沿革

History

熊本県立大学の沿革

熊本県立女子専門学校(熊本城内)
第1回熊本県立女子専門学校の入学式

沿革

昭和22年 4月 熊本県立女子専門学校創立(熊本城内)
昭和24年 4月 熊本女子大学開学
学芸学部 / 文学科、生活学科
昭和25年 6月 熊本市大江渡鹿に校舎移転(現:県立劇場敷地)
昭和28年 4月 学部学科名称変更
文家政学部/文学科(国文学専攻、英文学専攻)、家政学科
昭和35年 4月 学科分割改組
文学科→英文学科、国文学科
昭和38年 4月 学科分割改組
家政学科→家政学科、食物学科
昭和55年 4月 熊本市健軍町水洗(現:月出)に移転(現在地)
学部学科改組
文学部 /英文学科、国文学科
生活科学部/食物栄養学科、生活環境学科、生活経営学科
平成 3年 4月 外国語教育センター設置
平成 5年 4月 大学院設置
文学研究科 / 日本語日本文学専攻(修士課程)
英語英米文学専攻 (修士課程)
平成 6年 4月 大学名称を熊本県立大学に変更
全学的に男女共学に移行
学部増設
総合管理学部 /総合管理学科
文学部学科名称変更
国文学科 →日本語日本文学科
英文学科 →英語英米文学科
平成 9年 創立50周年
平成10年 3月 学科廃止
生活経営学科 (総合管理学部設置に伴い平成6年度入試から学生募集停止)
平成10年 4月 大学院研究科増設
アドミニストレーション研究科 / アドミニストレーション専攻(修士課程)
平成11年 4月 生活科学部を環境共生学部に改組
環境共生学部 / 環境共生学科/ 生態・環境資源学専攻
居住環境学専攻
食・健康環境学専攻
平成12年 4月 大学院博士課程設置
アドミニストレーション研究科 /アドミニストレーション専攻(博士課程)
平成15年 4月 大学院研究科増設
環境共生学研究科 /環境共生学専攻(修士課程)
平成17年 4月 大学院博士課程増設
環境共生学研究科/環境共生学専攻(博士課程)
平成18年 4月 公立大学法人熊本県立大学設立(法人化)
附属図書館及び外国語教育センター等を改組し、学術情報メディアセンター設置
学術情報メディアセンター /図書館 語学教育部門 情報教育部門
地域連携センター設置
包括協定制度整備
平成19年 創立60周年
平成20年 4月 大学院博士課程増設
文学研究科 /日本語日本文学専攻(博士課程)
環境共生学部学科改組
環境共生学科 →環境資源学科、居住環境学科、食健康科学科
平成21年 4月 学生支援組織改組
就職センター→ キャリアセンター、 保健室→保健センター
平成21年 9月 熊本県立大学未来基金創設
平成22年 4月 大学院博士課程増設
文学研究科 /英語英米文学専攻(博士課程)
平成23年10月 CPD(継続的専門職能開発)センター開設
平成25年 4月 地域連携センターを 地域連携・研究推進センター に改組
平成26年 4月 全学教育推進センター設置
平成28年 4月 地域活力創生センター設置
平成31年 4月 環境共生学部 学科改組  環境共生学科/ 環境資源学専攻 居住環境学専攻 食・健康環境学専攻
環境共生学部に食育推進室を設置
学術情報メディアセンターに研究支援部門と情報基盤管理室を設置
地域連携・研究推進センターを 地域連携政策センター に改組
監査室設置
令和2年 4月 国際教育交流センター を設置し、語学教育部門を学術情報メディアセンターから移管
全学教育推進センターから教学IR室を移管し、IR室を設置
令和3年 4月 全学教育推進センターを共通教育センターに改組
担当
事務局 企画調整室