研究者情報データベース

Database of researcher information

研究者情報

准教授 田中 和也 / TANAKA Kazuya

最終学歴 大阪大学大学院 文学研究科 文化表現論専攻 英米文学分野 博士後期課程単位取得退学
学位 博士(文学) 2013年9月
所属 [文学部]英語英米文学科
E-mail kazuya-t@pu-kumamoto.ac.jp
本人からの
メッセージ
外国語で本を読むことは、そこに刻印されている価値観に触れることであり、それを通して読み手である私たち自身のことも振り返ることができます。そのように異なる価値観・文化に触れることにおいても、自分たち自身のことをみつめるためにも、読書は確実に力になってくれます。あっという間の学生生活だからこそ、書き言葉に触れることで、自分を磨いていってくれたらと願っています。
授業科目 英文学講読I , 英文学史II , 英文学演習I・同II , 英文学特殊研究I・同II , プレゼミナール , Global Entry Training
専門分野 英語文学
主な研究テーマ 英国モダニズム小説の語りと他者表象
学会での
活動状況
日本英文学会会員
日本コンラッド協会会員
テクスト研究学会会員
社会での
活動状況
テクスト研究学会 事務局

主な研究業績

経歴

期間 経歴
2020年4月 - 現在 熊本県立大学 文学部 准教授
2020年8月 - 2020年8月 佛教大学 文学部 英米学科 非常勤講師
2015年4月 - 2020年3月 佛教大学 文学部 英米学科 講師
2011年4月 - 2015年3月 近畿大学 経済学部 非常勤講師
2010年12月 - 2013年2月 大阪大学大学院 文学研究科 特任研究員
2009年10月 - 2010年3月 四條畷学園短期大学 保育学科 非常勤講師

学歴

期間 学歴
2008年4月 - 2013年9月 大阪大学 博士 文学研究科 文化表現論
2006年4月 - 2008年3月 大阪大学 博士前期 文学研究科 文化表現論
2002年4月 - 2006年3月 大阪市立大学 文学部 言語文化学科

委員歴

期間 委員
2016年4月 - 現在 テクスト研究学会 事務局委員

論文

発行年月 論文 誌名(出版物名)
2022年1月 “A Sort of Composite Soul, the Soul of Command”: Joseph Conrad, _The Shadow-Line_ における分身関係の表象 Osaka Literary Review 単著
2021年1月 "I am no longer a youngster": Representation of Time as a Narrative Device in Joseph Conrad's _The Shadow-Line_ Osaka Literary Review 単著
2019年3月 “Decline” は存在するのか:Joseph Conrad, Lord Jim と Victoryにおける多声性の比較 英文学論集 単著
2019年3月 「希望や愛や信頼を若い頃に学ばなかった者は悲しい」 ―Joseph Conrad, VictoryにおけるHeystを喜劇化するための戦略― テクスト研究 単著
2019年1月 "That Ideal Conception of One's Own Personality" : Interpreting the Encounter with One's "Other" in "The Secret Sharer" Osaka Literary Review 単著
2017年9月 「他者」との邂逅:Joseph Conrad, "The Secret Sharer" における主人公の語りと成長 日本英文学会第89回大会Proceedings(関西支部第11回大会) 単著
2016年3月 Is Razumov Liberated?: Strategy to Control the Effect of Razumov's Confession in Joseph Conrad's _Under Western Eyes_ テクスト研究 単著
2015年3月 Winnie’s Effect: “Optimism” and Her “Character” in _The Secret Agent_ テクスト研究 単著
2013年9月 From Skepticism to Self-Parodies: The Transition in Joseph Conrad's Works 単著
2013年2月 収集される収集家たち:ジョウゼフ・コンラッド「密告者」における語りの構造、中国陶器の不明瞭な表象、ブルジョワ階級の「因習」 日本学術振興会「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」:アジアをめぐる比較芸術・デザイン学研究―日英間に広がる21世紀の地平―研究報告論文集 単著

MISC

発行年月 MISC 誌名(出版物名)
2022年3月 「画面」から「紙面」へ 文彩 --
2020年3月 アウトプット・精読・解釈:通信教育課程でいかにして文学研究を教えるのか 英文学論集 単著
2014年3月 新刊紹介:吉岡栄一著『村上春樹とイギリス―ハルキ、オーウェル、コンラッド』 コンラッド研究 単著
2012年5月 J. H. ステイプ編『コンラッド文学案内』(翻訳:日本コンラッド協会、監修:社本雅信)の索引項目の執筆協力 コンラッド文学案内 単著

書籍等出版物

発行年月 書籍等出版物 出版者・発行元 担当区分
2017年2月 From Skepticism to Self-Parodies: The Transition in Joseph Conrad's Works 英宝社 単著

講演・口頭発表等

開催年月 講演・口頭発表等タイトル 会議名
2020年8月 The Planet, the Crew, and the War: The Representation of the Ship and the Malady in _The Shadow-Line_ The 47th Annual International Conference of the Joseph Conrad Society (UK)
2018年8月 [希望や愛や信頼を若い頃に学ばなかった者に哀れみを]―Joseph Conrad, VictoryにおけるHeystを『笑う』ための戦略― テクスト研究学会第18回大会
2016年12月 「他者」との邂逅:Joseph Conrad, "The Secret Sharer" における主人公の語りと成長 日本英文学会関西支部第11回大会
2015年8月 ラズモフは解放されたのか ―ジョウゼフ・コンラッド『西欧人の眼に』(1911年)における語りの「軽さ」とラズモフの告白を統御する戦略― テクスト研究学会 第15回大会
2015年6月 イギリス小説の「語り」の変遷― 18 世紀からモダニズムまで 佛教大学英文学会 第15回大会
2014年8月 Winnieの波紋:Joseph Conradの _The Secret Agent_ における “Optimism” と円環性 テクスト研究学会第14回大会
2013年2月 収集される収集家たち:ジョウゼフ・コンラッド「密告者」における語りの構造、中国陶器の不明瞭な表象、ブルジョワ階級の「因習」」。((独)日本学術振興会「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム) (独)日本学術振興会「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」:アジアをめぐる比較芸術・デザイン学研究―日英間にひろがる21世紀の地平 研究報告会
2010年12月 老人と海:Joseph Conradの _The Rover_ における海への回帰、反リアリズム性、セルフパロディ 日本英文学会関西支部第5回大会
2010年8月 冒険小説の転覆――Joseph Conradの _An Outcast of the Islands_ における海・歴史・遅延 テクスト研究学会第10回大会
2009年12月 才能は衰退したのか:Joseph Conradの _Chance_ における語りとマスキュリニティ維持の戦略 日本英文学会関西支部第4回大会

所属学協会

所属学協会
日本英文学会 九州支部
日本英文学会 関西支部
日本英文学会
日本コンラッド協会
テクスト研究学会
日本ヴァージニア・ウルフ協会
The Joseph Conrad Society (U.K.)