜ごとの平均点

学修態度・意欲など

  • 高校3年時の授業以外の学習時間/日(新入生アンケート)
  • アセスメントテスト(PROGテスト:1年生)

学力

  • GPAの平均値(学期ごと・年間の累計)
  • 修得単位数の平均値(〃)
  • 成業の見込みなしによる退学率

学修態度・意欲など

  • 授業の予習復習に要する時間/日
  • 学修意欲の喪失による退学率・休学率(在学生アンケート)
  • 予習復習以外の学修に要する時間/日(在学生アンケート)
  • アセスメントテスト(PROGテスト:3年生)

学力

  • 卒業論文の得点の平均値
  • 向上した能力(卒業生アンケート)
  • 効果的だった授業形式(〃)

学修態度・意欲など

  • 学修の姿勢(卒業アンケート)

キャリア形成

  • 就職率
  • 進学率
学部・学科・専攻レベル (上記の学部ごとの数値

(上記の学部ごとの数値ほか)
【文学部英語英米文学科】

  • TOEFL(ITP440点)の達成率

【環境共生学部】

  • 進級率(2年から3年)
  • 卒論着手率(3年から4年)
  • 卒業率(卒業生/入学生)

(上記の学部ごとの数値のほか)
【文学部英語英米文学科】

  • 卒論の英語での執筆率
授業科目レベル

成績評価

科目ごとの成績評価

授業評価アンケート

DPに示されている各分野の達成度(シラバスに示されている数値)

  • 学科・専攻ごとの標準的なDPの達成度(シラバスをもとに数値化し設定)
    →学生が卒業までに履修した授業による自らのDPの達成度を意識するとともに、各年度履修計画を立てる際の目安として活用
  • 上記の数値データをアセスメントの指標とし、必要に応じて項目の精査・見直しを行う。
  • データについては教務入試課、IR室など関係所属から各学部、共通教育センターに提供。
  • 各学部、共通教育センターにおいては、数値の年度推移等を踏まえ、必要に応じて対策を実施。その取り組み内容については内部質保証推進委員会に報告する。
  • 上記の数値については現在も資料提供しているが、今後は上記の指標として位置づけ積極的に活用する。

研究科

アセスメントの指標

入学前・入学直後
Admission検討のための指標
在学中
Curriculum検討のための指標
卒業時
Diploma検討のための指標
各研究科レベル 入学者の入試平均点

【文学研究科】

  • 論文中間報告会における達成度※1

【環境共生学研究科】
(博士前期課程)

  • GPA
  • 環境共生学演習Ⅲ及びⅣの成績

(博士後期課程)

  • 第一次中間発表会における達成度

【アドミニストレーション研究科】

  • 論文中間報告会における達成度

学力

  • 修了者数
  • 修了論文の得点の平均値
授業科目レベル

成績評価※2

DPに示されている各分野の達成度(シラバスに示されている数値)※3

  • 研究科・専攻ごとの標準的なDPの達成度(シラバスをもとに数値化し設定)
    →修了までに自らが履修した授業の単位取得によるDPの各分野の達成状況を確認するための指標
  • 上記の数値データを教務入試課等の関係機関から各研究科に提供することでアセスメントの指標とし、必要に応じて項目の精査・見直しを行う。
  • 各研究科において、数値の年度推移等を踏まえ、必要に応じて対策を実施。
  1. ※1 Diploma達成の割合を研究科で把握。修了論文諮問時までの学力の伸長を図るための参考データとしても活用。
  2. ※2 授業科目ごとに通常行われる成績評価
  3. ※3 各研究科においては、提供されている授業科目全体としてのDPの分野別の達成度等に偏りがある場合など、検討を行う必要が生じた場合に指標の一つとして主に活用する。